日向坂46小坂菜緒の学歴と経歴|出身高校大学や中学校の偏差値|かわいい画像も

 

「日向坂46」の人気メンバーの小坂菜緒さんの出身中学校や高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。グループ入りした中学時代や学業と仕事の両立を頑張っている高校時代など、学生時代のエピソードや情報、当時のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

小坂菜緒(こさか なお)

 

 

2002年9月7日生

身長161㎝

血液型はO型

 

大阪府大阪市出身の歌手、タレント、女優

日向坂46のメンバー

本名同じ、愛称は「なおてつ」

 

以下では「日向坂46」小坂菜緒さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

小坂菜緒の経歴

 

2002年(0歳):大阪府大阪市で生まれる

2009年(7歳):小学校入学

2015年(13歳):小学校卒業

2015年(13歳):大阪市立井高野中学校入学

2017年(15歳):けやき坂46の2期生オーディションに合格

2018年(16歳):大阪市立井高野中学校卒業

2018年(16歳):目黒日本大学高校・通信制課程に入学

2018年(16歳):「ガールズアワード」にてランウェイデビュー

2018年(16歳):ファッション誌「SEVENTEEN」の専属モデルとなる

2019年(17歳):1stシングル「キュン」で選抜入りしフロントメンバーに起用されてメジャーデビュー

2019年(17歳):「恐怖人形」にて映画初主演

2019年(17歳):NHK紅白歌合戦初出場

2020年(18歳):テレビドラマ「DASADA」に出演

2021年(19歳):目黒日本大学高校・通信制課程を卒業

2021年(19歳):初の写真集「君は誰?」が発売

2021年(19歳):「恐竜科学博」とソニー損害保険のコラボCMに出演

 

小坂菜緒の学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:東京都 目黒日本大学高校 通信制課程(有力) 偏差値なし

※旧日出高校

 

 

 

小坂菜緒さんは中学校卒業後は高校に進学していますが、進学先の高校は目黒日本大学高校(旧日出高校)の通信制課程が有力です。

 

と言いますもの、このところの坂道グループのメンバーは、この高校の通信制課程に進学するケースが非常に多いからです。

 

2020年3月に乃木坂46の遠藤さくらさんや賀喜遥香さん、久保史緒里さん、中村麗乃さん、金川紗耶さん、阪口珠美さんが高校卒業を発表しましたが、全員が目黒日本大学高校の通信制課程を卒業しています。

 

小坂さんは高校1年生だった2018年のインタビューでは次のように話しており、高校に進学したこと自体は間違いありません。

 

「学校には大分慣れました。学校へ行くときは、「やっと友達に会える」「いっぱい話せる」という気持ちになるので、とても楽しく通学しています」

 

 

また当時から仕事も忙しかったことから、学業と仕事の両立については工夫をしているとも述べています。

 

「移動時間などを利用して教科書に書いてあることを自分なりにまとめてみたり、小説ぐらいの小さいサイズの教材があるので、試験前はそういうものを使って勉強をしたりしています。私はスマホのアプリではなく本で勉強するほうですね」

 

ただしテスト前はどうしても前日の夜中まで詰め込みになってしまうようです。

 

ちなみに小坂さんは小学校時代から理科の授業が好きで、高校では生物の授業が大好きとのこと。

 

その反面、化学は苦手だと話しています。

 

なおファッションモデルの仕事もしていることから小坂さんは普段から日焼けしないように心がけており、冬場でもSPFが弱いお肌に優しい日焼け止めを塗っていることをインタビューで述べています。

 

加えてさすがに仕事で忙しいようですから、高校では部活動などはおこなっていません。

 

なお小坂さんが2018年4月に入学した際にはこの高校は日出高校でしたが、2019年4月から目黒日本大学高校に改称しています。

 

仕事面では高校時代の飛躍は目覚ましく、高校1年生だった2019年5月には「ガールズアワード」で15歳にしてランウエイデビューを飾っています。

 

 

また同じ年の6月には人気ファッション誌「SEVENTEEN」の専属モデルに起用されています。

 

 

 

「SEVENTEEN」の専属モデルには人気モデルの横山真悠さんや大友花恋さん、女優としても人気の高い清原果耶さん、乃木坂46の久保史緒里さんらも務めており、切磋琢磨しているようです。

 

さらに「けやき坂46」から「日向坂46」に改名したグループは、小坂さんが高校1年生の終わりの2019年3月にファーストシングル「キュン」でメジャーデビューを飾っています。

 

 

その際は小坂さんは佐々木美玲さんや齊藤京子さん、加藤史帆さんや柿崎芽実さんらとともにフロントメンバーに選ばれたばかりか、いきなりセンターに起用されて注目を集めています。

 

以降も「ドレミソラシド」や「こんな好きになっちゃっていいの?」、「ソンナコトナイヨ」と4作連続でセンターに起用されています。

 

ちなみに2021年5月発売の5枚目シングル「君しか勝たん」でセンターの交代が発表されていますが、この作品でセンターを務めるのは加藤史帆さんです。

 

さらに同じ年の秋には初の主演映画「恐怖人形」も公開されます。

 

 

 

小坂さんはこのようにグループの活動のほか、個人でもかなりの人気を誇っています。

 

高校卒業直前の2021年2月のインタビューでは、高校生活を次のように振り返っています。

 

「高校の3年間で、いろいろな葛藤を抱いて自分自身と戦って、悩んだり笑ったり泣いたり喜んだりしながら、たくさんのことを吸収してきたことが、すごく生きている」

 

 

なお小坂さんはインタビューで次のように答えており、今のところ大学へは進学する予定はないようです。

 

「高校はたぶん学生として楽しむことができる最後の時期なのかなって思います。3年間友達と仲良くして日々いい思い出を作ることができるように、毎日楽しく学校に登校してほしいなと思います」

 

このあたりについては明らかになった際に追記しておきます。

 

※追記

2021年3月に小坂さんは高校を卒業しましたが大学などへの進学の報告はなく、メディアの報道などもありません。

 

インタビューでもアイドルに専念するようなコメントをしています。

 

「いつも応援してくださりありがとうございます。高校を卒業して、心機一転、アイドルのお仕事に熱を入れていけるようにこれからも頑張っていきたいと思います!まだまだ、お会い出来るまで時間がかかるかと思いますが、頑張りますので、これからも小坂菜緒、そして日向坂46の応援を宜しくお願い致します! 読者の皆様の事、応援しております!!」

 

 

インターネット上には國學院大学に進学したとの情報もありますが、確証がまったくありません。

 

やはり高校卒業後は芸能活動に専念したようです。

 

今後は活動の幅も広がりそうですから楽しみですね。

 

スポンサードリンク

 

小坂菜緒の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:大阪府 大阪市立井高野中学校(有力) 偏差値なし

 

 

 

小坂菜緒さんの出身中学校は、地元大阪市内の公立校の井高野中学校が有力です。

 

当初は同じ大阪市立の佃中学校が有力と思われましたが、後にインターネット上の情報などから井高野中学校のほうが有力になっています。

 

中学時代はバレーボール部に在籍しており、攻撃の要のセンターのポジションを務めていました。

 

またスポーツ観戦も好きで、「甲子園は中学時代から見ていた」と公式ブログに綴っています。

 

 

当時の小坂さんは意外にも目立つタイプではなく、本人も「賑やかなタイプではなかった」とインタビューで述べています。

 

また後にバラエティ番組「日向坂で会いましょう」に出演した際には、中学時代は先生に無断で教室を画用紙で飾り付けることにハマっていたと話しています。

 

そして中学3年生だった2017年に、けやき坂46の2期生のオーディションに募集して、その年の8月に最終合格しています。

 

 

オーディションを受けたのはけやき坂46のライブに行ったことがきかっけでした。

 

「実はそれまでは(長濱)ねるさんの存在ぐらいしか知らなかったんですけど、そのライブを観た時に一人一人がとても輝いて見えたんです。ダンストラックではダンスが上手いメンバーが引き立つし、『誰よりも高く跳べ!』では、誰よりも笑顔でやってる潮(紗理菜)さんがいたりだとか。そういうグループの魅力に惹かれて、同じステージに立ちたいと思ったのがオーディションを受けたきっかけでした」

 

そして翌年の2月におこなわれた「ひらがな2期生おもてなし会」では、小坂さんは特技であるバレーボールを披露しています。

 

 

またその際のパフォーマンスでは全曲センターを務めており、2期生のメンバーの中でも当時から注目度が抜きん出ていました。

 

ちなみにけやき坂46を含む坂道グループは地方在住者はオーディションに合格後は、速やかに上京することが合格の条件になっていますが、中学3年生や高校3年生の場合は特例で卒業まで猶予期間を与えられることから、小坂さんもこの中学校を卒業しているはずです。

 

そして中学卒業後に上京して、通信制の高校あるいは首都圏の全日制の高校に進学したはずです。

 

スポンサードリンク

 

小坂菜緒の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:不明

 

小坂菜緒さんの出身小学校は、地元大阪市内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

ただし有力とされる出身中学校の校区からすれば、以下の2校のいずれかの可能性が高そうです。

 

大阪市立井高野小学校

大阪市立東井高野小学校

 

家族構成は両親と4歳年上の兄の4人家族です。

 

ちなみに小坂さんのキャッチフレーズ「大阪 小坂 けやき坂 三本坂を全力で駆け上がります」はお兄さんが考えてくれたもので、きょうだい仲も良好のようです。

 

 

子供の頃の小坂さんは人見知りが非常に激しい少女でした。

 

小学校時代にはそろばんを習っており、フラッシュ暗算が得意です。

 

また小学校の頃にAKB48を好きになり、乃木坂46、欅坂46と推移したことをインタビューで述べています。

 

「小学校の時にAKB48さんにハマって、それから乃木坂46さんが好きになって、そして欅坂46を知りました」

 

ちなみに当時はAKB46の小嶋陽菜さんと島崎遥香さんの握手会にも参加するほどでした。

 

 

加えて小学校時代にあだち充さんの「クロスロード」という漫画を読んだことがきっかけで、甲子園や高校野球に興味を持っています。

 

以上が「日向坂46」小坂菜緒さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

前記の通りグループ加入後は2期生の中でももっとも注目された存在でした。

 

また「日向坂46」としてデビュー後も、1期生の加藤史帆さんや齊藤京子さん、佐々木美玲さんや佐々木久美さんら人気メンバーを凌ぐほどの高い人気を誇っています。

 

 

加えてグループでの活動のほか、単独でもファッションモデルや女優など、メディアに引っ張りだこの状態となっています。

 

写真集の売り上げも好調です。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ