華村あすかの学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代

 

華村あすか(はなむら あすか)

 

 

1999318日生

身長168

血液型はA

 

山形県出身の女優、グラビアアイドル

本名は佐山明日香

 

以下では華村あすかさんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

学歴~出身大学

 

スポンサードリンク



 

出身大学:首都圏の短期大学

 

華村あすかさんの出身大学は、首都圏の短期大学ですが校名などは不明です。

 

20172月に大学進学のための住まい探しをしていたところ原宿でスカウトされたことを公表しており、短大に進学したことは間違いありません。

 

「スカウトされてから、短大に通いながらレッスンを受けて、『週刊プレイボーイ』の初仕事から、一つひとつの仕事が次につながって、想像していなかったことしか起きてなくて、まさかのまさかです」

 

当時はキャビンアテンダントになることが夢で、芸能界は考えてもいなかったとインタビューで話しています。

 

そして大学1年生の8月に「週刊プレイボーイ」のグラビアでデビューを飾っています。

 

 

ただし同じ月にデビューが決まってから家族と話し合って短大を中退して、芸能活動一本に絞っています。

 

「「せっかくだから芸能活動をやってみようか」という話になったので学校を辞めて、仕事一本に絞りました」

 

そのため大学に通学したのはわずか4か月間であることから、入学した大学の特定も困難になっています。

 

ただし後述の出身高校のレベルや現役で大学進学していることから、在籍した短大はさほど高いレベルではなさそうです。

 

ちなみに東京の戸板女子短期大学はキャビンアテンダントに特化した学科を設置していますが、他の短大の英語科や国際科などからもキャビンアテンダントは目指すことはできます。

 

とは言えその後は168㎝の高身長と抜群のプロポーションで、人気グラビアアイドルになっています。

 

また19歳だった2018年の4月にテレビドラマ「宮本から君へ」で女優デビューすると、同じ年の9月には「初恋スケッチ」で映画にも初出演しています。

 

 

2019年にはWEBドラマ「仮面ライダージオウ」のスピンオフ作品でヒロインも務めています。

 

 

今後は女優としての活動が中心となっていくようですが、出演作が増えていくことは確実なので注目です。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身高校

 

出身高校:山形県 高畠高校 総合学科 偏差値44(容易)

 

 

華村あすかさんの出身校は、県立の共学校の高畠高校です。

 

この高校は華村さんの地元・米沢市の隣町の高畠町にある高校で、1922年開校の伝統校です。

 

華村さんは高校時代はバスケットボール部に所属しており、高身長を活かして主力選手として活躍していました。

 

華村さんも自身の高校時代を次のようにインタビューで話しています。

 

「高校では部活(バスケットボール)を頑張っていたので、テレビもあまり見ていませんでした。女子力の高いタイプでもないですし、変顔もなんの恥じらいもなくできる。クラスでもそんなに目立つ方ではなく、影が薄いというわけでもなく、普通だったと思います」

 

またグラビアアイドルとして人気の高い華村さんですが、高校時代は部活に打ち込んでいたため海にも行くことができず、ビキニも着たことがなかったと話しています。

 

さらに当時は遊ぶ暇もなかったそうです。

 

「バスケの練習が終わると夜8時とかで、電車が1時間に1本しかないから8時台の最後に乗って、家に着くのが9時過ぎ。遊ぶ時間は全然ありませんでした」

 

また高校時代は電車通学でしたが、部活の朝練があったことからほぼ始発電車に乗っていたと話しています。

 

意外にも高校時代の華村さんはいじられキャラだったそうです。

 

「私、ヌケてるから、みんなからよくいじられてましたね(笑)。友達だけでなく先生からも「おまえ、頭のネジ、どこに置いてきたんだ?」なんて言われたり(笑)

 

当時からキャビンアテンダントを志望していたため、高校時代も英語の勉強を頑張りました。

 

「総合学科で300教科くらいから自分で選択するんですけど、私は英語をメインでほとんど取って、あとは国際理解に世界史に数学を少し……という感じでした」

 

加えて当時を振り返って、自分と芸能界はずっと無縁の世界だったと述べています。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校

 

出身中学校:山形県 米沢市立第二中学校(有力) 偏差値なし

 

 

華村あすかさんの出身中学校は、地元米沢市内の公立校の第二中学校が有力です。

 

中学時代もバスケットボール部に所属しており、スポーツは得意なようです。

 

「学生時代はバスケットをやっていました。もともと体を動かすことが好きで、最近は筋トレだけだと動き足りないと感じていたのでランニングもしています。もっと、激しい運動をしたいなと思っていて、今はボルダリングに興味を持っています」

 

ちなみにバスケットボール部ではガード以外のすべてのポジションをこなしたそうで、中学校時代はセンターを務めていました。

 

中学校2年生の時にキャビンアテンダントに憧れており、ずっとなりたい職業だったとのこと。

 

加えて華村さんは中学時代はガラゲーしか持っておらず、母親に何百回もスマホを買ってほしいとねだったのですが、「まだ早い」とか「今持ってもロクなことがない」と却下されており、高校時代にようやくスマホを買ってもらっています。 

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校

 

出身小学校:山形県 米沢市立愛宕小学校(有力)

 

 

華村あすかさんの出身小学校は、地元米沢市内の公立校の愛宕(あたご)小学校が有力です。

 

家族構成は両親と妹の4人家族です。

 

実家は米沢市の中心部から車で20分ほどの郊外で、華村さん曰く「ド田舎」だそうです。

 

周囲は田んぼばかりで、コンビニなどもなかったのこと。

 

「夏になると蛍の光が辺り一面を照らすような山の麓(ふもと)にあります。小さい頃は近くの川で魚を釣ったり、野山を駆け回ったり。よく傷をつけて帰ってくるような野性児でした

 

ただし実家は農家などではなく、父親の職業はサラリーマンです。

 

華村さんは小学校4年生の時からバスケットボールをやっており、何度かやめようと思いましたが、「青春のすべてを捧げた」と言い切るほど熱心に打ち込んでいます。

 

またバスケットボールのおかげで体力や忍耐力もついたと述べています。

 

以上が華村あすかさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

グラビアアイドルとしては彗星のごとく現れて、トップクラスの人気を誇るほどです。

 

 

またその後は女優としても活動を開始しており、話題作の連続ドラマや映画にも起用されています。

 

 

今後はさらに演技力を磨けば、女優としてブレイクする可能性も十分に秘めています。

 

年齢的にも伸び盛りですから、今後の大きな飛躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク






 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ