日向坂46丹生明里の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値と学生時代

 

丹生明里(にぶ あかり)

 

 

2001215日生

身長156

血液型はAB

 

埼玉県上尾市出身の歌手、タレント

日向坂46(けやき坂46)のメンバー

本名同じ、愛称は「にぶちゃん」「にぶぶ」

 

以下では日向坂46丹生明里さんの出身中学校や高校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

丹生明里の学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:日出高校 芸能コース 偏差値42(容易)

20194月からは目黒日本大学高校

 

 

丹生明里さんの出身高校は、芸能人御用達の日出高校です。

 

当初は進学校の熊谷女子高校(偏差値63)に進学したとの情報もありましたが、目撃情報などの確証はありませんでした。

 

丹生さんは高校2年生の8月にけやき坂46の第2期生のオーディションに合格しており、それまでは他校に通学していたものと思われます。

 

そして20193月に丹生さんは公式ブログに高校卒業を報告しており、その際には卒業証書の画像をアップしています。

 

 

この卒業証書にはぼかしも入っていますが、思いっきり日出高校のものです。

 

(参考)

 

やはりグループ入り後はより幅広く芸能活動をおこなうために、この高校の芸能コースに転校したのでしょう。

 

当初入学した高校では剣道部に入部していたことを公式ブログに綴っています。

 

「高校に入ってやりたいこともなくて、でも必ず部活動に入らなければならなくて、剣道部に加入しました。中学と比べたら愕然とレベルがまた上がって、確かに大変だったけど、素敵な先輩方、仲間、後輩に恵まれて楽しい思い出が沢山あります。感謝の気持ちでいっぱいです」

 

ちなみに段位は三段で、バラエティ番組「欅って、書けない?」に出演した際にも、その腕前を披露しています。

 

 

当時はキャビンアテンダントになりたいと思っていましたが、高校1年生の時に欅坂46の「サイレントマジョリティー」のミュージックビデオを見て衝撃を受けています。

 

「サイレントマジョリティーのMVを見たとき今まで感じたことのない衝撃を受けてこれはなんだ!?と思いました。自分が思っていたアイドル像が、その概念が壊された感じで、一瞬にして引き込まれました」

 

またこの曲の「君は君らしくやりたいことをやるだけさ」という歌詞が胸に刺さったそうです。

 

そういったことがきっかけになって欅坂46の大ファンになり、アイドルになろうと決意しています。

 

丹生さんは高校2年生の時に「けやき坂46」のオーディションに応募していますが、実はそれ以前に指原莉乃さんがプロデュースするアイドルグループ「=LOVE」(イコールラブ)のオーディションにも応募していることが判明しています。

 

(43が丹生さん)

 

ただし残念ながら最終選考で不合格となっています。

 

高校2年生の8月に「けやき坂46」のオーディションに合格しています。

 

 

そしてスタイルキープはオーディションに合格した頃から気を付けているとのこと。

 

「合格したときから毎日気をつけています。足がむくまないためのソックスを寝るときに履くとか。レッスンのときも、ズボンの下に穿いているんです。カッコ良いものではないです(笑)」

 

そのためダイエットもしており、アロエジュースを愛飲しているとインタビューで述べています。

 

加えて意外なことに丹生さんはオーディションからグループとしての活動を開始した際には、ネガティブ志向だったそうです。

 

「私はこれまでずっとネガティブ思考だったんです。オーディションのときも周りには可愛い子がたくさんいるし、SHOWROOM配信では順位が低くて「周りに比べて私はだめだな」ってズーンと気持ちが下がってしまって」

 

ただしその際には家族と相談して「自分らしくやろう」と考えを転換したそうです。

 

特に母親とはよく相談に乗ってもらっており、このあたりには家族仲のよさも垣間見ることができます。

 

また高校時代の丹生さんは歌やダンスの練習に打ち込んだことをインタビューで話しています。

 

「私は歌やダンスを全く習っていなくて、家族からも歌が下手って言われていて…(苦笑い)。なのでデモ曲をもらってから、練習をたくさんしました。音程が合うようにとか、綺麗な歌声が届けられるように、という気持ちを込めて」

 

特にダンスに関してはかなり苦戦したそうです。

 

「でもダンスですね。ダンスが大変。私はダンスが本当に苦手でレッスンについていくのに必死です…。周りのメンバーにはバレエをやっている子も多いので、体幹がしっかりしているんです。なので本当にしなやかな動きが綺麗。私は全然できないので、家にある細い鏡の前で、今も頑張って練習しています。今も大変です(苦笑い)」

 

高校3年生の2月にグループは「日向坂46」に改名し、3月にはファーストシングル「キュン」でメジャーデビューを果たしています。

 

 

 その際には丹生さんは選抜メンバーに選ばれて、立ち位置も2列目に起用されています。

 

そして丹生明里さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、芸能活動に専念しています。

 

高校も芸能コースのある学校に転校していることから、当初から大学へは進学する意思はなかったかもしれません。

 

高校卒業後はグループでの活動のほか、「週刊少年チャンピオン」で表紙&巻頭グラビアにも起用されています。

 

 

今後は単独での活動も増えていくことが確実なので、楽しみな存在です。

 

スポンサードリンク



 

丹生明里の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:埼玉県 上尾市立東中学校 偏差値なし

 

 

丹生明里さんの出身中学校は、地元上尾市内の公立校の東中学校です。

 

中学校時代は剣道部に在籍しており、部活動に打ち込んでいます。

 

なお丹生さんは出身中学校を明らかにしていませんが、中学時代の剣道大会への出場名簿でこの学校が特定されています。

 

加えて剣道部では主力選手として活躍しており、上尾市内の大会で個人戦で5位になって埼玉県大会にも出場しています。

 

 

そんな丹生さんですが小学校時代に剣道をはじめた頃は弱かったのですが、中学時代に実力がついてきたことを公式ブログに綴っています。

 

「中学生に上がって少しずつ勝てるようになって、剣道をすることの楽しさを感じました。仲間と一緒に戦って、素敵な経験ができて…沢山の楽しい思い出があります」

 

また県大会に出場したことや昇段試験で二段に合格したことが中学時代の思い出のようで、部活動にまい進した中学時代でした。

 

加えて丹生さんはそれまではかなり消極的な性格でしたが、中学校3年生の頃から授業でも挙手することができるようになったそうです。

 

スポンサードリンク



 

丹生明里の学歴~出身小学校の詳細

 


 

出身小学校:不明

 

丹生明里さんの出身小学校は、地元上尾市内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

ただし出身小学校の校区からすれば、以下の3校のいずれかの可能性が高いようです。

 

上尾市立東小学校

上尾市立中央小学校

上尾市立芝川小学校

 

家族構成は両親と兄の4人家族のようです。

 

丹生さんは小学校時代に兄の影響で、「桶川剣友会」に所属して剣道をはじめています。

 

 

ただし小学時代はあまり上達せずに、まったく勝てなかったことを公式ブログに綴っています。

 

「私はお兄ちゃんの影響で剣道を始めたのですが、試合や錬成会に出ても全く勝てませんでした。正直、チームのみんなに迷惑をかけて申し訳ない気持ちでいっぱいでした」

 

そのため辛かったことから何度も剣道を辞めようと思っていましたが、意思が弱かったから辞めることができなかったそうです。

 

とは言え中学校時代に上達して段位も取得していますから、かなりの努力家だったはずです。

 

また子供の頃からアニメが大好きで、特に「ドラゴンボール」はお気に入りでした。

 

以上が日向坂46丹生明里さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

前記のようにグループ入りした当時はまったく自信が持てなかったようですが、歌やダンスに熱心に取り組んで、今やグループの主要メンバーに成長していきました。

 

 

また人柄もいいことから、握手会などでも人気が上昇しています。

 

 

2019年に高校を卒業したことから、その後はグループでの活動のほかグラビアなどにも起用されています。

 

今後はさらに活動の幅も広がりそうですね。

 

さらなる大きな飛躍にも期待したいところです。

 

スポンサードリンク






 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ