日向坂46井口眞緒の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代

 

井口眞緒(いぐち まお)

 

 

19951110日生

身長163

血液型はAB型

 

新潟県出身の歌手、タレント

日向坂46(けやき坂46)のメンバー

本名同じ

 

以下では井口眞緒さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

経歴/プロフィールの詳細

 

20165月に「けやき坂46」第1期生オーディションに加藤史帆や佐々木久美らとともに合格。 

同年8月にグループの2ndシングル「世界には愛しかない」に収録の「ひらがなけやき」で初の歌唱参加。 

同年9月にバラエティー番組「欅って、書けない?」でテレビ番組初出演。

201710月にテレビドラマ「ReMind」で女優デビュー。 

他にも「KEYABINGO!」や「ひらがな推し」、「ぱりぴTV」などのバラエティー番組に出演している。 

またグラビアアイドルとして週刊ヤングマガジンなどに登場した。

 

学歴~出身大学

 

スポンサードリンク



 

出身大学:フェリス女学院大学 偏差値4345(学部不明のため)

 

 

井口眞緒は高校卒業後は、フェリス女学院大学に進学しています。

 

バラエティ番組「ひらがな推し」に出演していた際に、本人が大学に在学中であることを明言しています。

 

在籍する学部は不明ですがフェリス女学院大学には文学部(偏差値45)と国際交流学部(同43)、音楽学部(同3438)の3つの学部があります。

 

井口さんは高校時代までにクラシック音楽を専門的に習ってはいないので、文学部か国際交流学部の可能性が高いと思われます。

 

大学では入学式の日に出会った同級生と仲良くなって、グループ入りする前までは毎日のように会っていたそうです。

 

「大学に入学してからずっとなので、もう3年付き合った彼女みたいな感覚です(笑)。大学の入学式の日に出会った女の子なんですけど、その子は前日に近くのお店で私のことを見かけてたらしく、入学式のときに『昨日いたよね?』って話しかけられて。そこから家も近いことが分かって仲良くなって、学部も学科も必修科目も同じなのでずっと一緒にいるようになりました。3年しか一緒にいないのに、もう親友っていうか腐れ縁みたいな仲です」

 

井口さんは大学時代の思い出は大学1年生の頃だとインタビューで話しています。

 

「18歳の大学1年生の夏が、とっても楽しかったです。ずっと東京に憧れていて、新潟から出てきて、新しい友だちもできて。新潟は曇りや雨が多いんですけど、東京はずっとカラッと晴れていて、気の合う友だちと毎日遊んでいました。ごはんを食べたり、遊園地に行ったり、海に行ったり。何駅分も話しながら歩いて、見つけたお店に思いつきで入ったりもしました」

 

さらに当時は大学の友達と行き当たりばったりで大阪のUFJなどにも行ったそうです。

 

「学校帰りにディズニーランドへ行って、楽しすぎて『他の遊園地にも行きたいね』『じゃあ明日USJ行こうよ』っていう話になって、そのまま急きょ夜行バスで大阪へ行って1日USJで遊んで、また夜行バスで帰ってきて1限の授業に出る、みたいなアクティブなこともしました」

 

そしてデビュー前には「毎日美女大学」というサイトに写真とインタビューが掲載されたこともありました。

 

 

大学2年生の時に友達から「アイドルになれば」と言われたことがきっかけでけやき坂46のオーディションに応募。

 

 

井口さんは応募の際には欅坂46のことも知らず、ダンス審査の際にはただ一人だけ踊りを覚えてこないという大胆な行動に出ていますが、それでも合格しています。

 

「覚えようと思って動画見たけど、これは無理だと思って覚えるのやめたの。覚えたところで受からないと思ったの」

 

グループ入り後は努力して苦手なダンスを克服する姿が共感を呼びました。

 

 

加えて「ミックスナッツの袋を財布にしていた」とか「電車の中で急に知らない人に声をかける」など、およそアイドルとは思えないようなエピソードも多々あり、グループの中でも個性派として人気も上昇しています。

 

そんな中2018年2月に井口さんは大学を4年間で卒業したことを公式ブログで発表しています。

 

大学卒業が決定しました! 4年間で卒業できました! とてもとても嬉しいです優しい友達や優しい先生に囲まれてとても幸せな大学生活でした」

 

フェリス女学院大学は出席が厳しく、女優の桐谷美玲さんは7年間かけて卒業しています。

 

井口さんも仕事が多忙の中、キッチリと4年間で卒業したのは立派ですね。

 

そして井口さんが23歳だった2019年2月にグループは「日向坂46」に改名し、この年の3月にファーストシングル「キュン」でメジャーデビューを飾っています。

 

 

その際には井口さんも選抜メンバーに選ばれて、3列目の立ち位置を務めています(センターは小坂菜緒)。

 

 

さらに2019年7月にリリースされた2ndシングル「ドレミソラシド」でも選抜メンバーに選ばれて、3列目に起用されています。

 

 

現在まではグループでの活動がメインですが、トーク力もあることから今後が楽しみなメンバーです。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:新潟東高校(有力) 偏差値46(やや容易)

 

 

井口眞緒さんの出身校は、県立の共学校の新潟東高校が有力です。

 

この高校は新潟市東区にある1980年開校の比較的新しい高校です。

 

井口さんは高校時代はバスケットボール部に在籍していたようです。

 

高校時代は理系ではなく、文系に在籍していました。

 

また意外にも高校時代はあまりいい思い出はなかったとインタビューで述べています。

 

「もともと団体行動が苦手分野だったので。今はグループでの活動の楽しさがわかってきましたけど、行事にも積極的に参加しないタイプでした。体育祭の練習とか、出ることは出ても、端っこのほうにいたり。文化祭は何をしたのかも覚えていません」

 

しかし他に井口さんの高校時代の情報はほとんどなく、高校生活の詳細なども不明です。

 

【主な卒業生】

岡村靖幸(ミュージシャン・中退)

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校・中学校

 



 

出身小学校:不明

 

出身中学校:不明

 

井口眞緒さんの出身小学校・中学校は新潟市内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

家族構成は両親と弟の4人家族です。

 

 

井口さんは小学校時代はバスケットボールに打ち込んだことを明らかにしています。

 

「小学校までは、すっごくバスケを頑張っていたんです。一度クラブに入ったら、やめられなくて。お父さんが趣味でバスケのコーチをしていて、弟もバスケをやっていたんですけど、毎日6時まで練習があって、夜は9時に寝ないといけない。土・日は1日練習」

 

また中学校の頃にテレビドラマ「ブザー・ビート」を見たことがきっかけで北川景子さんの大ファンになっています。

 

現在でも北川さんが出演するドラマはほぼすべて見ていると語っており、モノマネもできます。

 

 

以上が井口眞緒さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

※追記

井口さんは2019年9月8日に自身の公式ブログに以下のように記載して、当面の活動を自粛することを発表しました

 

日向坂46のメンバーでは初のスキャンダルとなってしまったので大きく報じられています

 

「先日、とあるサイトで、私と思われる写真が掲載されました。
あの写真は私で間違いありません。
私のアイドルとしての自覚のない行動で世間をお騒がせしてしまったこと、応援してくださるファンのみなさん、メンバーやスタッフのみなさんにご迷惑をおかけしてしまったこと、本当に申し訳ありませんでした。
私の軽率な行動でご迷惑をかけたことに対して、しばらくの間、活動を自粛することを事務所に申し入れました。
今後に関しては、事務所のスタッフの方と話して決めていきます。
本当に申し訳ありませんでした」

 

(問題になった写真)

 

グループでは最年長メンバーのひとりですが、その個性的なキャラクターで存在感を示して徐々に人気も上昇しています。

 

また苦手なダンスを克服するなど努力家の一面もあり、握手会での「神対応」などもファンの間では話題になっています。

 

今後のさらなる飛躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ