ファンキー加藤の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値と学生時代

 

ファンキー加藤(ふぁんきー かとう)

 

 

19781218日生

身長174

血液型はA型

 

東京都八王子市出身の歌手、俳優

FUNKY MONKEY BABYS」の元メンバー

本名は加藤俊介

 

以下ではファンキー加藤さんの出身校の偏差値と学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

ファンキー加藤の学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 八王子北高校 偏差値46(やや容易)

 

 

ファンキー加藤さんの出身校は、都立の共学校の八王子北高校です。

 

この高校は1978年開校の中堅都立高校です。

 

加藤さんは高校時代は部活動などをせずに帰宅部でした。

 

また中学時代はアクティブに活動していましたが、高校時代は無気力だったとインタビューで述べています。

 

「朝起きたらみんなと同じ制服を着て……っていう日々が俺はけっこうしんどくて、高校3年間は本当に無気力に過ごしていたんです」

 

当時はかなり「モヤモヤ」が鬱積していたことも明らかにしています。

 

「高校時代に、思春期とか反抗期とか、そういうものをこじらせたり、日々が窮屈に感じたり、大人が嘘つきに思えたり。そういう時期があって、なんかモヤモヤしていて。けど、そのモヤモヤの吐き出し方もわからないし、発散の仕方も知らない」

 

そのため高校時代の思い出はないと語っています。

 

また「AERAdot.」の記事によれば、高校時代の知人の談話として次のようなことが掲載されています。

 

「彼のイメージからは考えられないかもしれませんが、高校時代の加藤は頑張っている人をバカにするような性格だったんです。スポーツや勉強に真剣に取り組んでいる人に『なに、一生懸命やってんの? 恥ずかしい』みたいなノリです」

 

どうやら加藤さんにとっては高校生活は充実とは程遠いものだったようです。

 

【主な卒業生】

上川隆也(俳優)

 

そしてファンキー加藤さんは高校卒業後は大学に進学せずに、就職しています。

 

就職先の会社は明らかになっていませんが、こちらも早い段階で辞めています。

 

そのため以降はフリーターとして生活しながらプロのミュージシャンになる道を模索しています。

 

ただし23歳の頃までは親のスネをかじっていたとの報道もあります。

 

とは言え以降は心を入れ替えたようで、25歳だった2004年の元旦にモン吉さんとDJケミカルさんとともに「FUNKY MONKEY BABYS」を結成すると、グループは2年後の20061月にファーストシングル「そのまんま東へ」でメジャーデビューを飾っています。

 

 

2007年には4thシングル「LovinLife」が初のオリコンTOP10ヒットになると、以降は立て続けにヒット曲を連発。

 

デビュー3年目には日本武道館で単独公演もおこなっています。

 

バンドは2013年に解散して以降はソロ歌手として活動を開始して、「My VOICE」や「輝け」などのヒット曲もリリースしています。

 

 

ところが2016年にお笑いコンビ「アンタッチャブル」の柴田英嗣さんの妻とW不倫が発覚して、以降は人気も低迷します。

 

 

しかし2019年には「しゃべくり007」で3年ぶりにバラエティ番組に出演すると、「ダウンタウンDX」などのバラエティ番組や「音楽の日」などの音楽番組にも起用されてメディアへの出演も増えています。

 

 

どうやら再ブレイクも夢ではなさそうなので、今後に注目です。

 

スポンサードリンク



 

ファンキー加藤の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:東京都 八王子市立城山中学校 偏差値なし

 

 

ファンキー加藤さんの出身中学校は、地元八王子市内の公立校の城山中学校です。

 

中学校時代は野球部に在籍しています。

 

ただし中学校時代に野球の才能がないことを気づいたとインタビューで述べています。

 

「「中学生になった時に『オレ、野球の才能ないな…』と気付きました。1つ上の兄貴と1つ下の弟の年子なんです。全員で野球をやっていたんですけど、2人は抜群にうまかったんです」

 

また父親がアマチュアバンドをやっていたことから、加藤さんは中学校時代にギターを買って、父親からレクチャーを受けています。

 

部活動に加えて中学時代はバンドをやったりするなどかなり充実していたようです。

 

「中学の時に野球をやったり、バンドをやったり、恋愛ごっこしたり、すごく充実していたんです」

 

バンドは中学校2年生の時からはじめています。

 

2年生の時に、やはり歌うことがすごく好きだったから、何かバンドとかやりたいなと思っていて、それでフクモトって奴と出会って『ギターとベースはいるから、ボーカルやる?』って言われたんです。『ああ、やる、やらせて!』と言ってすぐに仲間に入りました。その後ドラムも見つけて4人で、『エンペラー』と名乗り、BOOWYのコピーバンドを組みました」

 

また中学校3年生の時には公民館を借りてライブもおこなっています。

 

「近くの公民館の1室を借りて、自分たちでアンプを持ち込んで、ライブという形でやらせてもらったのが中学校3年生卒業間近でした。チケット販売なんてやってもみんな買ってくれるわけないから『とにかく来て!』と声を掛けまくって学校のみんなに集まってもらいました

 

なお加藤さんは中学校時代から将来はミュージシャンになりたいと思っていました。

 

スポンサードリンク



 

ファンキー加藤の学歴~出身小学校の詳細

 


 

出身小学校:東京都 八王子市立弐分方小学校

 

 

ファンキー加藤の出身小学校は、地元八王子市内の公立校の弐分方(にぶかた)小学校です。

 

お笑いコンビ「アンジャッシュ」の児嶋一哉さんもこの小学校の卒業生です。

 

ただし児嶋さんは7学年上なので在校期間は重なっていません。

 

家族構成は両親と1歳年上の兄、1歳年下の弟の5人家族です(3人兄弟の次男)。

 

ちなみにお兄さんは体育教師、弟さんは福祉施設で働いています。

 

加藤さんは子供の頃から活発で学校でも目立つ少年でした。

 

「やんちゃ坊主でした。八王子の山奥育ちなので、いわゆる田舎者なんです。いわゆるゲームセンターなどで遊ぶというよりは、山や川などの自然の中で育った感じだと思います。山の中に段ボールで秘密基地を作ったり、木にロープをくくり付けてターザンごっこをやったり、そんなことばっかりやっていました」

 

小学校時代の学芸会では常に主役を演じており、加藤さんも自身について「根っからのエンターテイナー」と語るほどです。

 

また当時は演技に興味もあったことから劇団「ひまわり」のオーディションを受けて一次審査に合格していますが、二次審査の日と学校行事が重なったことからオーディションは途中で辞退しています。

 

加えて加藤さんは子供の頃からスポーツが得意で、当時は「山田スネークス」という少年野球のチームにも所属しています。

 

また小学校時代は児童会長を務めています。

 

以上がファンキー加藤さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

ソロデビュー後も順風満帆なスタートを切りましたが、2016年の「W不倫騒動」で躓いています。

 

とは言えその後も地道にライブ活動などを続けており、その成果も現れて徐々に再びスポットライトも当たりはじめてきました。

 

 

このところは音楽活動のほか、タレントとしても注目を集めており今後の活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク






 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ