安田顕の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代

安田顕(やすだ けん)

 

安田

 

1973128日生

身長174

血液型はA型

 

北海道出身の俳優、タレント

TEAM NACS所属

 

以下では安田顕さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴・プロフィールの詳細

 
1996年に大泉洋らと演劇ユニットTEAM NACSを結成するも、1回限りの公演で解散し就職。

1997年にTEAM NACS再結成する。 

1998年に大泉洋が出演していた「水曜どうでしょう」に準レギュラーで出演するようになり、知名度が上がる。 

2002年の北海道のローカルドラマ「夏の約束」でドラマデビューを果たす。

2006年のNHKの大河ドラマ「功名が辻」で連続ドラマ初出演。

2008年の「親孝行プレイ」で連続ドラマ初主演。 

その後も「ダーティママ」や「問題のあるレストラン」、「下町ロケット」などの話題作にバイプレーヤーとして出演。 

映画でも「HK変態仮面」や「新宿スワン」、「ビリギャル」などの人気作に多数出演している。

 

学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身大学:北海学園大学 経営学部 偏差値50(普通)

 

 

安田顕さんは高校卒業後は、札幌にある北海学園大学に進学します。

 

同大入学後はジャズ研究会に入りますが雰囲気が合わず、グリークラブ、英語研究会を経て、演劇研究会に入ります。

 

ただし演劇研究会に入会したのはたまたまで、当時は役者になるつもりもなかったとインタビューで話しています。

 

「もともとは大学のサークルの模擬店で、隣りの騒がしくて楽しそうな店が演劇部だったんです。こんな暗い自分も明るくなれるものかと門を叩いたんですが、結局、暗いままですね。それからも「おれは絶対なる!」という強い思いを持ってやってきたわけではないですね。「海賊王におれは…」みたいに「(役者に)なるぞ!」と思ったことはないですね」

 

そこでTEAM NACSのリーダーを務める森崎博之さんとの運命的な出会いがありました。

 

 

また大学時代は演劇研究会の活動とは別に、鈴井貴之さんが主宰する劇団「OOPRTS」にも参加して舞台に立っています。

 

そして安田さんが大学4年生の時に、森崎さんと大泉洋さん、戸次重幸さん、音尾琢真さんとともに演劇ユニット「TEAM NACS」を立ち上げて一度だけの舞台を開催しています。

 

 

そして安田さんと森崎さんが東京で就職したことから、「TEAM NACS」はいったんは解散しています。

 

ところが安田さんは就職先の会社になじめなかったことから、8か月で会社を辞めて北海道に戻って来ています。

 

「医療事務をやってました。でも8カ月で辞めたんで、やってましたと公言するのもはばかられるんですが。まあ、ダメな社会人でしたね。いまもダメですけれど(笑)」

 

またリーダーの森崎さんも9か月で会社を辞めて北海道に戻って来たため、「TEAM NACS」は再結成しています。

 

さらに大泉洋さんが「水曜どうでしょう」に出演して、人気ローカルタレントになっており、安田さんも25歳の頃からこの番組に出演して準レギュラーを務めるようになります。

 

 

そして33歳の時に本格的にテレビドラマに進出して、数々の作品に出演する人気俳優となっています。

 

なお安田さんは2002年に一般人女性と結婚して、2004年には娘も生まれていますが、奥さんとは大学時代から交際していました。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:北海道 室蘭栄高校 偏差値58(中の上)

 

 

安田顕さんの出身校は、道立の共学校の室蘭栄高校です。

 

同校は古くから地元では進学校として知られ、後に文化人や学者になる卒業生を輩出してきました。

 

(高校時代)

 

安田さんは高校では柔道部に所属しており、部活動に励んでいます。

 

高校時代はジョン・レノンに憧れて、丸メガネをかけています。

 

また高校時代はバンドを組んで音楽活動をしており、学園祭にも出演しています。

 

ちなみに安田さんはギターを担当しています。

 

また以前映画の試写会で、高校時代の雪の降るクリスマスに、好きな女子の家の前の公衆電話から映画に誘いましたがフラれたとのエピソードを披露しています。

 

「雪の降る夜にカノジョの家の前の公衆電話から『映画を見に行こう』と電話しましたが、フラれました。帰りの雪が冷たかった…」

 

ただし当時の安田さんは不器用で、女子と話すのが苦手だったとのこと。

 

ちなみに高校時代は東京の大学を第一志望にしており、その大学に不合格になったことから滑り止めだった北海学園大学に進学しています。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校

 

出身中学校:北海道 室蘭市立港南中学校 偏差値なし

 

 

安田顕さんの出身中学校は、地元室蘭市内の公立校の港南中学校です。

 

中学時代も柔道部に在籍しています。

 

また安田さんはお兄さんの影響で中学時代から洋楽を聴きはじめ、音楽に傾倒しています。

 

ただし安田さんの中学時代の情報はほとんどありません。



 

学歴~出身小学校

 


 

出身小学校:北海道 室蘭市立絵鞆小学校

※現在は閉校

 

 

安田顕さんの出身小学校は、地元室蘭市内の公立校の絵鞆(えとも)小学校です。

 

この小学校は1892年開校の伝統校でしたが、残念ながら2015年に閉校しています。

 

またこの小学校は2棟の円形校舎からなる珍しい作りで、解体が決まった際には安田さんもツイッターで次のようなコメントを残しています。

 

「あゝ……。そうか。……そうか。おつかれさまでした。ありがとうございました。もう一度、ちゃんとお別れしたいです。……うーん。そうか」

 

家族構成は両親と2歳年上の兄の4人家族です。

 

 

父親は溶接工、母親は保険のセールスの共働きの家庭に育っています。

 

そのため小学校時代は家に帰っても誰もおらず、淋しかったと述べています。

 

安田さんは小学校時代から学校の成績がよく、当時は歯科医になりたいと思っていました。

 

また小学校1年生の頃から中学校3年生までそろばんを習っています。

 

なお安田さんは小学校時代に好きな女の子の誕生日に「誕生日おめでとう」と「好きです」と書いたカードを渡していますが、筆跡などで自分であることがバレないように定規で文字を書いていますが、学校では気持ち悪いと話題になったとのこと。

 

以上が安田顕さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

所属するTEAM NACSは現在でもチケットをとるのが非常に難しくなるほどの人気演劇ユニットになっています。

 

 

また俳優としても個性派の脇役として知られ、NHKの朝ドラや大河ドラマをはじめとして、多くのドラマや映画に出演しています。

 

(下町ロケット)

 

貴重なバイプレーヤーとしての演技も光り、時にはその怪演ぶりも注目されますから、息の長い活躍を期待したいところです。

 

スポンサードリンク






 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ