乙武洋匡の学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代のエピソード

 

作家でタレントの乙武洋匡さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。大学時代に「五体不満足」で時の人になった乙武さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、当時の画像なども併せてご紹介いたします

 

 乙武洋匡(おとたけ ひろただ)

 

 

197646日生

身長107㎝、体重38

血液型はA型

 

東京都新宿区出身のタレント、作家、YOUTUBER

本名同じ

 

以下では乙武洋匡さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴・プロフィールの詳細

 

当初はスポーツライターとして活動し、ニュース番組にサブキャスターとして出演したこともある。 

1998年に著書「五体不満足」を発表し、500万部を超えるベストセラーとなる。 

以降はタレントとしても活動して、「さんまのまんま」や「みなさんのおかげでした」、「笑っていいとも!」などのバラエティー番組に出演。

「ワイドナショー」にも不定期出演している。 

2013年の映画「だいじょうぶ3組」にも出演した。 

講演活動もおこなっており、著書も多数。 

私生活では20013月に一般人女性と結婚し3人の子供をもうけるも、自身の不倫報道がきっかけになって2016年に離婚した。

 

乙武洋匡の学歴~出身大学(早稲田大学・明星大学)の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:早稲田大学 政治経済学部経済学科 偏差値70(超難関)

 

 

 

乙武洋匡さんは高校卒業後は、名門私立大の早稲田大学に進学しています。

 

この大学には現役での合格ではなく、1年間の浪人生活を経て入学しました。

 

大学1年生の秋には「早稲田いのちのまちづくり実行委員会」に参加をしており、大学生活の中でも特に印象に残っていると話しています。

 

 

当初はごみのリサイクル活動に取り組んでいましたが、活動が進んでいくうちに地域のバリアフリーを整備していく必要性に気づき、力を貸してほしいと声をかけらました。

 

そして車いすの学生が参加していることが新聞に掲載されるなど話題になったことから、自身のドキュメンタリーを書かないかという依頼を受けました。

 

乙武さんは大学3年生だった1998年に自身の生活体験をつづった「五体不満足」を出版するとベストセラーとなり、一躍「時の人」となっています。

 

 

ちなみにこの書籍はトータルで600万部を超えており、日本の書籍の第3位の記録を有しています。

 

乙武さんが20歳の頃にはバスのスロープなどはほとんどなく、駅に行ってもエレベーターもなかったことから不便な思いをしたことを明かしています。

 

また乙武さんは周囲から大学卒業後は福祉の道に従事することが自然だと思われていたことを煩わしく思っており、この道に進みたいとは思っていませんでした。

 

当時のことについてはインタビューで次のように語っています。

 

「幸か不幸か顔が売れた自分が福祉に進めば、やっぱり『障害者は福祉』という固定概念がロックされてしまう。逆に、意外性のある分野で期待を裏切りたいと思いました。」

 

そして当時はパラリンピックも知られておらず障害とスポーツのつながりはなかった時代ですが、体を動かすことが好きだったこともあり、その上にいい意味で世間を裏切れると思ったことからスポーツライターの道に進むことを決意しました。

 

乙武さんは大学時代からすでに教育の対する関心を持っており、真剣に勉強をして国家公務員1種の資格を取り、文科省に入ることを考えた時期もあったといいます。

 

大学卒業後は7年間スポーツライターとして活躍をしています。

 

 

その間に明星大学通信制課程人文学部に学士入学して、2007年2月に小学校の教員免許を取得しています。

 

するとこの年の4月に小学校の教員に転向して、杉並区立第四小学校に勤務しています。

 

 

ちなみに教員に転身した理由はこの7年間の間に子供が相次いで命を奪い奪われると言った事件が起きたことから教育の重要性に気づいたからです。

 

33歳だった2010年3月に勤務先の小学校を退職しています。

 

乙武さんは以降は作家やロックバンドのボーカル、東京都の教育委員など多岐にわたる活動を展開しています。

 

 

またコメンテーターとして「ワイドナショー」などにも出演しています。

 

 

2015年には政策研究大学院大学に進学しています。

 

2016年には参議院議員選挙に自由民主党から出馬することを検討していましたが、自身の不倫問題から出馬を辞退しています。

 

2020年にはYOUTUBEに公式チャンネルを開設しています。

 

 

加えて2022年5月には、この年の参議院議員選挙に無所属で出馬することを明らかにしています。

 

 

こちらも注目です。 

 

スポンサードリンク

 

乙武洋匡の学歴~出身高校(都立戸山高校)の詳細

 

出身高校:東京都 戸山高校 偏差値72(超難関)

 

 

 

乙武洋匡さんの出身校は、都立の共学校の戸山高校です。

 

同校は1888年開校の都立高校の中でも2番目に古い伝統校で、古くから進学校として知られています。

 

この高校の2021年の主な進学実績は次の通りです(浪人生含む)。

 

東京大学:12名

一橋大学:10名

東京医科歯科大学:5名

京都大学:7名

 

早稲田大学:76名

慶応義塾大学:36名

上智大学:23名

明治大学:112名

 

乙武さんはこの高校には一般受験で入学しており、高い学力を有していました。

 

また高校時代はアメリカンフットボール部に在籍して、部活動にも打ち込んでいました。

 

もちろんプレーヤーではなく、相手チームの分析担当でした。

 

また高校時代は文化祭の映画製作などを熱心におこなっています。

 

加えて乙武さんは高校時代までは弁護士志望でした。

 

前記のように大学は法学部ではなく政治経済学部に進学しているので、浪人時代に進路変更したようですね。

 

【主な卒業生】

東条英機(元内閣総理大臣、海軍大将)

森永卓郎(評論家)

山口崇(俳優)

長塚圭史(俳優)

片瀬那奈(女優・定時制課程)

 

スポンサードリンク

 

乙武洋匡の学歴~出身中学校(世田谷区立用賀中学校)の詳細

 

出身中学校:東京都 世田谷区立用賀中学校 偏差値なし

 

 

 

乙武洋匡さんの出身中学校は、地元世田谷区内の公立校・世田谷区立用賀中学校です。

 

中学時代はバスケットボール部に在籍をしていました。

 

バスケットボール部ではドリブルを練習し、試合に出場経験もあります。

 

中学時代から弁護士に憧れたことをインタビューで明らかにしています。

 

【主な卒業生】

角谷暁子(アナウンサー)

小川ローザ(ファッションモデル)

 

乙武洋匡の学歴~出身小学校(世田谷区立用賀小学校)の詳細

 



 

出身小学校:東京都 世田谷区立用賀小学校

 

 

 

乙武洋匡の出身小学校は、地元世田谷区内の公立校・世田谷区立用賀小学校です。

 

家族構成は両親と本人の3人家族です(ひとりっ子)。

 

 

父親が建築家だったことから、自宅には建築雑誌が並んでいて幼いころから建築が身近でした。

 

乙武さんは生まれつきに先天性四肢欠損という障害を負っており、生まれた時から両腕と両足がありませんでした。

 

生後間もない頃のことについてインタビューで次のように語っていました。

 

「『身体に少し異常がある』とだけ伝えられただけで、母は私の待つ病室に向かった。母は、両手両足のない私の姿を見て『かわいい』と笑顔で呟いた。ショックで泣き崩れることも、目を背けることもなかった。」

 

 

また自身の小学校時代についてはインタビューで次のように振り返っています。

 

「世田谷区の小学校に通っていたのですが、小学1年生のときにファミリーコンピュータが発売されたこともあって、友だちの家でファミコンをやって遊ぶか、広場のような場所に集まってサッカーや野球をしていました。」

 

子供の頃から活発に過ごしており、スポーツも大好きでした。

 

乙武さんは周囲に恵まれていたこともあり、子供の頃からあまり障害を辛く感じたことはなかったといいます。

 

両親は「この子は一生寝たきりかもしれない」という間あげだったため、寝返りをうったりご飯を食べるなど当たり前のことができただけでプラスに捉えてくれたため、大切にされているという自己肯定感を育むことができたとのことです。

 

 

以上が乙武洋匡さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

大学時代に著書「五体不満足」がベストセラーになって、一躍時の人になっています。

 

その後も作家やタレントなどマルチに活動しています。

 

今後のさらなる活躍にも期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ