戸邉直人の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代

 

戸邉直人(とべ なおと)

 

 

1992年3月31日生

身長194㎝、体重74㎏

 

千葉県野田市出身の陸上選手

 

以下では戸邉直人さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

戸邉直人の学歴~出身大学・大学院の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身大学:筑波大学 体育専門学群 偏差値58(中の上)

 

 

戸邉直人さんは高校卒業後は、国立の筑波大学に進学しています。

 

ただし一般受験での入学ではなく、走り高跳びのスポーツ推薦での進学です。

 

また在籍した体育専門学群は早稲田大学のスポーツ科学部と並んで、体育系の学部では国内最高峰のレベルを誇ります。

 

この大学の陸上部は1902年創設の名門で、数多くのオリンピック選手を輩出していることで知られています。

 

戸邉さんは大学進学時に複数の大学から勧誘を受けていますが、この大学の陸上部が選手の自主性を尊重することが決め手だったそうです。

 

戸邉さんも陸上部に入部していますが、大学時代は競技だけではなく高く跳ぶための研究にも没頭したことをインタビューで述べています。

 

「競技をするときと研究するときとでは頭のスイッチが切り替わる。ぜんぜん別の角度から走り高跳びを見ているので、違うおもしろさがあるんです。競技の息抜きとして研究をやり、研究の息抜きとして競技をやるみたいな感覚でした」

 

このようなスタンスは大学時代の恩師である図子浩二さんから学んだそうです。

 

「練習をして、その内容を分析・研究して、それをまた競技に生かしていくのが僕の走り高跳びとの向き合い方で、その土台を作ってくれたのが、大学時代の恩師の図子先生」

 

大学3年生の時に日本選手権で初優勝を遂げています。

 

ただし大学時代の戸邉さんは高校時代の実績からすれば伸び悩んでおり、国際大会で良績を残すことはできませんでした。

 

大学卒業後は、筑波大学大学院人間総合科学研究科体育学専攻に進学しています。

 

大学院は修士課程のみならず博士課程まで進んで、博士号を取得しています。

 

大学院在学中の2015年の世界陸上の日本代表に選ばれています。

 

 

ただし出場が確実視されていた2016年のリオデジャネイロオリンピックは、選考会を兼ねていた日本選手権での不振が響き出場できませんでした。

 

「あの頃は、僕のこれまでの競技人生の中で一番難しい時期でした。その年、僕はケガをしていたのですが、日本選手権直前に図子先生も亡くなってしまって……。ダブルパンチのような状態の中、リオ出場も叶わず、とても落ち込みました」

 

また2018年のアジア大会では銅メダルを獲得すると、2019年2月のIAAFインドアミーティングで国際大会で初優勝を飾っています。

 

 

さらに2019年には走り高跳びの世界ランキング1位となっています。

 

そのため東京オリンピックの有力なメダル候補のひとりですから、大きな期待もかかります。

 

スポンサードリンク



 

戸邉直人の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:千葉県 専修大学松戸高校 偏差値69~72

 

 

戸邉直人さんの出身校は、私立の共学校の専修大学松戸高校です。

 

この高校は専修大学の附属校ですが近年は進学実績が向上し、難関校になっています(E類型:偏差値72、A類型:偏差値69)。

 

そのため一橋大学や京都大学といった難関国立大学に進学する卒業生もおり、早慶上智には毎年60~80名程度の合格者を出しています。

 

また現在はスポーツに特化したS類型(偏差値62)もありますが、戸邉さんが入学した2007年はこの類型は一時的に廃止されており、E類型かA類型のいずれかに在籍しています。

 

ただし同校へは一般入試ではなく、スポーツ推薦での進学のようです。

 

後述するように中学時代に頭角を現した戸邉さんですが、高校1年生の時に全日本ユースでいきなり2位となり大きな注目を集めています。

 

しかし高校2年生で出場した高校総体では競技中に肺に穴が開く気胸を発症し、決勝で棄権しています。

 

ちなみにこの際には医者からドクターストップがかかっていましたが、本人の意思で出場を強行しています。

 

ところが高校3年生で完全復活して、インターハイを圧勝。

 

前年の棄権もあって、この優勝は嬉しかったとインタビューで話しています。

 

「3年のときにインターハイで優勝できたのは本当にうれしかったし、その後高校記録を出せたときは、陸上選手としてやっていきたいと、強く思うようになりました」

 

また同じ年の国体では2m23㎝の高校日本記録(当時)を達成し2冠を達成、高校日本記録は20年ぶりに更新するほどでした。

 

そのためその将来性を買われて筑波大学に進学していますが、前記のように大学時代は伸び悩んでいます。

 

【主な卒業生】

仲村トオル(俳優)

上村彩子(アナウンサー)

谷まりあ(ファッションモデル)

 

スポンサードリンク



 

戸邉直人の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:千葉県 野田市立第二中学校 偏差値なし

 

 

戸邉直人さんの出身中学校は、地元野田市内の公立校の第二中学校です。

 

中学時代も陸上部に在籍しており、走り高跳びをおこなっています。

 

ただし戸邉さんは中学入学時はまったくの無名選手でした。

 

ところが中学時代に走り高跳びの選手として大きく成長し、入学時の記録は1m50㎝でしたが、中学3年生の時には1m97㎝を記録するほどでした。

 

そのため中学3年生の時には全日本中学校陸上競技大会も優勝を飾っています。

 

戸邉直人の学歴~出身小学校の詳細

 

戸邉直人の学歴~出身小学校の詳細

 


 

出身小学校:千葉県 野田市立中央小学校

 

 

戸邉直人さんの出身小学校は、地元野田市内の公立校の中央小学校です。

 

家族構成や兄弟姉妹の情報は不明です。

 

戸邉さんは同校のスポーツクラブに在籍して、陸上や水泳など様々な競技を経験しています。

 

中でも陸上競技が楽しかったので、最初は走り幅跳びをおこなっています。

 

そして小学校4年生の時から走高跳に取り組んでいます。

 

以上が戸邉直人さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

一時は伸び悩んだ時期もありましたが、20代中盤からさらに進化を遂げて世界ランク1位の座も獲得するほどです。

 

 

そのため東京オリンピックでの金メダルも期待されています。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ