柴田阿弥の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|小学校時代はイジメられていた

 

元SKE48の人気メンバーで、キャスターやタレントとして活動している柴田阿弥さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りします。意外にも柴田さんは小学校時代はイジメに遭っていました。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

柴田阿弥(しばた あや)

 

柴田

 

199341日生

身長154

血液型はB型

 

愛知県出身のタレント、アナウンサー

SKE48の元メンバー

本名同じ

 

以下では柴田阿弥さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴・プロフィールの詳細

 

2010年にSKE48の4期生のオーディションに合格して、メンバー入り。 

2011年の「SKE48の世界征服女子」でテレビ初出演。 

2013年のドラマ「フォーチュンクッキー」で女優デビュー。 

同年のSKE4813thシングル「賛成カワイイ」で、初の選抜メンバーに選出される。 

2014年と15年にAKB48の総選挙で最高位の15位を記録。 

20168月にSKE48を卒業しタレントに転身。 

20171月から「ウインニング競馬」の司会者に起用された。

 

柴田阿弥の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:金城学院大学 生活環境学部 偏差値50(普通)

 

 

柴田阿弥さんは高校卒業後は、系列の金城学院大学に進学します。

 

当初は推薦入学での進学が決まっていましたが、後述のように高校時代に校則違反となる芸能活動をおこなったために推薦も取り消されてしまいます。

 

しかし一般受験で見事現役合格しました。

 

このあたりはなかなか根性もあるようです。

 

またこのあたりの経緯は奇遇にも高校の先輩で同じSKE48のメンバーの須田亜香里さんと同じです。

 

大学時代はSKE48の活動が中心で、大学4年生だった2015年の「AKB48グループ総選挙」では、自己最高の15位を記録しました。

 

 

そのためAKB48のシングル「心のプラカード」の選抜メンバーに起用されています(センターは渡辺麻友)。

 

 

当時のAKB48は全盛期ではなかったものの、センターを務めた渡辺麻友さんをはじめとして指原莉乃さんや川栄李奈さん、小嶋陽菜さんや島崎遥香さんなどの豪華メンバーが選抜メンバーに選ばれています。

 

 

まさにこの年が柴田さんにとってアイドルとしてのピーク期でした。

 

その翌年には舞台「AKB49~恋愛禁止条例~」の主演にも抜擢されていますが、大学を留年してしまったことから出演を辞退しています。

 

このように大学入学後はSKE48のメンバーとして人気も上昇したことから、あまり通学できず、2回も留年を重ねて現在も在籍中です(20174月から7回生)。

 

また舞台出演を辞退した2016年8月にSKE48を卒業して、アイドルから訣別しています。

 

 

そのため大学を卒業したという情報は確認できずに、中退してしまった可能性も高そうです。

 

その後はタレントやキャスターに転身して、2017年には鷲見玲奈さんの後任として競馬番組の「ウイニング競馬」の司会者に起用されています。

 

 

当時の柴田さんは競馬はあまり知らなかったようですが、かなり努力して競馬ファンからも好評でした。

 

その後も「プロ野球ニュース」の曜日キャスターを務めています。

 

スポンサードリンク

 

柴田阿弥の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:愛知県 金城学院高校 偏差値60(推定・やや難関)

 

 

柴田阿弥さんの出身校は、私立の女子校の金城学院高校です。

 

同校は地元では古くから「お嬢様学校」として知られ、また高校からの募集のない完全中高一貫校なので偏差値は推定になります。

 

柴田さんも系列校から、同校に内部進学しています。

 

高校時代は部活動などはおこなっておらず帰宅部でした。

 

 

また柴田さんは高校時代はいたって普通の生徒だったとインタビューで述べています。

 

高校3年生の時にSKE48のオーディションに合格しています。

 

 

ちなみに柴田さんは当時からアイドル志向でSKE48のオーディションを受ける前に、AKB48のオーディションにも応募していますが応募書類の封筒に貼った切手の金額が足りなくて、書類審査にも参加できなかったことをインタビューで明らかにしています。

 

とは言えSKE48に加入して人生が大きく変わったと振り返っています。

 

「私は高校時代、部活とかやっていなくて、何も考えずのらりくらりと生きてきました。普通に(エスカレーターで)大学に進学して、適当に就職して、25歳までに結婚して、子供を私立の学校に入れる。そんな人生が見えていた。でも何も考えてなくて夢もなかったのに、SKEに入ってから“こんなに私、頑張れるんだ”とわかったんです」

 

そして柴田さんは高校3年生の10月にSKE48のコンサートでお披露目されて、メンバーとしての活動を開始しますが、同校は芸能活動を認めていません。

 

しかもコンサートへの出演を同級生に学校に通報されたことから高校側にバレてしまい謹慎処分を受けます。

 

結局、芸能活動を継続すれば退学処分となるところまで追い込まれ、SKE48の活動を自粛しています。

 

高校卒業を待って活動を再開させましたが、高校の卒業式には出席できませんでした。

 

また前記のように大学への推薦入学も取り消されてしまい、自力で進学しています。

 

【主な卒業生】

鈴木ちなみ(タレント)

いとうまい子(女優)

 

スポンサードリンク

 

柴田阿弥の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:愛知県 金城学院中学校 偏差値61(やや難関)

 

 

柴田阿弥さんの出身中学校は、私立の女子校の金城学院中学校です。

 

柴田1

(中学生の頃)

 

この中学校には中学受験をして入学しており、勉強は得意だったようです。

 

また中学校から「お嬢様学校」に通学していたことから実家はお金持ちと言われており、インターネット上には実家は病院との情報もあります。

 

加えて中学・高校時代はたびたびタクシーで登校したこともあったことから、実家がお金持ちであることは間違いないようです。

 

とは言え中学から大学まで女子校だったので、息苦しくなって女性が苦手になったそうです。

 

柴田阿弥の学歴~出身小学校の詳細・イジメに遭っていた

 


 

出身小学校:不明

 

柴田阿弥さんの出身小学校は、名古屋市内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

家族構成は両親と弟の4人家族です。

 

弟は法政大学野球部を経て、社会人野球の東邦ガスで活躍する柴田圭輝さんです。

 

 

柴田さんは幼少期から非常に明るい少女でした。

 

 

ところが小学校2年生の時にイジメられて以降は暗くなってしまったことをインタビューで明らかにしています。

 

小2までめっちゃ明るかったんですよ、キャピキャピ系で。でも、「ぶりっ子」と思われて、クラスの子にいじめられるうようになって。しゃべってくれなくなったり、仲間外れにされたり。後ろの席の男の子に髪を切られたこともありました。

 

そのためその後はがり勉になって友達もいなかったそうです。

 

このまま中学に進学したらもっといじめられると考えて、親に中学受験を申し出たそうです。

 

なお小学校時代から「ミニモニ。」が好きだったことから、アイドルに憧れています。

 

以上が柴田阿弥さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

SKE48時代は松井珠理奈さんや須田亜香里さんに次ぐ存在になっていましたが、人気絶頂期にグループを卒業してしまっています。

 

その後はキャスターやタレントに転身していますが、本人の努力もあってコンスタントにテレビ番組に起用されています。

 

 

AKBグループの卒業生はうって変わって仕事に困るケースも少なくありませんので、柴田さんは「勝ち組」とされています。

 

頭の回転もいいですし、トーク力もありますから、今後の活躍も期待されます。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ