川谷絵音の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|大学院にも行っていた

 

「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りします。実は川谷さんは高校時代までは鬱屈としており、楽しいことはなにもなかったそうです。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

川谷絵音(かわたに えのん)

 

%e5%b7%9d%e8%b0%b7

 

1988年12月3日生

身長177㎝

血液型は非公表

 

長崎県出身のミュージシャン

人気バンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・ギター担当

本名は川谷健太

 

以下では川谷絵音さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます

 




 

経歴/プロフィールの詳細

 

2012年にベースの休日課長、キーボードのちゃんMARI、ドラムのほな・いこかと遊びのつもりでバンドを結成。 

2014年メジャーデビューし、「猟奇的なキスを私にして/アソビ」がヒット。 

 

2015年にも「私以外私じゃないの」「ロマンスがありあまる」「オトナチック/無垢な季節」がヒットして紅白歌合戦にも初出場。 

既婚者であるが、2016年1月にタレントのベッキーとの不倫を「週刊文春」にスクープされた。 

2016年5月に離婚。

 

川谷絵音の学歴~出身大学・大学院の詳細

 

スポンサードリンク

 

 

出身大学:東京農工大学 工学部応用分子科学科 偏差値55~60(やや難) 

 

 

 

川谷絵音さんは高校卒業後は、東京農工大学に進学しています。

 

私立の東京農業大と混同されることが多いのですが、こちらは東京都府中市にある国立大学です。

 

この大学に進学した理由については次のように話しています。

 

「なんとなく東京に行きたくて。私立は高いから、国立なら東大か東京工業大か東京農工大かなと。僕、理系なんで。偏差値的にいって東大とか東工大はちょっと難しそうと思って、東京農工大にしました」

 

大学では応用分子学を学んでいましたが、インタビューでは「ざっくり言って化学です」と話しています。

 

後述するように高校時代までは充実していませんでしたが、大学に入学した当初は非常に充実していたことをコメントしています。

 

「18歳の時はノリノリだったんで、本当はグラフが一瞬上がったかもしれないです。リア充っていうか。毎日、鍋パーティーして、カラオケ行ったり、これが正しい生き方だ、やっと人生楽しめた、みたいな」 

 

川谷さんは大学進学と同時に軽音楽部に入部します。

 

またこの時期からギターをはじめています。

 

軽音楽部では1年生の部員だけで、コピーバンドを結成しています。

 

 

しかし川谷さんはコピーバンドでは飽き足らずにオリジナル曲を演奏するバンドを結成しようとしましたが、それが原因で部員間の軋轢になってしまい最終的には軽音楽部を退部処分となっています。

 

そのため一時は音楽活動に失望して、お笑い芸人を目指して人力舎が経営するスクールに通うことも検討しました。

 

ちなみにお笑い芸人を目指そうとしたのは、当時はお笑いコンビ「笑い飯」の大ファンだったからです。

 

 

結局軽音楽部の先輩に強引に誘われて、インディゴ・ラ・エンドというバンドを結成して音楽活動を再開しますが、これがプロのミュージシャンとなるきっかけとなりました。

 

 

ただしこのバンドは川谷さん以外のメンバーが続々とやめてしまい、ほどなくして活動休止に追い込まれてしまっています。

 

加えて大学時代はひどい失恋を経験したことをインタビューで話しています。

 

ちなみにその際には「私といると就職しちゃうから」と言われて、彼女は川谷さんの下を去ったそうです。

 

その彼女は交際していた時期には就職を考えていた川谷さんに「音楽をやったほうがいい」と言い続けており、ある意味恩人かもしれませんね。

 

なお交際していた彼女も東京農工大学の学生でしたが、学内でも有数の美人だったとのこと。

 

一方で川谷さんは同大を卒業後は大学院に進学し、セラミック素材を使った燃料電池について研究しています。

 

ちなみに大学時代の成績が良かったことから、大学院へは推薦で進学しています。

 

24歳だった2012年に「ゲスの極み乙女。」を結成すると、すぐにインデーズレーベルとの契約を勝ち取っています。

 

 

そして2014年4月にミニアルバム「みんなノーマル」でメジャーデビューを飾っています。

 

 

2015年には「私以外私じゃないの」がヒットして、人気アーティストの仲間入りを果たしています。

 

 

そのため川谷さんは音楽活動が多忙になったようで、大学院は中退しています。

 

その後も音楽活動は順調でしたが、2016年1月にベッキーさんとの不倫によってマスコミに叩かれています。

 

 

ベッキーの学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代や若い頃の画像

 

とは言えその後も「ゲスの極み乙女。」のほか、「ジェニーハイ」などのユニットで活躍しています。

川谷絵音の学歴~出身高校の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:長崎県 長崎東高校 偏差値62(やや難関)

 

 

 

川谷絵音さんの出身高校は長崎県立長崎東高校です。

 

長崎県でも進学校として知られる共学の高校です。

 

また伝統校だけに、これまで各界に数多くの卒業生を輩出していることで知られています。

 

 

川谷さんは高校時代は理系のクラスに在籍していました。

 

また高校ではサッカー部に在籍していましたが、肺の病気で途中退部しています。

 

高校時代までは、親の目の前で勉強しなくてはいけなかったことをインタビューで話しています。

 

「親が教師なんで。高校の。だから家で勉強しなくちゃいけなかったんです。しかも、自分の部屋でやるとサボるから、親の目の前で、リビングルームで勉強しなくちゃいけなかったんですよ」

 

また父親が世界史の教師だったことから、世界史だけは高得点をとらなければならなかったそうです。

 

そのため理系だったにも関わらず、世界史だけは常に学年1位でした。

 

とは言え勉強自体は子供の頃から好きだったとコメントしています。

 

そのため高校時代の成績もよく、常に一桁台の順位でした。

 

高校時代にはじめてバンドを結成し、楽器を弾けなかったことからボーカルを担当を担当しますが、これがミュージシャンになる礎となりました。

 

 

ちなみに高校時代はあまり目立つタイプじゃなかったようです。

 

また高校時代はいい思い出がなく、鬱屈していたと語っています。

 

さらに地元もあまり好きではなく、高校時代からとにかく東京に出たかったと述べています。

 

【主な卒業生】

西岡武夫(政治家)

吉田真人(アナウンサー)

 

川谷絵音の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:長崎県 松浦市立調川中学校 偏差値なし 

※後に転校

 

 

 

川谷絵音さんの出身中学校は、地元松浦市内の公立校の調川(つきのかわ)中学校です。

 

中学時代は友達がサッカー部に入部したので流されてサッカー部に入部していますが、やめたくてたまらなかったそうです。

 

中学時代も完全に目立たないグループにいて、スクールカーストの底辺近くにいたようです。

 

そのためヤンキーに見下されているのが嫌だったとインタビューで述べています。

 

「長崎の田舎ですから、腰パンのヤンキーがモテるんです。そういうやつらに見下されているのがたまらなかった。勉強もせずにゲーセン行ってるようなあいつらに未来なんかない。俺はこいつらより絶対すごいはずだと思い込んで生きていました」

 

なお当時はポケモンにハマっていたそうです。

 

父親の転勤があったことから中学2年生の時に長崎市内の中学校に転校していますが、転校先の学校は不明です。

 

また川谷さんはサッカー部をやめたかったことから転校が決まった際にはガッツポーズをしたと述べています。

 

加えて転校先の中学校は非常に荒れており不良が多かったことから、「早く抜け出したかった」と述べています。

 

川谷絵音の学歴~出身小学校の詳細

 


 

出身小学校:長崎県 松浦市立調川小学校

 

 

 

川谷絵音さんの出身小学校は、松浦市内の公立校の調川小学校です。

 

家族構成は両親と7歳上の姉、6歳上の兄の5人家族です。

 

 

父親は高校の世界史の先生でした。

 

子供の頃はかなり甘やかされて育ったとのこと。

 

子供の頃は祖父母の影響で演歌ばかり聴いていたそうです。

 

「僕の場合、長崎県の五島列島というところにおじいちゃんがいて。そのおじいちゃんが劇団をやっていて、おばあちゃんが日本舞踊をやってたんです。そういう環境だったので、小さい頃は美空ひばりさんの曲をずっと歌わされて、演歌ばかり聴いてました。演歌が自分の原点ですね。その影響で歌がすごく好きです」

 

 

またきょうだいの影響で、小学校時代からJ-POPを聴きはじめ、音楽にも親しんでいます。

 

 

小学生時代の川谷さんは「シャ乱Q」や「TMレボリューション」などの楽曲がお気に入りでした。

 

当初は非常に活発でしたが、小学校3年生の初恋を境に非常に人見知りな性格になってしまったとインタビューで話しています。

 

なお小学校時代はサッカーにも打ち込んでいます。

 

 

以上がゲスの極み乙女。川谷絵音さんの学歴や学生時代のエピソードのまとめです。

 

グループはNHKの紅白歌合戦に出場するほどの人気を誇りましたが、ベッキーさんとの不倫騒動や未成年者との飲酒問題で躓きました。

 

 

とは言え音楽的な才能は傑出している人物ですし、未だに根強い人気も誇っています。

 

今後の大きな飛躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ