近江友里恵アナの学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代のエピソード

 

近江友里恵アナウンサーの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。NHK時代は「ブラタモリ」や「あさイチ」で親しまれた近江さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、当時のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

近江友里恵(おうみ ゆりえ)

 

%e8%bf%91%e6%b1%9f%e5%8f%8b%e9%87%8c%e6%81%b5

 

1988年7月27日生

身長156㎝

血液型は非公表

 

東京都出身(高知県生まれ)の元アナウンサー

元NHK所属

 

本名同じ、愛称は「おーみちゃん」

 

以下では近江友里恵アナウンサーの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします

 




 

近江友里恵の経歴

 

1988年(0歳):高知県で生まれる(東京都育ち)

1995年(7歳):昭和女子大学付属昭和女子小学校入学

1999年(11歳):読売新聞の「ジュニア記者」として活動をはじめる

2001年(13歳):昭和女子大学付属昭和女子小学校卒業

2001年(13歳):昭和女子大学付属昭和女子中学校入学

2004年(16歳):昭和女子大学付属昭和女子中学校卒業

2004年(16歳):昭和女子大学付属昭和高校入学

2005年(17歳):NHK杯全国放送コンクールに出場し入賞

2007年(19歳):昭和女子大学付属昭和高校卒業

2008年(20歳):1年間の浪人生活を経て早稲田大学・政治経済学部政治学科に入学

        アナウンサースクール「テレビ朝日アスク」に通学

2012年(24歳):早稲田大学・政治経済学部政治学科を卒業

2012年(24歳):NHKにアナウンサーとして入社し熊本放送局に配属

2012年(24歳):「土曜スタジオパーク」にてお披露目でテレビデビュー

2014年(26歳):福岡放送局に異動し「ロクいち福岡」のキャスターを務める

2016年(28歳):東京アナウンス室に異動し「ブラタモリ」を担当

2018年(30歳):「あさイチ」のメイン司会に就任

2021年(33歳):NHKを退職し、三井不動産に就職

 

学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:早稲田大学 政治経済学部政治学科 偏差値70(超難関)

 

 

近江友里恵さんは高校卒業後は、早稲田大学に進学しています。

 

ただし現役での合格ではなく、1年間の浪人生活を経ての進学です。

 

とは言え在籍したのはこの大学の看板学部の政治経済学部なので、かなり高い学力を有していました。

 

また後述のように近江さんは他大学の系列の高校に通学していますが、内部進学せずに早稲田大学を一般受験して合格しています。

 

大学時代は政治学を専攻するとともに、放送研究会にも在籍していました。

 

また大学1年生の時には応援部に在籍してチアリーダーを務めていましたが、学業との両立が困難になって1年限りでやめています。

 

加えて難関ゼミとして知られる縣公一郎教授の「公共政策研究ゼミナール」に在籍して、トップの成績を修めるほど優秀でした。

 

近江さんは当時はたびたび早慶戦を観戦しています。

 

 

大学時代はテレ朝系のアナウンサーの養成学校「テレビ朝日アスク」に通学して、アナウンサーを目指しています。

 

テレビ朝日アスクでは以下の人物たちと同期でした。

 

久冨慶子(テレビ朝日)

宇佐美佑果(テレビ朝日)

宮澤智(フジテレビ)

久代萌美(フジテレビ)

林みなほ(TBS)

 

またテレ朝系のケーブルテレビ番組「ニュース解説 眼」にアシスタントとして出演しています。 

 

他にも大学時代は美術館に通ったり、ゴルフをしたりと様々なものに興味を示して取り組んでいたようです。

 

就職活動の際にはアナウンサーに限定せずに、幅広い業種を受けています。

 

またアナウンサー試験に関してはNHKのみを受験しており、その理由については次のようにインタビューで話しています。

 

「取材をして制作をして編集をして、そして最後に自分の言葉で伝えることができる。その姿は、これまで私が充実感を覚え、楽しいと思えたジュニア記者時代の体験と放送部時代の体験に通じるものを感じた」

 

ちなみにNHKの試験が不合格だった場合には、アナウンサーの道は諦めて、他業種に進むつもりでした。

 

なお卒業論文のテーマは「スポーツとまちづくり」でした。

 

大学を卒業した2012年に、アナウンサーとしてNHKに入局しています。

 

当初は熊本放送局に配属されますが、わずか4年間で出世コースの東京アナウンス室に異動となっています。

 

(新人時代)

 

その後も「ブラタモリ」の担当で一気に全国区となり、有働由美子アナの後任として看板番組の「あさイチ」にも起用されました

 

 

そのためNHKのエースアナウンサーのひとりとなっており、高い人気を博していました。

 

ところが2021年にNHKを退職しています。

 

その際にはフリーアナウンサーに転向せずに、三井不動産に就職してファンを驚かせました。

 

 

近江さんは以前からたびたび「アナウンサー以外のことに挑戦したい」と述べており、転職理由もこのあたりにありそうです。

 

今後はテレビでその姿を見ることができなくなりますが、新天地での活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク

 

学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:東京都 昭和女子大付属昭和高校 偏差値55(中の上・推定)

 

 

近江友里恵さんの出身高校は、私立の女子校の昭和女子大付属昭和高校です。

 

この高校は1922年開校の昭和女子大学系列の私立高校で、校則が非常に厳しいことで知られています。

 

また現在の同校は高校からの募集のない完全中高一貫校で、偏差値も推定になります。

 

高校3年次には系列の昭和女子大学の授業を受けることができるカリキュラムをとっています。

 

近江さんは高校時代は放送部に在籍していました。

 

そして高校2年生の時には、NHK杯全国放送コンクールに出場して、入選しています。

 

ちなみにタレントで女優の壇蜜さんはこの高校の先輩(8つ上なので在学期間は重ならない)であることを「あさイチ」で共演した時に明らかにしています。

 

 

なお近江さんは高校時代から「声」で表現することに興味があり、アナウンサーを含むマスメディアの仕事に興味があったとインタビューで話しています。

 

【主な卒業生】

原史奈(女優・転出)

柴田あゆみ(メロン記念日)

 

スポンサードリンク

 

学歴~出身中学校

 

出身中学校:東京都 昭和女子大学付属昭和女子中学校 偏差値50(普通) 

 

 

近江友里恵さんの出身中学校は、私立の女子校の昭和女子大学付属昭和女子中学校です。

 

この中学校は高校に併設している系列中学校で、完全中高一貫校なので近江さんも高校へは内部進学で進んでいます。

 

近江さんは中学時代も放送部に在籍していました。

 

 

意外にも「もともと人前で話すのが苦手、というか嫌い」とインタビューで語っており、中学時代に放送部で司会などを務めるうちに、アナウンサーという仕事を意識したそうです。

 

また中学2年生の時に友人に誘われて「ためしてガッテン」の「むくみ」の回で、モニターを務めています。

 

スポンサードリンク

 

学歴~出身小学校

 

出身小学校:東京都 昭和女子大学付属昭和女子小学校 

 

 

 

近江友里恵さんの出身小学校は、私立の女子校の昭和女子大学付属昭和女子小学校です。

 

この学校も昭和女子大学の系列校なので、近江さんは大学受験までは受験を経験しないでエスカレーター式に進学しています。

 

家族構成は両親と弟の4人家族です。

 

(子供の頃)

 

高知県で生まれていますが、幼少期に父親の仕事の都合で東京都に転居しています。

 

また子供の頃から外で遊ぶのが大好きで、小学生時代は日焼けで真っ黒だったとのこと。

 

小学校5年生から読売新聞の「ジュニア記者」として活動しており、テニスプレーヤーの伊達公子さんへのインタビューやシベリア抑留に関する記事を執筆したこともあります。

 

なおジュニア記者は高校2年生の頃まで続けています。

 

以上が近江友里恵さんの学歴や学生時代のエピソードのまとめです。

 

東京アナウンス室に異動になってからは、「ブラタモリ」や「あさイチ」などNHKの看板番組を担当し人気も上昇して、NHKのエースアナウンサーのひとりとなっています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が膨らみます。 

 

スポンサードリンク



ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ