井上晴美の学歴|出身高校や中学校の偏差値と学生時代

 

井上晴美(いのうえ はるみ)

 

ˆ 

1974923日生

身長164

 

熊本県熊本市出身のタレント、女優

本名は北村仁絵(きたむら きみえ)

 

以下では井上晴美さんの学歴や出身中学校や高校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介します




 

学歴~出身高校・大学

 

スポンサードリンク



 

出身高校:東京都 新宿山吹高校 偏差値53(普通)

 

 

井上晴美さんの出身校は、都立の共学校の新宿山吹高校です。

 

この高校は定時制・単位制のみ設置している都立校で、無学年で校則や制服がない自由な校風で知られています。

 

井上さんは中学時代にスカウトされて、高校にあがるタイミングで上京し、この高校に入学しています。

 

高校時代はタレントの中江有里さんと同級生でした(ただし中江さんは高校に入学し直したため年齢は1歳上)

 

 

上京するまでは田んぼや畑が広がっている熊本市の郊外に住んでいたことから、カルチャーショックを受けたことをインタビューで述べています。

 

窓も小さいし、「緑」とか「自然」もないし、ユニットバスでトイレとお風呂が一緒だったから、もうびっくり! そのギャップに最初はショックを受けました」

 

高校2年生の時にアイドルユニット「桜っ子クラブさくら組」でアイドルとしてデビュー。

 

 

このユニットは約2年半の活動でしたが、菅野美穂さんや中谷美紀さん、持田真樹さんらも在籍していたことで知られています。

 

井上さんは同じ年に1stシングル「ふりむかないで」でアイドル歌手としてもデビューを飾っています。

 

 

また高校3年生の時にはテレビドラマ「映画みたいな恋したい」で女優としてもデビューしています。

 

【主な卒業生】

本田翼(女優)

ソニン(歌手)

 

そして井上晴美さんは高校卒業後は大学に進学せずに、芸能活動に専念しています。

 

アイドル歌手としては芽が出ませんでしたが、高校時代に巨乳タレントブームに乗ってグラビアアイドルとしてブレイクし、タレントとしても数多くのバラエティー番組に出演しています。

 

 

またバストに1億円の保険をかけたことも話題になっていました。

 

加えて高校を卒業した年には連続ドラマ「湘南女子寮物語」のレギュラーに起用されています。

 

 

以降は女優としては「スチュワーデスの恋人」や「最高の片想い」、「ナースのお仕事」などの数々の人気ドラマに出演。

 

 

25歳だった1999年には幻冬舎のポスターのモデルでヌードとスキンヘッドを披露して大きな話題になって、同じ年にヘアヌード写真集「LIVE」を出版しています。

 

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校

 

出身中学校:熊本市立東野中学校 偏差値なし

 

SONY DSC

 

井上晴美さんの出身中学校は、地元の熊本市内の公立校の東野中学校です。

 

中学時代までは水泳に打ち込んでおり、全国大会に出場したこともあるほどの実力でした。

 

そのため後に「オールスター感謝祭」の水泳大会に出場したこともありました。

 

 

ちなみに得意種目は平泳ぎでした。

 

井上さんは当時から芸能界に憧れており、中学3年生の時にスカウトされて芸能事務所入りしています。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校

 

出身小学校:熊本市立若葉小学校(有力)

 

 

井上晴美さんの出身小学校は、熊本市立若葉小学校が有力です。

 

ただし、熊本市立秋津小学校の可能性もあります。

 

家族構成は両親と3人きょうだいで、弟の北村栄基さんは俳優として活動しています。

 

また上京するまでは2世帯住宅に住んでおり、食事は祖父母も一緒という大家族で育っています。

 

実家は熊本市の郊外で農家を営んでいました。

 

井上さんは子供の頃から体が弱かったことから、3歳の頃から水泳をはじめています。

 

小学校時代はメキメキと実力をつけて、小学校5年生の時には九州ジュニア水泳大会で優勝。

 

小学校6年生の頃にも平泳ぎ200mの九州大会で優勝しており、全国大会にも出場しています。

 

以上が井上晴美さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

グラビアアイドルとしてブレイク後は、タレントや女優としてマルチに活躍してきました。

 

 

また31歳の時にカナダに留学した際に同い年のメキシコ人男性と結婚。

 

その後は故郷の熊本県に戻って古民家に住んでいることがたびたびバラエティー番組などで取り上げられています。

 

 

現在でも根強い人気を誇る人物だけに、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク






 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ