西川史子の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|課題を業者に外注していた!

 

タレントの西川史子さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。医科大学に通学していた西川さんですが、大学時代は医学に関係ない科目の課題などは業者に外注してやってもらっていました。学生時代のエピソードや情報、若い頃のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

西川史子(にしかわ あやこ)

 

 

197145日生

身長160

血液型はB型

 

神奈川県相模原市出身のタレント、医師

本名同じ

 

以下では西川史子さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴/プロフィールの詳細

 

1996年のミス日本に出場して、フォトジェニック賞を受賞。 

同年からバラエティー番組「恋のから騒ぎ」に3期生として出演していた。 

2001年の「OLヴィジュアル系」で女優デビューして、「シマシマ」や「表参道高校合唱部!」などのドラマにも出演。

2004年ごろからタレントとしてメディアへの露出が増えて、「ちちんぷいぷい」や「国民的潜在能力テスト」などのバラエティー番組のレギュラーを務める。

イメージビデオや写真集などを出版する傍ら、「有吉ジャポン」や「サンデージャポン」などの番組のレギュラーを務める。 

私生活では2009年に会社役員と結婚したが、20141月に離婚。

 

西川史子の学歴~出身大学の詳細・課題は業者に外注していた!

 

スポンサードリンク

 

出身大学:聖マリアンナ医科大学 医学部 偏差値65(難関・現在

 

 

 

西川史子さんは高校卒業後は、私立の聖マリアンナ医科大学に進学します。

 

高齢化社会や医師不足のためこのところは私立の医科大学の偏差値も跳ね上がっていますが、西川さんが在籍した当時のこの大学のレベルは現在よりもかなり下でした。

 

 

西川さんは大学時代にとても遊んでいたそうですが、自宅に帰るとすぐに勉強をはじめるほどオンオフがはっきりしていたそうです。

 

当時のことについてインタビューで次のように話しています。

 

「狂ったように遊んでいましたが、家に帰ったら3分後には参考書を開いているような生活でした。母がとにかく教育熱心で、かなり偏りがあったんですけども、医者になるためには他のものをすべて犠牲にしてもいい、みたいな教育方針だったんです。朝帰りしてもまったく怒られなかったけど、とにかく勉強だけは必ずやれと」

 

その一方で医者に関係のない教科の宿題は母親が業者に外注をしていました。

 

 

ちなみに母親の教育方針は「医者になるのだったら何をしてもいい」というもので、夜遊びなどもすべて容認しています。

 

西川さんは当時から多額の小遣いをもらっており海外旅行にも頻繫に行っていたほか、高級外車も買ってもらっています。

 

ただし子供の頃から「薬物と妊娠だけは注意しないさい」と強く言われていました。

 

 

当時から合コンにも積極的に参加していますが「医科大学」と言うと相手に引かれるので、大妻女子大学やフェリス女学院大学と学歴を詐称していました。

 

西川さんは大学時代もその美貌は際立っており、たびたび雑誌のグラビアにも取り上げられています。

 

 

西川さんは大学6年生だった1996年に「ミス日本」に出場しており、フォトジェニック賞を受賞しています。

 

 

ただし西川さんは勉強の息抜きのために出場しており、当時のことをインタビューで次のように振り返っています。

 

「医学部の6年生は国家試験を前に勉強してばっかりなので、息抜きがしたかった。それと、学生時代の最後の思い出を作りたいという考えもありました。『勉強ばかりだとブスになっちゃう』と思っていましたね。」

 

またミス日本で入賞後には「あー、私って何でもうまくいくんだなぁ。思えば何でも叶ってしまうんだなあと思ってしまっていた。」とトークショーで当時を振り返っていました。

 

西川さんはこのミスコンがきっかけで芸能界入りして、同じ年からバラエティ番組「恋のから騒ぎ」にレギュラーとして起用されています。

 

 

この年に医師の国家試験にも合格しており、医師免許を取得しています。

 

またこのように西川さんは大学時代に芸能活動を開始していますが、大学は無事に卒業しています。

 

大学卒業後も医師として聖マリアンナ医科大学病院などに勤務する傍らで、タレントや女優として芸能活動をおこなっています。

 

すると毒舌で高飛車なキャラクターでタレントとしてブレイクしています。

 

 

以降も多くのバラエティー番組などに出演しています。

 

 

またこのところはコメンテーターとして情報番組にも出演しています。

 

スポンサードリンク

 

西川史子の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:神奈川県 桐蔭学園高校 女子部理数科 偏差値66(難関)

 

 

 

西川史子さんの出身高校は、私立の女子校(当時)の桐蔭学園高校女子部です。

 

この高校は1964年開校の私立高校で、部活動が盛んなことで知られています。

 

また西川さんが在籍した当時は男子部と女子部に分かれていましたが、2018年に男女共学化されています。

 

この高校には系列の中学校も設置されていますが、西川さんは高校受験でこの高校に進学しています。

 

同校は1学年が1600人以上の超マンモス校で、生徒の学力差が激しいことで知られていますが、高校から入学するには高い学力が必要です。

 

当時から医師を志望しており、高校では理数科に在籍していました。

 

ちなみに高校1年生で進路を決める際に西川さんは出版社に興味を持っていたことから、文系に進みたかったそうです。

 

しかし文系を選択してしまうと数学を勉強しないため、医学部への道が閉ざされてしまうことから母親と喧嘩になったそうです。

 

とは言え結局母親の思いに負けてしまい理系に留まり医学部を目指すことを選択しています。

 

西川さんは小学3年生から高校卒業までの間、各教科につき1人の家庭教師がついていたことをインタビューで話しています。

 

また高校時代は部活動などはおこなっておらず、帰宅部でした。

 

西川さんは高校時代から夜遊びをするようになり、高校1年生の時にはディスコに通っていることが発覚して停学処分となっています。

 

母親は前記のような教育方針に加え、「若い時には若い時にしかできないことを」という考え方だったことから厳しくは言われなかったようです。

 

また父親も成績が良ければよいという考えで、お咎めはなかったそうです。

 

加えて西川さんは心配性だったことから聖マリアンナ医科大学の受験勉強の際にも過去問3年分では安心できず、1971年の創立当時からの過去問を全部集めて解いています。

 

ちなみに西川さんは高校時代から彼氏がいました。

 

【主な卒業生】

鈴江奈々(アナウンサー)

中村仁美(アナウンサー)

椿鬼奴(お笑いタレント)

 

スポンサードリンク

 

西川史子の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:神奈川県 湘南白百合学園中学校 偏差値57(中の上)

 

 

 

西川史子さんの出身中学校は、私立の女子校の湘南白百合学園中学校です。

 

西川さんはこの中学校の系列の小学校に通っていたことから、一般受験ではなく内部進学で進んでいます。

 

 

中学時代も帰宅部で、部活動などはおこなっていませんでした。

 

当時は宝塚歌劇団のファンで、大地真央さんの出待ちをしたこともありました。

 

また中学時代から月に30万円のお小遣いをもらっており、友人もお金持ちばかりだったためそれが普通だと思っていたそうです。

 

なおこの中学校には系列校の湘南白百合学園高校(偏差値64)も設置されていますが、より進学実績の高い桐蔭学園高校に受験をして進学しています。

 

【主な卒業生】

林美桜(アナウンサー)

林田理沙(アナウンサー)

井口綾子(タレント)

 

西川史子の学歴~出身小学校の詳細

 



 

出身小学校:湘南白百合学園小学校

 

 

 

西川史子さんの出身小学校は、私立の女子校の湘南白百合学園小学校です。

 

系列の湘南白百合学園幼稚園から同校に進んでいます。

 

家族構成は両親と兄の4人家族です。

 

 

父親は医師で非常に裕福な家庭に生まれ育っています。

 

 

幼稚園時代にお年玉として80万円をもらったことがありました。

 

西川さんは子供の頃から母親から厳しく育てられており、「芸術ではメシが食えないから音楽や体育の授業の時は気を抜いていなさい」などと言われていたそうです。

 

また物心つく前から母親からは「あなたは医者になる」と言われていました。

 

 

西川さんは小学生時代に「将来何になりたいの」と聞かれたところ、バレリーナと答えるとそれを聞いていた母親から「お医者さんになるんでしょ!」と怒られていました。

 

小学3年生の時に初めて宝塚歌劇団の舞台を観たときから憧れを抱いていたそうですが、西川さんは母親を怒らせたくてわざと医師以外の答えを言っていたそうです。

 

小学校時代からスポーツは禁止されており、とにかく勉強ばかりに励んでいました。

 

西川さんは子供の頃から心配性で夏休みの宿題は7月中に全て終わらせていたそうです。

 

ちなみに小学校時代はテストで100点をとると、1万円のお小遣いをもらっていました。

 

また当時から欲しいものは父親が何でも買い与えてくれて、「リカちゃん人形がほしい」とねだるとまとめて5体も買ってくれたそうです。

 

加えて母親は小学校時代から美術や家庭科は医師になるために不要な科目と考えていたいたので、当時から夏休みの課題などは絵の先生や洋裁の先生にお金を払ってやってもらっていました。

 

以上が西川史子さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

大学の医学部に在学中に芸能活動を開始していますが、当時から異色の存在で注目を集めていました。

 

 

またその高飛車なキャラクターがウケて、数々のバラエティ番組に出演してきました。

 

 

現在でも根強い人気を誇っており、今後の活動にも注目です。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ