岡崎体育の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|テニスも勉強もできた

 

ミュージシャンの岡崎体育さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は岡崎さんは進学校に通いながらテニスで京都府大会のベスト4になっており、勉強もできました。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

岡崎体育(おかざき たいいく)

 

 

198973日生

身長175㎝ 体重83kg

血液型はA型

 

京都府出身のシンガーソングライター

本名は岡亮聡(おか あきとし)

 

以下では岡崎体育さんの学歴や経歴、出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

経歴/プロフィールの詳細

 

2012年にアルバム「グレイテストヒッツ」でインディーズデビュー。 

インディーズでは7枚のアルバムをリリース。 

2015年に主演映画「あつまれ!わくわくパーク」で俳優デビュー。 

2016年に1STアルバム「BASIN TECHNO」でメジャーデビュー。 

同年4月から自身初のラジオ番組「OKAZAKI RADIO CHANNEL」がスタート。 

2016年に初の地上波冠特番「夢眠る体育祭」のMCを夢眠ねむとともに担当。

20176月に2NDアルバム「XXL」をリリースし、オリコン2位を記録。 

他にも「舟を編む」や「ポケットモンスター」などのアニメの音楽を手掛ける。

 

岡崎体育の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:同志社大学 文化情報学部 偏差値55(中の上)

 

 

 

岡崎体育さんは高校卒業後は、同志社大学に進学しています。

 

在籍したのは文化情報学部で、主に芸術や言語、社会経済などの文化をデータサイエンスという手法で探求していく比較的新しい学部です。

 

 

岡崎さんはインタビューで大学では統計学を学んでいたことを述べています。

 

「大学では統計学を学んでいて、世論調査などに使うアンケートを分析して統計学に落とし込んでデータを算出することがテーマの学部でした。僕はその中でも言葉や音楽に関する感性を分析していて、例えばJ-POPの中で、どんな一人称(僕、私、俺など)が一番使われ、上位にくる曲にはどんな言葉が使われているかなどを調べていました」

 

大学に入学すると本格的にバンド活動をはじめ、「愛新覚羅ヌルハチ」などのバンドで活躍しましたが、プロデビューには結びつきませんでした。

 

また岡崎さんは大学2年生だった2009年から、ニコニコ動画でボカロPの「シトキアP」としても活動を開始しています。

 

YOUTUBEに当時の作品がありました。

 

 

加えて大学時代にはゲーム音楽を制作するサウンドエンジニアを目指した時期もありました。

 

そして岡崎さんは大学卒業後はIT企業に就職し、音楽からはいったん離れています。

 

しかし音楽への夢を諦めきれずにわずか半年で会社を退職しています。

 

その際には母親に猛反対されたため、「4年やってメジャーデビューできなかったら会社に戻る」という条件で音楽活動を再開させています。

 

当時はスーパーマーケットで働きながら地道に音楽活動をおこなっていました。

 

なおこの頃から「岡崎体育」の芸名で活動を開始しています。

 

なぜ体育なのかと言えば岡崎さんは「電気グルーヴ」の石野卓球さんの大ファンで、石野さんをいつか超えたいという想いが込められています。

 

つまり「卓球」を超えるには、あらゆるスポーツを包括している「体育」ということです。

 

25歳だった2014年にライブパフォーマンスが注目されて、ソニーミュージックにスカウトされて育成契約を結んでいます。

 

すると2016年にファーストアルバム「BASIN TECHNO」で念願のメジャーデビューを果たしています。

 

 

 

メジャーデビューは会社を辞めてからちょうど4年目で、母親との約束も果たしたことになります。

 

以降もコンスタントにアルバムがヒットして、人気アーティストとなっています。

 

また「ポケモン」などのアニメのサウンドを手掛けて人気を博しています。

 

 

その他にも俳優としての顔も持ち、マルチな活動を展開しています。

 

スポンサードリンク

 

岡崎体育の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:京都府 南陽高校 偏差値61(やや難関)

 

 

 

岡崎体育さんの出身校は、府立の共学校の南陽高校です。

 

同校は1985年開校の府立高校で高い進学実績を誇るほか部活動も盛んで、男子ソフトボール部となぎなた部はインターハイの常連です。

 

岡崎さんは高校時代は硬式テニスに所属して、部活動に励んでいます。

 

当時のこの高校の硬式テニス部は強豪で、京都府公立高校大会でベスト4に進出するほどの腕前でした。

 

テニス部では副キャプテンも務めていました。

 

また練習がハードだったことから、当時は体重が30㎏も少なかったとインタビューで話しています。

 

 

(高校時代)

 

また高校生の頃にフェンダージャパンのエレキギターを購入していますが、コードが覚えられずにギターはいったんは挫折しています。

 

ただしバンドを結成してドラムを担当していました。

 

なお当時の同校はかなり校則が厳しかったこともあり、割と地味な生徒が多かったそうです。

 

そんな中活発だった岡崎さんは目立つ存在だったとのこと。

 

加えて高校時代は学校の成績が良く、普通科の生徒180人中2位くらいの成績だったことを明らかにしています。

 

また校内模試ですが、なんと偏差値109を記録したことがあるほどです。

 

そのため受験勉強はおこなっておらず、部活動を引退後は音楽活動に明け暮れたそうです。

 

【主な卒業生】

大倉土門(俳優)

 

スポンサードリンク

 

岡崎体育の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:京都府 宇治市立宇治中学校 偏差値なし

 

 

 

岡崎体育さんの出身中学校は、地元宇治市内の公立校の宇治中学校です。

 

中学時代は軟式テニス部に入部していました。

 

中学1年生の時に聴いたエミネムに衝撃を受けており、以降は小遣いの大半をCDの購入にあてています。

 

また岡崎さんは中学時代に作曲をはじめていたことを、インタビューで明らかにしています。

 

作曲はニンテンドーDSの「大演奏!バンドブラザーズ」のおまけの機能として作曲コンテンツがあり、当時はそれを使って曲を作っていました。

 

ただし中学時代はバンドを組もうという発想がなかったことから、バンド活動はしていません。

 

岡崎体育の学歴~出身小学校の詳細

 



 

出身小学校:京都府 宇治市立莵道第二小学校

 

 

 

岡崎体育さんの出身小学校は、宇治市立莵道(とどう)第二小学校です。

 

家族構成は両親と本人の3人家族です(ひとりっ子)。

 

ただし幼少期に両親が離婚しており、母親に引き取られて母子家庭に育っています。

 

 

岡崎さんは出身は兵庫県の西宮市ですが、3歳のころに京都府宇治市に移り住んでいます。

 

母親がクイーンを聞いていたこともあって、子供の頃から洋楽に親しんでいます。

 

また小学校1年生の時にピアノを習いはじめますが、先生が就職活動をすることになって3か月で辞めています。

 

実家ではお小遣い制でなく、母親に欲しいものをプレゼンテーションして説得できれば買ってもらえるというユニークな制度でした。

 

なお岡崎さんは子供の頃から運動神経が非常によく、スポーツが得意でした。

 

小学校時代は少年野球チームに所属して、野球に熱中しています。

 

 

以上が岡崎体育さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

デビューアルバムがいきなりオリコンチャートのTOP10に入り、PVも高い評価を受けているなど、何かと注目を集めています。

 

またアニメの音楽も担当したり俳優としても活動するなど、マルチに活躍しています。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

岡崎体育(@okazaki_taiiku)がシェアした投稿

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ