有安杏果の学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代のかわいい画像

 

歌手でタレントの有安杏果さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。ももクロ時代は「小さな巨人」の異名をとった有安さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、当時のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

有安杏果(ありやす ももか)

 

03

 

1995315日生

身長148

血液型はA型

 

埼玉県富士見市出身の歌手、女優

アイドルグループ「ももいろクローバーZ」の元メンバー

本名同じ

 

以下では有安杏果さんの学歴や経歴、出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

経歴・プロフィールの詳細

 

1995年(0歳):埼玉県富士見市で生まれる

1995年(0歳):赤ちゃんモデルとして芸能界入り

1998年(3歳):ジャストシステム「花子9」にてCMデビュー

1998年(3歳):「Looking For」にて映画デビュー

1999年(4歳):「フレンチポテトカップ」にてテレビドラマデビュー

2001年(6歳):富士見市立ふじみ野小学校入学

2004年(9歳):「ポンキッキーズ21」にレギュラー出演

        小学校高学年で転校

2007年(12歳):中学校入学

2009年(14歳):ダンスボーカルグループ「Power Age」に加入(3ヶ月で脱退)

2009年(14歳):ももいろクローバーに加入

2010年(15歳):日本大学櫻丘高校入学

2011年(16歳):クラーク記念国際高校の通信制課程に転校

2012年(17歳):NHK紅白歌合戦初出場

2013年(18歳):日本大学芸術学部写真学科に入学

2015年(20歳):映画「幕が上がる」に主演出演

2016年(21歳):横浜アリーナで単独ライブ「ココロノセンリツ」を開催

2017年(22歳):日本大学芸術学部写真学科を卒業

2017年(22歳):1stソロアルバム「ココロノオト」をリリース

2018年(23歳):ももいろクローバーZを卒業

2019年(24歳):25歳上の医師の男性と結婚

2019年(24歳):写真展「有安杏果 写真展 a song of Hope ~ヒカリの声~」を開催

2019年(24歳):YOUTUBE公式チャンネルを開設

 

有安杏果の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:日本大学 芸術学部 写真学科 偏差値43(容易)

 

 

 

有安杏果さんは高校卒業後は、日本大学に進学しています。

 

高校時代にカメラの興味を持ちしっかり勉強したいと思い、この大学の芸術学部写真学科に進学をしています。

 

同大を選んだことについて「結果、色彩や光のことまで学べて、すごく面白かったです」とインタビューで話していました。

 

 

高校時代から大学進学を明言しており、グループとしての活動もかなり多忙だったにも関わらず、大学に進学したのは立派のひと言です。

 

特に有安さんが高校3年生だった2012年にももクロはブレイクしたことから、受験勉強は大変だったはずです。

 

ちなみにももクロのメンバーで大学に進学したのは有安さんだけです。

 

また大学時代は4年間ももクロのメンバーとして芸能活動をおこなっていました。

 

 

特に大学3年生だった2015年には、メンバー全員が主演した映画「幕が上がる」が公開されています。

 

 

 

また大学4年生だった2016年には、はじめてのソロライブ「ココロノセンリツ」を横浜アリーナで開催しています。

 

 

このように有安さんは大学時代も芸能活動で大忙しでしたが、学業とも両立させて大学は留年することなくキッチリと卒業しています。

 

 

有安さんは大学の卒業式には自ら選んだ梅柄の袴姿で出席しており、次のようにコメントを残しました。

 

「単位を落とさずに4年で卒業できてホッとしています。友達と卒業できることがすごくうれしい」

 

卒業時には同大に在学していたことを初公表し、このことについては次のようにコメントをしました。

 

「メンバーとは楽屋で大学の話をしていたんですけど、これからは表でも『やっと言える!』って感じです」

 

また卒業の際には芸術学部から芸術学部長特別表彰を受賞されており、また写真学科から写真学科奨励賞を授与されています。

 

 

芸術学部長特別表彰は有安さんが第一号という快挙を達成し、インタビューでは次のように話しています。

 

「ももクロの活動をしつつ学業にも励んだことを評価してもらえた。メンバーが協力してくれたから両立できたので、みんなのおかげ。一人では獲れてないです」

 

大学の成績も優秀だったようです。

 

大学卒業後もももクロのメンバーとして活動していましたが、22歳だった2018年1月にグループからの卒業を突然発表して大きな話題になっています。

 

 

また2019年11月には25歳年上の医師の男性と結婚しています。

 

 

またこの年にはYOUTUBEに公式チャンネルを開設しています。

 

 

有安さんは以降もソロ歌手やタレント、写真家としての活動を展開しています。 

 

スポンサードリンク

 

有安杏果の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:東京都 日本大学櫻丘高校 偏差値60(やや難関)

 

 

 

有安杏果さんが入学したのは、私立の共学校の日本大学櫻丘(さくらがおか)高校です。

 

この高校は1950年開校の日本大学の系列の私立高校で、部活動が盛んなことで知られています。

 

また同校はかつては男子校でしたが、2001年より男女共学になっています。

 

有安さんはこの高校に一般受験で入学しており、勉強もできました。

 

 

ちなみにこの高校は第一志望でした。

 

またこの高校は芸能活動を容認している点も進学した決めてだったようです。

 

高校時代も3年間にわたりももクロのメンバーとして活動していたので、部活動はおこなっていません。

 

有安さんは高校1年生の時にはじめて一眼レフを購入しており、当時のことについてインタビューでは次のように話しています。

 

「当時は写メの時代で、ブログ用に写真を撮る機会はたくさんあって、『もう少し良い写真を撮りたいな』と思っていました。あと、カメラマンさんに撮ってもらうことが多くて、撮る側に興味を持っていたり、メイキングのカメラをちょっと貸してもらったら、面白くて。それで中古の一眼レフを買って、大学も写真学科でちゃんと勉強したいと思いました。」

 

なお有安さんは高校2年生に上がるタイミングで、クラーク記念国際高校の通信制課程に転校しています。

 

この頃からももクロの人気が上昇しているので、より活動しやすい通信制の高校に転校したのでしょう。

 

【日本大学櫻丘高校の主な卒業生】

郷ひろみ(歌手)

ウエンツ瑛士(タレント)

やるせなす(お笑いコンビ)

富永みーな(声優)

潘めぐみ(声優)

 

出身高校:クラーク記念国際高校 通信制課程 偏差値なし

 

  

 

クラーク記念国際高校は北海道深川市に本部がある広域制の通信制高校で、全国の主要都市に50以上のキャンパスを設置しています。

 

またアクセスの良さや通学日数を選べることから、このところは進学する芸能人が増えています。

 

なお同校は他校と併願することなく、学ぶ意志さえあれば無条件で入学できるので偏差値はありません。

 

この高校では「℃-ute」のメンバーだった岡井千聖さんと同級生になっています。

 

有安さんがこの高校に編入した2011年4月に、サブリーダーの早見あかりさんが脱退してももクロは5人組になっています。

 

 

また高校3年生だった2012年に、ももクロは大ブレイクしてNHK紅白歌合戦にも初出場しています。

 

 

このように高校時代も仕事でかなり忙しかったようですね。

 

 

【クラーク記念国際高校の主な卒業生】

北川景子(女優)

指原莉乃(AKB48

市原隼人(俳優)

藤ヶ谷太輔(キスマイ)

 

スポンサードリンク

 

有安杏果の学歴~出身中学の詳細

 

出身中学校:不明

 

有安杏奈さんの出身中学校は不明です。

 

インターネット上には富士見市立勝瀬中学校との情報もありますが、有安さんが富士見市で過ごしたのは小学校時代までなので誤りでしょう。

 

自身の中学時代のことについてインタビューでは次のように話しています。

 

「中学では環境が変わってだいぶおとなしくなったんです。ノートにポエムを書くようになって。心の中で思っていることを誰かわかってくれないかな、という思いがあったのかもしれません。仲の良い子ができて、はっちゃけてスカート巻いたりしてた時期もありましたが、2年生になると高校受験を考えるようになって、割とおとなしく頑張っていました」

 

中学に入っておとなしくなった背景には小学校高学年で転校したことも関係しているようです。

 

中学3年生の時にダンス&ボーカルグループ「Power Age」に加入していますが、わずか3か月間で解散しています。

 

 

それでも中学3年生の7月にももいろクローバーに加入しています。

 

 

当時のことについてインタビューでは次のように話しています。

 

「(ももクロには)途中から入ったので、メンバーとして認めてもらうために、ただただ必死でした。高校受験もありましたが、負けず嫌いな気持ちが芽生えて『頑張ろ~』って。学校の友だちはもちろん家族といる時間よりもメンバーやスタッフさんといる時間のほうが長くて、青春だったなぁ~と。普通では経験できないことばかりで、かけがえのない時間でした」

 

有安杏果の学歴~出身小学校の詳細

 



 

出身小学校:埼玉県 富士見市立ふじみ野小学校

※後に転校

 

 

 

有安杏果さんが入学したのは、埼玉県富士見市内の公立校のふじみ野小学校です。

 

家族構成は両親と3人家族です(ひとりっ子)。

 

有安さんは0歳の頃から赤ちゃんモデルとして活動しています。

 

自身の幼少期についてはインタビューで次のように話しています。

 

「0歳の頃から赤ちゃんモデルをして、3歳からドラマとかにも出演して。現場の雰囲気とかセリフもすごい覚えています。」

 

3歳の頃から卒園までバレエ教室にも通っていました。

 

05

 

子供の頃から日記を書いたり手紙を書いたり、実際に文字を書くことが好きだったこともあり文房具が好きだったと自身のブログに綴っています。

 

小学校時代は子役やキッズモデルとして活動しており、「ポンキッキーズ」などのテレビ番組に出演していました。

 

子役としては「はぐれ刑事純情派」や「金田一少年の事件簿」などに出演していました。

 

 

加えて有安さんはジャズダンスを幼少期からはじめており、小学校時代には特待生としてEXPGに入学しています。

 

EXPGではExileのメンバーの松本利夫さんからレッスンを受けていました。

 

 

なお小学校高学年の時に転校をしていますが、転校先の学校の校名などの詳細は不明です。

 

以上が有安杏奈さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

ももクロ時代はスキルの高いダンスパフォーマンスなどで、「小さな巨人」の異名もとっていました。

 

グループからの卒業や医師の男性との結婚で世間を大いに驚かせました。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ