さだまさしの学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|バイオリニストを目指していた

 

人気シンガーソングライターのさだまさしさんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実はさださんは当初はプロのバイオリニストを目指していましたが、高校時代に挫折してしまっています。学生時代のエピソードや情報、若い頃のかっこいい画像なども併せてご紹介いたします

 

さだまさし

 

 

1952410日生

身長165

血液型はA型

 

長崎県長崎市出身のシンガーソングライター、タレント

本名は佐田雅志(読み同じ)

 

以下ではさだまさしさんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介します




 

経歴/プロフィールの詳細

 

1972年に吉田政美とフォークグループ「グレープ」を結成。 

1974年の2ndシングル「精霊流し」が大ヒットするも、1976年に解散。 

1976年の「線香花火」でソロ歌手デビューして、1979年の「関白宣言」が大ヒットしてNHK紅白歌合戦にも出場。 

以降も「道化師のソネット」や「防人の詩」などがヒット。 

1981年からラジオ番組「セイ!ヤング」のパーソナリティを務める(1994年まで)。

俳優としても活動しており、「翔べイカロスの翼」や「関白宣言」、「長江」などの映画に主演している。 

私生活では1983年に結婚して、一男一女がいる。

 

さだまさしの学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:国学院大学 法学部(中退) 偏差値50(当時)

 

 

 

さだまさしさんは高校卒業後は、国学院大学に進学しています。

 

ただしこの大学の系列校に通学していたので、一般受験ではなく内部進学で進んでいます。

 

ちなみに現在の同大の法学部の偏差値は55程度ですが、さださんが入学した頃は現在よりもレベルは下でした。

 

大学へはほとんど通学せずに、ペンキ屋や料理店など様々なアルバイトを経験しています。

 

料理店では板前見習いとして勤務しています。

 

その際には客に可愛がられてかなりの酒を飲まされています。

 

そのため大学2年生の時には急性肝炎を患ってしまって、実家がある長崎市で療養生活を送っています。

 

なお大学在学中も音楽活動をおこなっており、曲作りなどに励んでいます。

 

21歳だった1972年に「グレープ」を結成して「精霊流し」のヒットで、人気フォークグループとなっています。

 

 

 

また時期は不明ですが、さださんは大学は中退してしまっています。

 

加えてグレープ時代も将来について迷っていたことをインタビューで話しています。

 

「在学中にフォークデュオ「グレープ」を結成してデビューしましたが、男子一生の仕事にあらずと思っていたのが正直なところです。当時、フォークやロックなどクラシック以外の音楽はよく「軽音楽」と呼ばれて軽んじられることがあり、僕もそのマジックに引っかかっていました」

 

そのためか人気デュオだったにも関わらずグレープは1976年に解散し、以降はソロ歌手として活動を開始しています。

 

26歳だった1978年に「関白宣言」が大ヒットして、紅白歌合戦にも初出場しています。

 

 

 

以降の活躍は周知の通りで、現在でもファンからの熱烈な支持を集めていることで知られています。

 

スポンサードリンク

 

さだまさしの学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:東京都 国学院高校 偏差値65(現在・難関)

 

 

 

さだまさしさんの出身高校は、私立の共学校の国学院高校です。

 

現在は軒並み大学の附属高校の偏差値が上昇していますが、さださんが在籍した当時のレベルは現在ほどではありませんでした。

 

当初はバイオリンを学ぶために東京芸大音楽部付属高校や都立駒場高校音楽科などの音楽学科のある高校を志望していましたが、ことごとく受験に失敗しています。

 

そのためさださんは滑り止めとして受験していたこの高校に進学しています。

 

ただし高校受験の失敗から、クラシック音楽への熱意を失っています。

 

また将来はどうやって生きていいか悩んだことをインタビューで話しています。

 

「中学で単身上京してまで目指していた音楽大学附属高校の受験に失敗しましてね。それまで自分をバイオリンの天才だと信じていて練習もひと一倍やってきたのに、上には上がいたのです。挫折感でいっぱいで気持ちはバイオリンから遠ざかっていくけれど、周囲の期待は痛いほど感じる。これからどうやって生きていけばいいのか、自分には何ができるのかと悩みました」

 

結局プロのバイオリニストになることは高校時代に諦めています。

 

そんな中さださんはフォークやロックに出会い、バンドを結成しています。

 

加えてこの頃からギターもはじめています。

 

高校時代はバイオリンやクラシック音楽への関心は薄れていますが、当時から作詞・作曲をおこなっており、後のシンガーソングライターとしての活動に活きています。

 

また後にともにグレープを結成することになる吉田正美さんは、高校時代からの友人でした。

 

加えてさださんは当時から落語が好きだったことから、高校時代は落語研究会にも所属していました。

 

【主な卒業生】

小林麻央(タレント)

小林麻耶(アナウンサー)

ふかわりょう(お笑い芸人)

新井恵理那(アナウンサー)

 

スポンサードリンク

 

さだまさしの学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:東京都 葛飾区立中川中学校 偏差値なし

 

 

 

さだまさしさんの出身中学校は、東京都葛飾区内の公立校の中川中学校です。

 

当初は長崎市内の中学校に進学しています。

 

中学1年生の時に単身でバイオリン修行のために上京し、この中学校に転校しています。

 

その際には下宿生活を送っていました。

 

中学時代は吹奏楽部に在籍していました。

 

またさださんは以降はプロのバイオリニストに師事して、バイオリンを学んでいました。

 

当時の夢はプロのバイオリニストになることでした。

 

加えて中学時代にアメリカのフォークデュオ「サイモン&ガーファンクル」に出会い衝撃を受けています。

 

なお実家はあまりお金がなかったことから下宿時代は貧乏生活をしており、インスタントラーメンばかり食べていました。

 

当時の一番のご馳走はラーメン屋で食べるラーメンでした。

 

さだまさしの学歴~出身小学校の詳細

 



 

出身小学校:長崎県 長崎市立西北小学校

 

 

 

さだまさしさんの出身小学校は、地元長崎市内の公立校の西北小学校です。

 

家族構成は両親と妹、弟の5人家族です(3人きょうだいの長男)。

 

実家は裕福で幼少期は豪邸に住んでいましたが、さださんが5歳だった1957年の諫早の大水害のために父親の事業が失敗しています。

 

そのため以降は長屋暮らしになっています。

 

また以降は両親は共働きになり、母親は保険外交員などをして家計を支えています。

 

さださんは3歳からバイオリンをはじめてコンクールで何度も優勝して、地元では「天才バイオリン少年」として有名でした。

 

以上がさだまさしさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

当初の夢だったプロのバイオリニストにはなれませんでしたが、ミュージシャンとして大きな成功を掴んでいます。

 

その他にもトーク力があることから、テレビ番組やラジオ番組などでもお馴染みになっています。

 

 

末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ