武田真治の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と学生時代

武田真治(たけだ しんじ)

 

04

 

19721218日生

身長165

血液型はAB型

 

北海道出身の俳優、タレント

本名同じ

 

以下では武田真治さんの出身中学校や高校の偏差値、学生時代のエピソードをご紹介いたします




 

経歴・プロフィールの詳細

 

1989年に「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリを獲得して芸能界入り。 

1990年のドラマ「なかよし」で俳優デビュー。 

1991年の「僕の歌は君の歌」でドラマ初主演。 

1992年の「七人のおたく」で映画初出演。 

1994年の「南くんの恋人」で連続ドラマ初主演。 

以降も「こんな私に誰がした」や「フェイス」、「君の手がささやいている」などのドラマに主演。 

映画でも「大いなる幻影」や「子猫の涙」、「今日からヒットマン」などに主演している。 

「めちゃイケ」などのバラエティー番組にも出演している。

 

学歴~高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:札幌北陵高校 偏差値53(当時・普通)

※後に都立高校に転校して卒業

 

 

武田真治さんが入学したのは、道立の共学校の札幌北陵高校です。

 

同校は現在では進学実績が上がり偏差値も59程度と進学校化していますが、武田さんが在籍した当時はさほどではありませんでした。

 

(高校時代)

 

チェッカーズに影響を受けて中学2年生の時からサックスをはじめて、高校時代もサックス奏者になるために猛練習していました。

 

高校生の時には地元のアマチュアバンドで演奏をしていたほどですから、かなりの腕前だったようです。

 

また校内でもバンドを結成しており、文化祭などでも演奏を披露したことをインタビューで明らかにしています。

 

「高校に進学すると文化祭でバンド・デビューをしたのですが、そのときはZIGGYという人気ロックバンドの曲を演奏しました。もともとはサックスのない曲でしたけれど、チェッカーズを聴いて育ちましたからサックスでカウンター・メロディーを自分なりにフレーズを作って入れました。音楽でお客さんに喜んでいただく楽しさも、その文化祭のステージで初めて味わったかもしれません」

 

ただし武田さんはあまりにサックスの練習に熱を入れ過ぎて、高校時代の成績は悪かったそうです。

 

高校2年生の時に「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリに輝いて芸能界入りしたことから、同校から都立高校(校名などは不明)へ転校して卒業しています。

 

なおオーディションに応募したのも俳優になるためではなく、サックス奏者への足掛かりを掴むためと明かしています。

 

そして高校3年生の頃に俳優デビューを飾り、宮沢りえさん主演のトレンディードラマ「いつか誰かと朝帰りッ」では、早くもレギュラーキャストに起用されています。

 

 

そして武田真治さんは高校卒業後は大学などに進学せず芸能活動に専念しています。

 

高校卒業直後の4月には単発ドラマ「僕の歌は君の歌」で、はじめての主演を務めています。

 

20歳の時に出演したテレビドラマ「NIGHT HEAD」で俳優として注目されています。

 

(右は主演の豊川悦司)

そして以降は「南くんの恋人」や「若者のすべて」、「じゃじゃ馬ならし」などの連続ドラマに出演してブレイク。

 

(南くんの恋人 共演は高橋由美子)

 

(若者のすべて 左は木村拓哉)

 

その後の活躍は目覚ましく、一時はアイドル的な人気を誇り、連続ドラマに立て続けに主演したほどでした。

 

当時はいしだ壱成さんや萩原聖人さんらと並んで中性的な「フェミ男」の代表格としてもてはやされました。

 

また武田さんの代表作であるテレビドラマ「君の手がささやいている」はシリーズ化され、5年に渡り制作されたほどです。

 

 

この作品では聴覚障がい者のヒロインを演じた菅野美穂さんの恋人・夫を演じていますが、武田さんの演技の評価も高く、作品も高い評価を受けたことでも知られています。

 

30歳を超えてからは脇役での出演が多くなりますが、コンスタントにテレビドラマや映画に出演しています。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校 

 



 

出身中学校:札幌市立篠路西中学校 偏差値なし

※入学は札幌市立篠路中学校

 

武田真治さんの出身中学校は、地元である札幌市内の公立校の篠路西中学校です。

 

武田さんが入学したのは札幌市立篠路中学校ですが、中学校2年生の上がるタイミングで新設されたこの中学校に移っています。

 

中学時代にチェッカーズの藤井尚之さんの大ファンだった姉の影響でサックスに興味を持っています。

 

(藤井尚之)

 

武田さんはお姉さんにとても可愛がられて育っており、中学1年生の時にお姉さんがチェッカーズが出演している音楽番組を見て「尚之さんがカッコイイ」と言った言葉に反応したとのこと。

 

そのため父親にサックスを買ってくれとねだりますが、決して安価な楽器ではなかったことから当初は却下されています。

 

また当時の武田さんは小遣いをもらっておらず、お金をもらえるチャンスはお年玉だけだったので、それをコツコツと貯めて購入資金にしようとしましたが、ラジコンにハマって貯金を崩してしまったことを明らかにしています。

 

そして中学3年生の時にようやく父親がサックスを買ってくれました。

 

サックスを手にした武田さんはすぐにのめり込んで、この頃から将来はサックスプレーヤーになろうと心に決めています。

 

なお武田さんは後にこの中学校を訪れて、得意のサックスを披露したこともありました。

 

また武田さんは中学校・高校時代を通じてサックスに熱中していたことから、部活動はおこなっていません。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校

 

出身小学校:不明

 

武田真治さんの出身小学校は不明です。

 

ただし出身中学校の校区からすれば、以下の3校のいずれかの可能性が高そうです。

 

札幌市立茨戸(ばらと)小学校

札幌市立篠路西小学校

札幌市立太平小学校

 

家族構成は両親と姉と妹の5人家族です。

 

子供の頃から家族仲がよく、お姉ちゃん子として育っています。

 

ちなみに武田さんはインスタグラムでお姉さんとの2ショットを投稿したことがあり、その際には「美しすぎる姉」と話題になっています。

 

 

小学校時代の武田さんはお姉さんの影響でピアノを習っており、また剣道もやっていました。

 

ただし武田さんの小学生時代の情報はほとんど見当たりません。

 

以上が武田真治さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

全盛期には話題作の連続ドラマの主演に立て続けに起用されるなど、絶大な人気を誇っていました。

 

 

現在でもSPドラマで主演したり、連続ドラマで主要キャストを務めるなど、未だに根強い人気を誇っています。

 

加えて「めちゃイケ」などの人気バラエティー番組などにも出演しています。 

 

 

さらには鍛え抜かれた筋肉美がすごいと話題になったこともありました。

 

 

その他にもサックス奏者としてアルバムをリリースしたり、ミュージカルなどでも精力的に活動を展開するなどしており、マルチな活動を展開しています。

 

今後の活動にも注目です。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ