楢崎智亜の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値|実家は開業医

 

スポーツクライミングの楢崎智亜さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。ボルダリングの世界王者の楢崎さんですが、実家は開業医を営んでおり医者のなることも検討していました。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

楢崎智亜(ならさき ともあ)

 

 

1996年6月22日生

身長170㎝

血液型はB型

 

栃木県宇都宮市出身のフリークライマー

 

以下では楢崎智亜さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

楢崎智亜の学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:栃木県 宇都宮北高校 偏差値58(中の上)

 

 

 

楢崎智亜さんの出身高校は、県立の共学校の宇都宮北高校です。

 

この高校は1980年開校の公立校で、吹奏楽部や山岳部が全国大会の常連です。

 

楢崎さんはこの高校に一般受験で進学しています。

 

なお後述するように楢崎さんは中学校は私立校に通学していましたが、公立高校に進学した理由は不明です。

 

もしかしたら山岳部が理由なのかもしれません。

 

 

2019年には楢崎さんは母校であるこの高校を訪問して講演をおこなっています。

 

 

高校1年生だった2012年にジュニアオリンピックカップのリードで2位になっています。

 

この頃から世界大会に出場しはじめて、この年の世界ユース選手権ではリードで4位となっています。

 

また高校3年生だった2014年には世界選手権に出場して、ボルダリングで10位になっています。

 

このように楢崎さんは高校時代は競技に打ち込んでいますが、実は進路に悩んでいました。

 

父親が開業医で兄と弟が跡を継ぐ気がなかったことから、一時は医学部に進学して医者になる道も検討しています。

 

そのためか高校時代は理系の科目が得意で、数学と物理が得意科目だったそうです。

 

【主な卒業生】

福嶋真理子(アナウンサー)

 

そして楢崎智亜さんは高校卒業後は大学などに進学せず、競技に専念しています。

 

両親からは大学進学を勧められていますが、退路を断ってプロのクライマーの道を選択しています。

 

その際にはインタビューで次のようにコメントしています。

 

「大学に行きながら……というのも考えましたが、それだとダメだった場合に逃げちゃうなと思った」

 

ただし父親からは2年間で結果が出なければ、競技から離れて大学に行くように言われています。

 

すると2年後の2016年9月におこなわれたボルダリングの世界選手権で優勝。

 

 

またこの年には年間王者になっており、日本のエース格になっています。

 

2019年の世界選手権も優勝して、東京オリンピックの有力なメダル候補になっています。

 

 

今後の活躍も楽しみですね。

 

スポンサードリンク

 

楢崎智亜の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:栃木県 作新学院中等部 偏差値50(普通)

 

 

 

楢崎智亜さんの出身中学校は、私立の共学校の作新学院中等部です。

 

この中学校に在籍した当時は、2学年上に競泳のリオデジャネイロオリンピック金メダリストの萩野公介さんも在籍していました。

 

楢崎さんは中学時代は陸上部に在籍していました。

 

また10歳の頃からクライミングをはじめており、中学時代も競技に打ち込んでいます。

 

中学3年生だった2011年にJFAユース選手権で3位になっています。

 

この頃から全国大会の上位に顔を出すようになって、この年にはジュニアオリンピックカップのリードでも3位になっています。

 

なお楢崎さんは中学時代の文集にはひたすら「登ること」について書いていたそうです。

 

スポンサードリンク

 

楢崎智亜の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:栃木県 作新学院小学部

 

 

 

楢崎智亜さんの出身小学校は、私立の共学校の作新学院小学部です。

 

幼稚園から作新学院の系列校に通学しており、中学校までは内部進学で進んでいます。

 

家族構成は両親と兄、弟の5人家族です(3人兄弟の真ん中)。

 

 

実弟はフリークライマーの楢崎明智さんです。

 

幼い頃から三兄弟は非常に仲が良かったそうです。

 

父親は宇都宮市内で内科医として開業しており、実家は裕福です。

 

楢崎さんは子供の頃から気が優しく遠慮がちの性格で、「人と争うのが苦手なタイプだった」とインタビューで振り返っています。

 

弟の明智さんとともに幼稚園時代から器械体操をおこなっていました。

 

小学校時代は体操で将来を嘱望されるほどの選手でした。

 

ただし体操は小学校4年生の時にやめてしまっています。

 

楢崎さんは10歳の時に兄が通っていたクライミングジムにたまたま遊びに行ったことがきっかけで、クライミングと出会っています。

 

するとすぐに夢中になっています。

 

「登っているだけで面白かったし、自由に壁を動き回れるのが何より楽しかった」

 

その後は弟の明智さんもクライミングをはじめて、2人で切磋琢磨しています。

 

以上が楢崎智亜さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

大学進学をしないでプロに転向したところ、20歳の頃から頭角を現しています。

 

このところは並み居る世界大会でも優勝しており、東京オリンピックの有力な金メダル候補にもなっています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ