鶴田真由の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と若い頃のかわいい画像

 

女優の鶴田真由さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りします。数々の人気ドラマに出演した鶴田さんはどのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、若い頃のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

鶴田真由(つるた まゆ)

 

 

1970425日生

身長156

血液型はO型

 

神奈川県鎌倉市出身の女優

本名同じ(結婚前)

 

以下では鶴田真由さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介します




 

経歴/プロフィールの詳細

 

1988年のテレビドラマ「あぶない少年Ⅱ」で本格的に女優デビュー。 

1990年代前半のテレビドラマ「誰かが彼女を愛してる」や「ジェラシー」、「じゃじゃ馬ならし」などの出演で人気が上昇。 

1998年の「お仕事です!」で連続ドラマ初主演。 

以降も「つぐみへ…」や「恋する京都」などの連続ドラマに主演。 

「就職戦線異状なし」や「きけ、わだつみの声」、「沈まぬ太陽」などの映画にも出演している。 

私生活では2001年に芸術家の中山だいすけと結婚している。

 

鶴田真由の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:成城大学 文芸学部 偏差値58(当時)

 

 

鶴田真由さんは高校卒業後は、成城大学に進学しています。

 

この大学の系列の高校に通学していたことから、一般受験ではなく内部進学で進んでいます。

 

在籍した文芸学部の現在の偏差値は53程度ですが、鶴田さんが在籍した当時のほうがレベルは上でした。

 

大学時代はアナウンサーの雨宮塔子さんと同級生で、現在でも親しい仲です。

 

鶴田さんは高校まではあまり熱心に勉強していませんでしたが、大学になって専門的なことを勉強するようになり面白いと思うようになったようです。

 

大学では西洋美術史を専攻しており、民俗学や幽霊とお化けと妖怪の違いなどを授業でやっていました。

 

大学時代も女優として活動しており、大学1年生の頃は「熱っぽいの!」や「ホテル物語・夏」といったトレンディドラマにも出演していますが端役での出演です。

 

また同じ年には織田裕二さんが主演してヒットした映画「就職戦線異常なし」にも出演しています。

 

 

大学3年生の頃まではそれほど芸能活動は忙しくなかったそうで、毎日学校にも行けていたそうです。

 

鶴田さんは大学3年生の時に卒論を描こうとした時にアートのことを何も知らないことに気づき、いろんな学校の先生が集まりヨーロッパの5・6か国の美術館をまわるツアーに参加しました。

 

このツアーで鶴田さんの心に残った作品がゴッホの絵だったようで、特に好きになったのが晩年の絵画ばかりだったようです。

 

そこでゴッホの晩年何があったのか調べたところ、「大変なことになっていた」と知り、卒論のテーマは「ゴッホの精神病について」書いたことをインタビューで話しています。

 

大学4年生だった1992年に、中山美穂さん主演の連続ドラマ「誰かが彼女を愛してる」の主要キャストに抜擢されて知名度が上昇しています。

 

 

また鶴田さんは大学時代はファッションモデルとしても活動しており、「JJ」や「CanCam」などの人気ファッション誌にも登場しています。

 

 

それでも大学時代は学業と仕事を両立させて、大学はキッチリと卒業しています。

 

大学卒業後もコンスタントに話題作に起用されて人気女優となっています。

 

 

そして28歳だった1998年には「お仕事です!」で、ゴールデンタイムの連続ドラマにはじめて主演しています。

 

 

当時は男性層からの人気が非常に高く、常に「結婚したい女性」の上位にランクインしていました。 

 

スポンサードリンク

 

鶴田真由の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:東京都 成城学園高校 偏差値64(やや難関)

 

 

鶴田真由さんの出身校は、私立の共学校の成城学園高校です。

 

同校は資産家や芸能人の子息が多数在籍していることで知られています。

 

高校時代はテニス部に在籍していました。

 

 

鶴田さんは小学生の頃に少しテニスをやっていたそうですが、球技は得意ではなく下手だったそうです。

 

しかし先輩が怖かったため、部活動は真剣におこなっていました。

 

また部活動の帰りには寄り道をしたりしており、初めてディスコに行ったり「第三倉庫」という新宿のクラブにも行っていたそうです。

 

しかしどっぷり夜遊びに嵌っていたわけではなく、友人に誘われたら行くという感じだったと話しています。

 

また高校生だったため親には内緒で友人の家に泊まりに行くと言っていたそうです。

 

ちなみに当時の鶴田さんには他校に通学する1歳年上の彼氏がいました。

 

鶴田さんは4月生まれだったため高校生の時に車の免許を取得しています。

 

従兄弟が広告会社に勤めておりグリコを担当しており、17歳の時に従兄弟に頼まれてグリコのCMにエキストラとして出演したことから芸能活動をスタートさせています。

 

高校3年生だった1988年にドラマ「あぶない少年Ⅱ」で女優として本格的にデビューを果たしました。

 

ちなみにこのドラマは当時人気絶頂だったジャニーズ事務所のアイドル光GENJIが主演しており、工藤静香さんや大西結花さん、田中律子さんや森口博子さんらも出演していました。

 

【主な卒業生】

及川光博(俳優・ミュージシャン)

山口もえ(タレント)

森山直太朗(シンガーソングライター)

木村佳乃(女優)

 

スポンサードリンク

 

鶴田真由の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:神奈川県 湘南学園中学校 偏差値63(やや難関)

※後に成城学園中学校に転校

 

 

鶴田真由さんが入学したのは、私立の共学校の湘南学園中学校です。

 

小学校もこの中学校の系列校に通学していたので、内部進学で進んでいます。

 

ただし第一志望の中学校の受験をしていましたが失敗したため、この中学校に進学しています。

 

そして中学1年生の終わりの頃に成城学園中学校(偏差値64)の編入試験を受けて、中学2年生より編入しています。

 

 

編入してすぐに仲良くなった友人がバスケットボール部に在籍していたため、誘われて鶴田さんも入部しています。

 

しかし球技が苦手だった鶴田さんにとって部活動はとても辛かったようです。

 

また部活動での先輩も怖くコーチも日本体育大学出身で今では問題になるほど厳しかったようで、「なんでこんなところに入ってしまったんだろう」と思いつつも辞めることはできなかったとインタビューで話しています。

 

なお成城学園中学校には鎌倉市の自宅から片道2時間もかけて通学していました。

 

そのため通学途中は電車の中でよく寝ていたそうで、起きた時に今から学校に行っているのか帰っているのか分からなくなることが多かったそうです。

 

鶴田真由の学歴~出身小学校の詳細

 



 

出身小学校:神奈川県 湘南学園小学校

 

 

鶴田真由さんの出身小学校は、私立の共学校の湘南学園小学校です。

 

家族構成は両親と弟の4人家族です。

 

 

父親は三菱電機メーカーに務めており、デザインを担当していたため自宅の電化製品は全て三菱だったそうです。

 

両親ともに美術大学を卒業しています。

 

鶴田さんの自宅も父親がデザインを手掛けており、洋服は母親の手作りだったそうです。

 

小学校時代はピアノや絵画、英会話を習っていました。

 

 

以上が鶴田真由さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

人気全盛期には数々の人気ドラマに出演しており、高い人気を誇っていました。

 

このところは脇役での出演が目立ちますが、安定した演技力で出演作に花を添えています。

 

根強い人気を誇るだけに末永い活躍を活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ