金城武の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値と学生時代

 

金城武(かねしろ たけし)

 

 

 

19731011日生

身長180

血液型はO

 

台湾台北市出身の俳優

本名同じ

 

以下では金城武さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

金城武の学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:台湾 台北アメリカンスクール レベル不明

 

 

金城武さんの出身校は、私立の共学校の台北アメリカンスクールです。

 

この学校は台湾では有名なアメリカンスクールで、外国籍でなければ入学ができない、相応の英語力、高額な学費など入学するのは困難なことで知られています。

 

そのため金城さんも入学のために英語を猛勉強して、入学試験に合格して入学しています。

 

現在は英語はペラペラの金城さんですが、この学校時代に自身の英語力を磨いています。

 

また金城さんは子供の頃からスポーツが得意でしたが、高校時代にはバレーボール部に所属しています。

 

高校時代は非常に充実していたようで、本人もこの時期が一番楽しかったとインタビューで話しています。

 

その一方で金城さんは高校時代にタバコを吸いはじめています。

 

加えて高校時代に芸能事務所にスカウトされて、CMでデビューしています。

 

 

そして金城武さんは高校卒業後は大学に進学せずに、芸能活動に専念しています。

 

高校卒業後には歌手デビューも果たして、アイドルのような人気を誇っています。

 

 

当時はジミー・リンさんやアレックス・スーさん、ニッキー・ウーさんと並んで、「台湾四小天王」と呼ばれています。

 

 

19歳の時に台湾のテレビドラマ「草地状元」で俳優デビューし、以降は俳優として数々の台湾の人気テレビドラマや映画に出演しています。

 

そして22歳の時にテレビドラマ「聖夜の奇跡」で日本で俳優デビューしています。

 

 

そして25歳の時に連続ドラマ「神様、もう少しだけ」ではじめて主演に起用されています。

 

 

また2000年にはテレビドラマ「二千年の恋」で中山美穂さんとW主演しています。

 

 

以降も日本や台湾、香港などの作品に出演して、ワールドワイドに活躍しています。

 

スポンサードリンク

 

金城武の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:台湾 台北市日僑学校中学部 偏差値不明

 

 

金城武さんの出身中学校は、私立の共学校の台北市日僑学校です。

 

この学校は別名台北日本人学校と呼ばれており、台北市内では最大の日本人学校です。

 

またこの学校は小学部と中学部を設置しており、金城さんが在籍していた時には、当時台北市に在住していた女優の石田ゆり子さんとひかりさんの姉妹も在籍していました。

 

加えてこの学校は高等部は設置していないことから、高校はこの学校の真向かいにある台北アメリカンスクールに進学する生徒が多いそうです。

 

金城さんも友達が多くの友達が台北アメリカンスクールに進学すると知って、中学3年生の時から猛勉強をはじめています。

 

その頃の様子を金城さんはインタビューで次のように語っています。

 

「あの頃、日本人学校とアメリカンスクールはずっと何かしらの友好関係があったようで、日本人学校の同級生が何人も一緒に入学試験を受けました。英語もあわててつめこみました。突然高校を受けることになり、突然英語の補習クラスに入ったんです

 

その甲斐もあって、台北アメリカンスクールに合格して進学しています。

 

スポンサードリンク



 

金城武の学歴~出身小学校

 


 

出身小学校:台湾 台北市日僑学校小学部

 

 

金城武さんの出身小学校は、台北市日僑学校小学部です。

 

家族構成は両親と兄2人の5人家族です(3人兄弟の末っ子)。

 

父親が日本人で母親が台湾人のハーフで国籍は日本ですが、生まれたのは台湾の台北市です。

 

また父親は実業家で裕福な家庭に育っており、台北市内の高級住宅街に住んでいました。

 

小学校の頃からスポーツが好きな活発な少年でした。

 

また小学校の卒業文集には「スーパーマンか警察官になる」と書いています。

 

以上が金城武さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

元祖「逆輸入俳優」として活躍して、「神様、もう少しだけ」や「二千年の恋」、「ゴールデンボウル」などの連続ドラマで活躍してきました。

 

 

また2008年に主演した日中香港の合作映画「レッドクリフ」は大きな話題となりました。

 

 

このところは香港や中国の映画への出演が多く、現地でも高い評価を受けています。

 

最近は日本の作品に出演が少ないのが残念ですが、今後のさらなる飛躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク





 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ