山本彩の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と高校時代やかわいい画像

AKB48やNMB48で活躍し現在はソロ歌手として活動する山本彩さんの出身校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。挫折から再起を果たした高校時代や中学生バンドの一員としてデビューした中学時代など、学生時代のエピソードや情報、当時のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

山本彩(やまもと さやか)

 

%e5%b1%b1%e6%9c%ac%e5%bd%a9

 

1993年7月14日生

身長155㎝

血液型はB型

 

大阪府出身のアイドル

NMB48のメンバー

 

以下では山本彩さんの学歴や経歴、出身中学校や高校の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

経歴/プロフィールの詳細

2008年にシングル「Girls be Ambitious!」で歌手デビュー。

2010年にNMB48のオーディションに合格し、以降はこちらの活動がメインとなる。

翌年にNMB48のデビューの際にはキャプテンとなる。

2012年のAKB48の選抜総選挙で18位となり、アンダーガールズ入り。

翌年のセンバツ総選挙では14位となり、選抜メンバーに選出される。

2015年の選抜総選挙では6位。

NHK朝ドラ「あさが来た」の主題歌「365日の紙飛行機」で、初のセンターを務める。

同年の「マジすか学園4」で女優デビューし、他にもグラビアなどでも活躍中。

2018年10月にNMB48を卒業。

 

学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:京都 平安女学院高校 偏差値56(中の上)

→ 大阪薫英女学院高校 偏差値52(普通)に転校して卒業

 

 

山本彩さんが入学したのは、私立の女子高の平安女学院高校です。

 

この高校は1875年開校の歴史あるミッションスクールです。

 

後述するように山本さんは中学時代から芸能活動をしていましたが、芸能活動をしながら大学へ進学するために同校に進学しています。

 

高校入学当時は教師を目指していました。

 

また高校時代の成績は非常によく、学年2位の成績をとったこともありました。

 

 

山本さんはインタビューでも高校時代は真面目に勉強に取り組んだことを述べています。

 

「学生時代は結構勉強好きだったので、テストの前は2週間前とかから(勉強していた)。普段から授業はしっかり聞いていて、『絶対テスト出えへんやん』みたいなこともノートにメモったりとか、教科書にライン引いたりとか、先生の全部を事細かに頭に入れるつもりで授業を聞いたりしてましたね」

 

ちなみに同校在学中は学年1位の成績だった親友の存在が大きく、その親友と成績を競っていたことから2位になれたとも語っています。

 

さらに模範的な生徒であったことから、高校2年生の時には生徒会長も務めています。

 

その容姿から高校時代も人気者だったようですが、同級生などによれば責任感もかなり強かったようです。

 

ただし中学時代から在籍していたバンド「MAD CATZ」は、高校1年生だった2009年の年末に解散してしまい芸能活動は休止に追い込まれています。

 

そのため山本さんは覇気をなくしていたそうですが、高校2年生の時に母親が「NMB48」のオープニングメンバーのオーディションを受けることを勧めています。

 

当初の山本さんはシンガーソングライター志望だったことから、アイドルになることに抵抗がありましたが、母親の「AKBさんのところなら、基本はアイドルの活動で歌や踊りをしながら、卒業したら、女優やモデルなどの活動ができるし、音楽をやりたいんだったら、そこからまたやれるんじゃないか」という言葉に背中を押されたことをインタビューで述べています。

 

そのためオーディションに応募して2010年9月に合格して、NMB48のメンバーになっています。

 

 

NMB48に加入後は仕事が忙しくなったようで、大阪市内の私立の女子高の大阪薫英女学院高校(偏差値52)に転校しています。

 

 

薫英女学院高校は1931年創立のお嬢様学校として知られていますが、スポーツも盛んで特にバレーボール部、バスケットボール部は全国的に強豪校です。

 

山本さんはこの高校では同じく他校から転校してきたNMB48のメンバーの渡辺美優紀さんと同級生になっています。

 

またNMB48ではキャプテンに指名され、高校3年生の7月にグループはファーストシングル「絶滅黒髪少女」でメジャーデビューを飾っています。

 

 

以降もグループはヒット曲を連発し、AKB48に次ぐ人気アイドルグループに成長しています。

 

【大阪薫英女学院高校の主な卒業生】

涼風真世(元宝塚女優)

谷村美月(女優)

 

そして山本彩さんは高校卒業後は大学に進学せずに、芸能活動に専念しています。

 

前記のように当初は大学に進学するつもりでしたが、高校3年生の終わりごろにはAKB48のメンバーとして選抜されるほどの人気ぶりだったことから進学は断念したようです。

 

とは言え高校時代の成績や入学した高校のレベルなどを考えれば、十分に大学へ進学できるほどの学力は有していたはずです。

 

以降は山本さんの人気は全国区となって、AKBグループの総選挙でも上位にランクインされるほど高い人気を誇っています。

 

 

2015年にはAKB48の楽曲「365日の紙飛行機」ではじめてセンターを務め、曲も大ヒットしています。

 

 

2018年10月にグループを卒業していますが、2019年4月にはファーストシングル「イチリンソウ」でソロ歌手としてデビューを飾っています。

 

 

以降は歌手とタレント活動が中心になるようです。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:大阪府 茨木市立南中学校 偏差値なし

 

 

山本彩さんの出身中学校は、地元茨木市内の公立校の南中学校です。

 

中学時代の学校の成績はよく、中学校3年間は毎年学級委員も務めています。

 

(中学時代)

 

またシンガーソングライターに憧れていたことから、小学校6年生の時から大阪の著名なミュージック&ダンススクールの「リトルキャット」に通っており、中学時代もボーカルのレッスンを受けています。

 

そのため中学・高校を通じて部活動などはおこなっていなかったようです。

 

山本さんは中学3年生の15歳の時にバンド「MAD CATZ」のメンバーとしてメジャーデビューしています。

 

 

このバンドはデビュー当時は「スーパー中学生バンド」と呼ばれ注目されています。

 

 

ただしセールスが伸び悩んだことから、前記の通り山本さんが高校1年生の時にバンドは解散してしまっています。

 

なおバンドの解散の際には「自分の将来に興味がなくなってしまったという虚無感が押し寄せてきて、バラバラになりそうでした」と著書に綴っており、大きな挫折を経験しています。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校の詳細

 



 

出身小学校:大阪府 茨木市立水尾小学校

 

 

山本彩さんの出身小学校は、地元茨木市内の公立校の水尾小学校です。

 

家族構成は両親と兄2人、姉の6人家族です(4人きょうだいの末っ子)。

 

 

山本さんは兄の影響で小学校時代からギターをはじめています。

 

その他にも小学校時代はピアノとダンスを習っています。

 

また小学校時代にカナダのシンガーアブリル・ラヴィーンさんにハマったことで、シンガーソングライターに憧れています。

 

そのため山本さんは小学校の卒業文集にも「将来はシンガーソングライターになって、紅白に出て世界ツアーをする」と綴っています。

 

また小学校6年生の頃から「リトルキャット」に通学して、本格的に歌の勉強とレッスンをはじめています。

 

 

以上が山本彩さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

AKB48やNMB48時代には高い人気を誇り、まさにトップアイドルのひとりでした。

 

 

2018年の卒業コンサートには3万人のファンが詰めかけたほどです。

 

今後はソロ歌手やタレントとして活動していきますが、新境地にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク





ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

2 Responses to “山本彩の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と高校時代やかわいい画像”

  1. 白い船 より:

    「彩」の読み方は「あや」じゃなくて「さやか」です!

    • rekidora より:

      白い船様

      コメントありがとうございます。

      確かに「さや姉」ですもんね。謹んで訂正させて頂きました。

      ご拝読及びご連絡は感謝いたします。

      管理人

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ