野呂佳代の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値と学生時代

AKB48でも活躍したタレントの野呂佳代さんの出身校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。大うそをついてAKB48に加入した経緯など当時のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

野呂佳代(のろ かよ)

 

 

19831028日生

身長163

血液型はA

 

東京都板橋区出身のタレント、女優

AKB48SDN48の元メンバー

旧芸名は朝倉佳代

 

以下では野呂佳代さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

野呂佳代の学歴~出身高校の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:都内の女子高(校名不明)

 

野呂佳代さんの出身高校は都内の女子校ですが、校名などは不明です。

 

なお東京都には公立の女子校はないことから、通学していたのは私立高校です。

 

野呂さんはバラエティ番組やインタビューなどでたびたび高校時代のエピソードを披露しており、高校に通学していたことは間違いありません。

 

高校時代には「軽めの出会い系」を利用したことがあり、高校のクラスメイトとともに他校の男子生徒と後楽園で遊んだことがあります。

 

また高校2年生の時には芸能事務所に所属しています。

 

ただし高校時代は目立った芸能活動をしていません。

 

そして野呂佳代さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、芸能活動に専念しています。

 

21歳だった2004年には朝倉佳代の芸名でテレビドラマ「ことぶきウォーズ」で女優デビューを飾っています。

 

そして2006年にAKB48の第2期メンバーオーディションを受けています。

 

野呂さんはオーディションを受けたのは、女優として活動するためのステップだったと話しています。

 

とは言え、オーディションではかなりの嘘をついていたことをバラエティ番組に出演した際に明らかにしています。

 

 

応募当時は22歳でしたが年齢を2歳サバ読んで20歳にして、靴のサイズも本当は25.5でしたが25と履歴書に記載しています。

 

さらに履歴書に添付した応募写真はスレンダーに見えるように、縦に引き伸ばして加工しています。

 

そのため最終審査の際には「誰がこいつを呼んだんだ?」という空気になったそうですが、秋元康さんの「面白いじゃん」のひと言でまさかの合格となっています。

 

後に野呂さんがオーディションに合格した理由を秋元さんに尋ねたところ、「こういう子が痩せたら面白いと思った」と答えたそうです。

 

ちなみにこのオーディションでは大島優子さんや宮澤佐江さん、小野恵令奈さんや秋元才加さん、河西智美さんらも合格しています。

 

またこの年の10月にAKB48はファーストシングル「会いたかった」でメジャーデビューしていますが、野呂さんはいきなり選抜メンバーに選ばれています。

 

 

ちなみに他には前田敦子さんや板野友美さん、高橋みなみさんや篠田麻里子さん、小嶋陽菜さんなどAKB48の黄金時代を支えた人気メンバーも選抜に起用されています。

 

また当時の野呂さんは選抜メンバーの中で最年長で、AKB48時代は最初で最後の選抜メンバーでした。

 

以降はSDN48に移籍してキャプテンも務めましたが、2011年に卒業しています。

 

 

グループ卒業後はタレントに転向し、数々のバラエティ番組に出演しています。

 

スポンサードリンク

 

野呂佳代の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:東京都 板橋区立志村第三中学校 偏差値なし

 

 

野呂佳代さんの出身中学校は、地元板橋区内の公立校の志村第三中学校です。

 

中学時代は1学年上に俳優の瑛太さんが在籍しています。

 

当時の野呂さんはアイドルに憧れており、「モーニング娘。」のオーディションを受けたこともありました。

 

野呂佳代の学歴~出身小学校の詳細

 


 

出身小学校:東京都 板橋区立蓮根第二小学校(有力)

 

 

野呂佳代さんの出身小学校は、地元板橋区内の公立校の蓮根第二中学校が有力です。

 

家族構成は両親と弟の4人家族です。

 

 

父親は美容師で実家は美容院を経営しており、野呂さんもデビュー前はお店を手伝っています。

 

小学校時代の野呂さんは同級生の男子から「お前ウマシカだよ!」と言われていますが、何日考えても意味がわからなかったことからその男子に聞いたところ「バカって意味だよ」と言われてとても悔しかったそうです。

 

また小学校時代は太り気味でした。

 

 

以上が野呂佳代さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

AKB48に在籍した当時は不遇で、公演後は毎回泣いていたと激白しています。

 

しかしアイドル卒業後はタレントとして活動しており、様々なメディアに出演しています。

 

 

AKBの人気メンバーが卒業後に思うように芸能活動ができないケースが多い中、野呂さんは数少ない「勝ち組」とされています。

 

現在もマルチに活動している人物だけに、今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク





 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ