長塚京三の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代

名優として知られる長塚京三さんの出身大学などの学歴情報をお送りいたします。学生時代は映画を見まくって劇団を作ったり、フランスの名門大学に留学したりもしています。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

長塚京三(ながつか きょうぞう)

 

 

194576日生

身長181

血液型はO

 

東京都世田谷区出身の俳優

本名同じ

息子は俳優の長塚圭史、義娘は女優の常盤貴子

 

以下では長塚京三さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:早稲田大学 第一文学部(中退) 偏差値65(難関)

※現在は文学部

 

 

長塚京三さんは高校卒業後は、名門私大の早稲田大学に進学しています。

 

文学部では演劇学科に在籍して、演劇について学んでいます。

 

また大学時代は授業そっちのけで映画を見ており、年間400本も見た年もあったそうです。

 

当時から演劇が大好きだったことから、大学では演劇サークル「木霊(こだま)」に在籍しています。

 

当時のこのサークルにはアナウンサーの久米宏さんや政治家の田中真紀子さんも在籍しています。

 

またこのサークルの後輩には俳優の村野武範さんもいました。

 

ただし大学時代の長塚さんは俳優志望ではなく、演出などの裏方志望で舞台などには立っていません。

 

そして長塚さんは大学時代に自らの劇団「砂」も立ち上げています。

 

当初は順調な演劇活動でしたが、劇団仲間が次々と就職活動をはじめたため公演などができなくなってしまいます。

 

長塚さんはそのことに絶望を感じて、大学4年生の時に中退しています。

 

ただしその後はフランス文学の先生を目指して、フランスのソルボンヌ大学に留学しています。

 

この大学は12世紀前半に開校した世界最古の大学のひとつで、フランスの名門大学として知られています。

 

ソルボンヌ大学に留学したのは当時の日本の大学では学生運動が盛んだったことから授業がおこなわれないこともあり、日本の大学では満足に勉強できないと考えたからです。

 

そして長塚さんは留学中に知り合いから「映画に出ないか?」と誘われてオーディションを受けていますが、そのオーディションは「パリの中国人」という映画の主役のオーディションでした。

 

当時のフランスには現在と比べて東洋人が少なかったことからの抜擢でしたが、長塚さんは28歳だった1973年にいきなり演技未経験でフランス映画で主演デビューしています(映画の公開は1974年)。

 

 

その後はフランス映画に数本出演していますが、東洋人役は少なかったことからフランスで本格的な俳優活動はせずに日本に帰国しています。

 

帰国後にテレビドラマの仕事を持ちかけられていますが、当初はフランス文学の道を歩むか役者になるかで迷っています。

 

しかし勉強はいくつになってもできるけど、役者をやらないかと声をかけられるのは最後だと思って役者の道を選んだとインタビューで述べています。

 

そのため日本国内では1974年のテレビドラマ「樹氷」で俳優デビューしていますが、当時の長塚さんは29歳になっていました。

 

(若い頃)

 

その後は数々の映画やテレビドラマに出演して「名脇役」としての地位を築いています。

 

(ナースのお仕事)

 

また長らく「理想の上司ランキング」で上位にランキングしていました。

 

スポンサードリンク

 

学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:不明

 

長塚京三さんの出身高校は都内の高校と思われますが校名などは不明です。

 

長塚さんは高校時代についてほとんど話さないことが理由ですが、これだけキャリアのある有名人で出身高校が不明なのは非常に稀です。

 

なお当時からかなりの映画好きだったことから、自分の家から弁当を持って映画館をハシゴしていたそうです。

 

学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:東京都 世田谷区立奥沢中学校 偏差値なし

 

 

長塚京三さんの出身中学校は、地元世田谷区内の公立校の奥沢中学校です。

 

後述するように長塚さんは子供の頃から映画好きでしたが、中学時代には舞台にも興味を持ちはじめています。

 

ただし高校時代と同様に、中学時代の情報やエピソードはほとんど見当たりません。

 

学歴~出身小学校の詳細

 


 

出身小学校:東京都 世田谷区立八幡小学校

 

 

長塚京三さんの出身小学校は、地元世田谷区内の公立校の八幡小学校です。

 

家族構成は両親と本人の3人家族です(ひとりっ子)。

 

ちなみに東京都世田谷区出身の長塚さんですが、フランスへの留学期間を除きずっと世田谷区に住んでいます。

 

子供の頃の世田谷区は田園地帯だったと話しています。

 

また長塚さんは子供の頃から物静かな少年でした。

 

映画好きだった父親の影響で3歳くらいの時に初めて映画を見ています。

 

ちなみにその時の映画は西部劇の「サンタフェへの道」でした。

 

小学校時代は野球もやっていますが、集団行動が苦手だったことからすぐにやめています。

 

当時は映画のほか、読書も好きでした。

 

以上が長塚京三さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

これまで数えきれないほどの映画やテレビドラマに出演しており、貴重な演技派のバイプレーヤーとしても知られています。

 

 

既に年齢は70歳を超えていますが、現在でも精力的に活動をしています。

 

根強い人気を誇る人物だけに、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ