山西惇の学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値と若い頃の画像

 

俳優の山西惇さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。クイズ番組などでも活躍している山西さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、若い頃の画像なども併せてご紹介いたします

 

山西惇(やまにし あつし)

 

 

19621212日生

身長170㎝、体重67

血液型はB型

 

京都府京都市出身の俳優、声優、タレント

本名は畑中敦史

 

以下では山西惇さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴/プロフィールの詳細

 

1981年から劇団「そとばこまち」に所属して、俳優と演出を担当(2001年に退団)。 

1993年の「あすなろ白書」でテレビドラマ初出演。

1998年の「不夜城」で映画初出演。 

2001年から出演しているテレビドラマ「相棒」の角田六郎役で注目される。 

以降も「木更津キャッツアイ」や「わかば」、「篤姫」などの話題の連続ドラマにレギュラー出演。

「相棒   劇場版」や「サラリーマンNEO」、「イニシエーション・ラブ」などの映画にも出演。

タレントとしても活動しており、「お願い!ランキング」や「ネプリーグ」、「ミラクル9」などのテレビ番組に出演。 

離婚歴があり、現在の妻との間に一男三女の子供がいる。

 

山西惇の学歴~出身大学(京都大学)の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:京都大学 工学部石油化学科 偏差値65(超難関)

 

 

 

山西惇さんは高校卒業後は、最難関国立大学のひとつの京都大学に進学しています。

 

この大学に進学した理由については母方の祖父2人が出身者だったため、自分も進学するものだと自然に思っていたからです。

 

在籍したのは工学部で石油化学を専攻していました。

 

また理系の学部だけあって、クラスには女子が1人しかいませんでした。

 

山西さんは大学時代を振り返って次のように話しています。

 

「入学した工学部石油化学科とは随分と畑違いの人生を歩んできましたが、大学で学んだことは、確かに自分の礎になっていると思います。それは、知らなかったことを知る喜びを学んだこと」

 

大学入学とともに京都大学の学生劇団が主体だった劇団「そとばこまち」に入団しました。

 

山西さんは劇団での活動に夢中になってしまったことから、ドイツ語の単位を落としてしまい大学2年生から3年生になるときに留年をしています。

 

また講義をさぼっては新京極の映画館に行っていました。

 

就職活動では周囲がマスコミ系が多かったようで、山西さんも受けていますが全部落ちてしまっています。

 

このことについては自身のツイッターで次のように振り返っています。

 

「僕も大学卒業時にマスコミに就活をしました。ほぼ全敗でした。今となってはそれでよかったのかもしれませんが、当時はかなり落ち込みました。」

 

そして山西さんは教授が推薦してくれた石油化学メーカーに就職をして、研究職の会社員を4年間勤めていました。

 

本業は会社員でしたが、2年目からは大学時代のときの劇団でも活動をしていました。

 

 

この劇団では生瀬勝久さんが4代目の座長を務めており、座長に就任してはじめての東京進出の作品「冬の絵空」の演出を山西さんが担当することになりました。

 

しかし山西さんは会社の研修と上映期間が被ってしまったことから、会社員か芝居の道かの選択を迫られることになります。

 

そこで生瀬さんに相談したところ、「食うくらいなら、なんとかなるで」という言葉で、29歳の時に芝居の道に進む決断をしました。 

 

以降はプロの役者として活動して、1993年からテレビドラマにも出演しています。

 

 

39歳だった2001年に出演したテレビドラマ「相棒」で全国的な知名度を獲得します。

 

 

その後も数多くのテレビドラマに出演して、安定した演技力で作品を盛り上げています。

 

また明晰な頭脳を活かして、「ネプリーグ」や「Qさま」などのクイズ番組にも多数出演しています。

 

 

今後の活動にも注目ですね。 

 

スポンサードリンク

 

山西惇の学歴~出身高校(東大寺学園高校)の詳細

 

出身高校:奈良県 東大寺学園高校 偏差値78(超難関)

 

 

 

山西惇さんの出身高校は、私立の男子校の東大寺学園高校です。

 

この高校は1926年開校の私立高校で、東大寺が運営していることで知られています。

 

また奈良県内では古くからトップレベルの進学校です。

 

同校の2021年度の主な進学実績は次の通りです(浪人生含む)。

 

東京大学:29名

京都大学:70名

大阪大学:13名

神戸大学:9名

 

同志社大学:47名

早稲田大学:38名

立命館大学:24名

慶応義塾大学:23名

 

この高校の系列の中学校に通っていたことから内部進学で進んでいます。

 

 

高校時代は軽音楽部に在籍をしており、ロックバンドを組んでボーカルを担当していました。

 

また映画も撮ったり、文化祭ではみんなの前でコントや自主映画も披露しています。

 

西山さんは高校時代を振り返って進学校でしたが自由な校風で楽しかったと話していました。

 

そして高校生のときに大学でチラシをもらって芝居を見たときに衝撃を受けたことを明かしています。

 

西山さんは高校2年生の時から本格的に大学受験の勉強をはじめています。

 

【主な卒業生】

榊一郎(小説家)

河野真也(お笑い・オクラホマ)

 

スポンサードリンク

 

山西惇の学歴~出身中学校(東大寺学園中学校)の詳細

 

出身中学校:奈良県 東大寺学園中学校 偏差値73(超難関)

 

 

 

山西惇さんの出身中学校は、私立の男子校の東大寺学園中学校です。

 

この中学校には中学受験で入学しており、かなりの学力を有していました。

 

山西さんは中学時代はサッカー部に在籍をしていました。

 

後述するように子供の頃は勉強が好きでしたが、中学校に入学後は早い段階で挫折をしてしまいます。

 

頑張って勉強をしても平均点には届かず自分がこれほどできないものだと驚いたといいます。

 

ただそれもそのはずで、この中学校の同級生は山西さんが通っていた塾に張り出された紙で見たことがある名前ばかりでした。

 

当時は勉強が少し嫌いになり、音楽を聴くようになりました。

 

山西惇の学歴~出身小学校(聖母学院小学校)の詳細

 



 

出身小学校:京都府 聖母学院小学校

 

 

 

山西惇さんの出身小学校は、私立の共学校の聖母学院小学校です。

 

この小学校は1923年開校のカトリック系の学校で、地元では名門小学校として知られています。

 

家族構成については両親がいることは分かりましたが、きょうだいの有無については不明です。

 

父親は建築家でした。

 

子供の頃から勉強をすることが好きで、ゲーム感覚で問題を解いていました。

 

小学4年生からは塾に通い始めており、自分から中学受験をしたいと言い出したことを明かしています。

 

山西さんは当時を振り返って、この頃が一番勉強をしたかもしれないと語ります。

 

また小学校時代には児童会長も務めていた傍ら、昼休みにはみんなの前でものまねなどを披露していたことからクラスの人気者でした。

 

以上が山西惇さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

俳優としては主演作品はありませんが、数えられないほどのテレビドラマや映画、舞台に出演しています。

 

 

貴重な演技派のバイプレーヤーだけに、末永い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ