小出恵介の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と若い頃の画像

 

俳優の小出恵介さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りします。実は小出さんは帰国子女で、学生時代から勉強もスポーツもできました。学生時代のエピソードや情報、若い頃のかっこいい画像なども併せてご紹介いたします

 

小出恵介(こいで けいすけ)

 

小出

 

1984220日生

身長176

血液型はA型

 

東京都港区出身の俳優

本名同じ

 

以下では小出恵介さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします

 




 

経歴・プロフィールの詳細

 

2003年に誌上オーディションに、顔写真が掲載されたことがきっかけで芸能事務所入り。 

同年の映画「偶然にも最悪な少年」で俳優デビューし、舞台「キセカエ人魚」で主演デビュー。 

2004年のドラマ「めだか」でテレビ初出演。 

2005年に出演した映画「パッチギ!」の演技で注目される。 

「のだめカンタービレ」や「牛に願いを」などの人気の連続ドラマを経て、2008年の「彼女はサイボーグ」で映画初主演。 

その後も「風が強く吹いている」や「スイッチを押すとき」、「ボクたちの交換日記」などの映画に主演。 

2014年の「吉原裏同心」で連続ドラマ初主演。

 

小出恵介の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:慶応義塾大学 文学部人文社会学科 偏差値65(難関)

 

 

 

小出恵介さんは高校卒業後は、名門私大の慶応大学に進学します。

 

後述するようにこの大学の系列の高校に通学していたことから、大学へは一般受験ではなく内部進学で進んでいます。

 

大学時代は日本東洋美術史を専攻しましたが、高校が男子校だったことから少しでも女子が多そうな学科を選んだとのこと。

 

また大学時代に研修旅行で京都に行っています。

 

加えて小出さんは当時は飲食店のキッチンでアルバイトをしていました。

 

なお当初は映画監督志望であることをインタビューで話しています。

 

「将来を考えれば考えるほど、映画監督のような表現する仕事に就きたいという気持ちが強くなっていきました」

 

小出さんは大学1年生だった2002年にオーディション雑誌「De-View」の誌面に顔写真が掲載されたことがきっかけで、大手芸能事務所の「アミューズ」にスカウトされて芸能界入りしています。

 

 

ちなみに芸能事務所に入所したのはあくまでも映画監督という夢に近づくためで、最初の頃は俳優の仕事はアルバイト感覚でおこなっていました。

 

当初は「ナイキ」などの高校モデルを務めていましたが、その翌年の2003年5月には舞台「キセカエ人魚」で、いきなり主演デビューしています。

 

また大学時代は「プロミス」や「マクドナルド」などのCMにも起用されています。

 

 

大学入学後すぐに芸能事務所入りして仕事もはじめたことから、大学でも女性との交流がなかったことをインタビューで明らかにしています。

 

当時の同級生も意外にも小出さんは大学時代に女性と話すのは苦手だったと週刊誌のインタビューで証言しています。

 

「彼は慶應義塾高校からの内部進学で、大学時代は男友達が多かったけど、女性と話すのは苦手なイメージでしたね」

 

その一方で芸能活動の傍らで熱心に授業には出席しており、教授が「みんな小出君を見習うように」と言ったほど学習態度は真面目でした。

 

また大学時代は中国語も勉強しています。

 

大学3年生だった2005年1月に映画「パッチギ」に出演して俳優として注目を集めています。

 

 

ちなみにこの映画への出演をきっかけに小出さんは意識が変わり、本気で役者の仕事に取り組むようになったそうです。

 

「パッチギ!」の監督、井筒和幸さんの厳しさに自分なりに必死で立ち向かったことで、演じることに執着が芽生えたというのと、現場がとにかく刺激的だった。

 

なおこの映画ではヒロインとして出演した女優の沢尻エリカさんもブレイクしています。

 

またこの年には連続ドラマ「ごくせん」(第2シリーズ)にも出演しています。

 

 

なおこのドラマには同じく生徒役として亀梨和也さんや赤西仁さん、小池徹平さんや速水もこみちさん、高良健吾さんといった後に売れっ子となる俳優が多数出演していました。

 

 

ちなみにこのドラマへの出演がきっかけで、速水さんとは親友になっています。

 

小出さんはこのように大学時代に人気若手俳優になっていますが、学業と仕事を両立させて大学はキッチリと卒業しています。

 

降も数々の話題作の連続ドラマや映画に出演しています。

 

スポンサードリンク

 

小出恵介の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:神奈川県 慶応義塾高校 偏差値75(超難関)

 

 

 

小出恵介さんの出身高校は、私立の男子校の慶応義塾高校です。

 

この高校は慶応義塾大学の系列校で、卒業生は原則として慶応義塾大学に進学できるので現在ではかなりの難関校になっています。

 

小出さんは系列の中学校からの内部進学ではなく、一般受験でこの高校に入学しておりかなりの学力を有していました。

 

 

小出さんは高校時代はバスケットボール部に在籍しており、部活動にも励んでいます。

 

当時は複数のバスケットボール関連の雑誌を毎月購入し、NBAの試合も見るなどバスケットボールにかなり熱を入れています。

 

ただしバスケットボール部の練習のため文化祭などにも参加できずに、他校の女子校生との交流の機会を逃しています。

 

また高校時代の小出さんは映画監督志望で、毎晩のように映画を観ていました。

 

さらに8ミリフィルムの自主映画「妄想族」を監督・主演しています。

 

加えて当時の小池さんは「ザ・ブリリアント・グリーン」の川瀬智子さんの大ファンで、ファンクラブにも入会していました。

 

ちなみに高校3年生の時には彼女がいたとのこと。

 

 

【主な卒業生】

櫻井翔(嵐)

ミッツ・マングローブ(タレント)

石原裕次郎(俳優)

石原良純(タレント)

岩田剛典(三代目J Soul Brothers)

 

スポンサードリンク

 

小出恵介の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:神奈川県 川崎市立宮前平中学校 偏差値なし

 

 

 

小出恵介さんの出身中学校は、川崎市内の公立校の宮前平中学校です。

 

小出さんは出身中学校を明らかにしていませんが、インんたーネット上やツイッターにはこの学校への在籍情報が複数見られます。

 

 

 

 

中学校時代もバスケットボール部に在籍していました。

 

このように小出さんは難関大学に進学していますが、中学校・高校ともに部活動もおこなっており文武両道型の生徒でした。

 

なお中学3年生の部活引退後に2か月間だけ猛勉強して、難関の慶応義塾高校に合格しています。

 

 

【主な卒業生】

MAKIDAI(EXILE)

 

小出恵介の学歴~出身小学校の詳細

 



 

出身小学校:神奈川県 川崎市立富士見台小学校(有力)

 

 

 

小出恵介さんの出身小学校は、川崎市内の公立校の富士見台小学校が有力です。

 

実家が川崎市宮前平にあると言われており、校区が該当するのがこの小学校です(川崎市立宮前平小学校の可能性もあり)。

 

家族構成は両親と弟の4人家族です。

 

 

父親は大手企業のエリート商社マンと言われ、裕福な家庭に育っています。

 

小学校3年生のから5年生までは父親の仕事の都合でインドのニューデリーに在住していました。

 

インド時代はニューデリー日本人学校に通学しています。

 

 

 

またこの学校のほか、インターナショナルスクールにも通学しており当時から英語が堪能でした。

 

小学生時代からWスクールというのは凄いですね。

 

ちなみにインドの公用語のヒンドゥー語に関してはほとんど話せないとインタビューで話しています。

 

さらに当時は現地の豪邸に住んでおり、家政婦やコック、門番や運転手までいたといいますから驚きです。

 

また家の床は大理石造りで鬼ごっこができるほど広かったとのこと。

 

小学校6年生の時に帰国していますが、当時のあだ名は「インド人」でした。

 

なお小出さんは小学校時代はテニスをしていました。

 

さらに小学校時代には劇団に所属していた経験があるようです。

 

以上が小出恵介さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

デビュー後は順調に俳優としてキャリアを重ねて、数々の話題作のテレビドラマや映画に出演していました。

 

(のだめカンタービレ)

 

ところが2017年6月に女子校生との不適切な関係をフライデーされたため、所属事務所から契約を解除されています。

 

とは言え2020年8月に新たな芸能事務所と所属契約を結んで芸能活動を再開することを公表しています。

 

さらにこの年には「ピカルの定理」で共演していた菜々緒さんとアメリカで偶然に再会したことを、菜々緒さんがインスタグラムで報告しています。

 

 

大きな代償を払いましたが、もともと演技力には定評があるので俳優としての復活を期待したいものですね。

 

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ