石野卓球の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代

 

石野卓球(いしの たっきゅう)

 

 

19671226日生

身長169

血液型はO

 

静岡県静岡市出身のミュージシャン

電気グルーヴのメンバー

本名は石野文敏(ふみとし)

 

以下では石野卓球さんの出身中学校や高校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介します




 

学歴~出身高校・大学

 

スポンサードリンク



 

出身高校:静岡学園高校 偏差値63(やや難関・現在)

 

 

石野卓球さんの出身校は、私立の共学校の静岡学園高校です。

 

同校は部活動が盛んで、特にサッカー部は全国高校サッカー選手権で優勝したこともあるほどの強豪です。

 

石野さんがこの高校に入学した際には1学年上にサッカーの「キングカズ」こと、三浦知良さんが在籍していましたがほどなくして中退してブラジルに渡ったことからふたりは面識がありません。

 

また石野さんは高校時代は友人2人とのユニットを経て、テクノバンド「人生」を結成しています。

 

(高校時代)

 

そして「人生」のライブに来ていたのが後にともに「電気グルーヴ」を結成することになるピエール瀧さんでした。

 

高校3年生の時に瀧さんも人生に合流しています。

 

なお石野さんは高校時代を「懲役3年」とインタビューで述べるほどで、決して充実した高校生活ではなかったようです。

 

またパジャマ姿で高校に登校したエピソードも残っています。

 

加えて当時の同校は男子生徒は丸刈りの校則があったことから、石野さんも坊主頭でした。

 

(高校時代の卒アル・右眉を剃り落したためマジックで書いている)

 

【主な卒業生】

キャプテン渡辺(お笑い芸人)

 

そして石野卓球さんは高校卒業後は、大学に進学していません

 

当初はエロ本の編集者になりたいと思いましたが、人生のインディーズデビューが決まったことで上京して音楽活動に専念しています。

 

(人生時代)

 

後にメンバーの脱退を契機に人生は解散しますが、22歳の時にピエール瀧さんらとテクノバンド「電気グルーヴ」を結成しています。

 

 

そして1997年にリリースした8thシングル「シャングリラ」が大ヒットして、日本でも有数の人気テクノバンドになっています。

 

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校

 

出身中学校:静岡市立高松中学校 偏差値なし

 

 

石野卓球さんの出身中学校は、地元静岡市内の公立校の高松中学校です。

 

中学時代は卓球部に所属しており、それが芸名の「卓球」の由来になっています。

 

ただし石野さんは極度の運動音痴で、卓球部に入部したのも運動部に所属すれば自転車通学が認められるからだったため、部活動は完全に幽霊部員でした。

 

(中学時代・後ろ)

 

また中学時代もバンドは組んでいませんでしたが、電子オルガンやキーボードを使って多重録音に挑戦するなど曲作りをはじめています。

 

その際には電気のこぎりやドラム缶の音を鳴らし、妹に迷惑がられていますが、後に妹はその際の体験を詩にしてコンテストで入賞しています。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校

 

出身小学校:不明

 

石野卓球さんの出身小学校は、静岡市内の公立校ですが校名などは不明です。

 

ただし出身小学校の校区からすれば、次の3校のいずれかの可能性が高いはずです。

 

静岡市立森下小学校

静岡市立南部小学校

静岡市立富士見小学校

 

実家はパン屋ですが、父親は土木業もやっていました。

 

 

石野さんは小学校時代に祖母に買ってもらったY.M.O.のサウンドに衝撃を受けて音楽に目覚めています。

 

ただしあまりにY.M.O.のレコードを聴きすぎたことから、母親に「イエローマジック禁止令」を出されるほどでした。

 

以上が石野卓球さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

「シャングリラ」でブレイク後は電気グルーヴは有数のテクノバンドに成長しましたし、日本のテクノシーンをけん引している存在と言っても過言でありません。

 

 

またグループでの活動のほか、石野さんはその破天荒な言動からラジオ番組の人気パーソナリティとしても知られます。

 

ファンからは絶大な人気を誇っており人物なので、今後のさらなる活躍を期待したいところです。

 

ピエール瀧の学歴と経歴|出身高校中学校や大学の偏差値

 

スポンサードリンク






 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ