アンジェリーナ1/3の学歴|出身高校(精華学園高校)大学や中学校の偏差値と子役時代のかわいい画像

 

ミュージシャンのアンジェリーナ1/3さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。子役としても活動していたアンジェリーナ1/3さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、子役時代のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

アンジェリーナ1/3(あんじぇりーな さんぶんのいち)

 

 

2001年12月25日生

身長非公表

血液型はA型

 

東京都出身のミュージシャン、タレント

ガールズバンド「Gacharic Spin」のメンバー

本名非公表、愛称は「アンジー」

 

以下ではアンジェリーナ1/3さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします

 

スポンサードリンク

 

アンジェリーナ1/3の学歴まとめ

 

出身大学:進学せず

出身高校:精華学園高校

出身中学校:不明

出身小学校:不明

 

アンジェリーナ1/3の学歴~出身高校(精華学園高校)・大学の詳細

 

出身高校:精華学園高校 通信制課程 偏差値なし

 

 

 

アンジェリーナ1/3さんの出身高校は、精華学園高校の通信制課程です。

 

この高校は2009年開校の広域制通信制高校で、全国の主要都市に約50のキャンパスや学習センターを設置しています。

 

また通常のカリキュラムのほか、音楽や美術、英語などを学べるコースや声優を目指すコースなどを設置しています。

 

アンジェリーナ1/3さんは出身高校を明らかにしていませんが、インターネット上に在籍情報が複数見られます。

 

またツイッターにも「セイガク」との情報があり、この高校の略称になります。

 

さらにインタビューでも「音楽や表現に関することを専門的に学べる高校」に通学したと述べているので、この高校の出身者で間違いないでしょう。

 

アンジェリーナ1/3さんはどこのキャンパスに通学していたかは不明ですが、生徒はみんな自我がすごかったとのことです。

 

「私が主人公」というタイプの子ばかりだったことからこそ、人間関係は難しかったそうです。

 

また高校時代には勉強はしていなかったと振り返っています。

 

アンジェリーナ1/3さんは高校時代の学園祭ではじめて弾き語りに挑戦をしており、その姿をガールズバンド「Gacharic Spin」のリーダーが見て、オーディションを受けるように勧められました。

 

当時のことについて別のインタビューでは次のように話しています。

 

「母校での文化祭で、音楽は素人の私が人前で初めてギター1本を持って歌ってMCをやりました。その姿を、気になる子を探していたベースのFチョッパーKOGAさんが見て声をかけてくださり、オーディションを経て2019年に加入しました。」

 

 

高校2年生の時にバンドに加入をしており、当時はバンドの結成10周年のタイミングでした。

 

アンジェリーナ1/3さんは「マイクパフォーマー」と言われており、当初はボーカルじゃないことにがっかりしています。

 

しかし活動をしていく中で「表現できることは全部やっていいよ」「Gacharic Spinを表現する“声”になってほしい」と言われたことで、マイクパフォーマーという役割を徐々に理解していきました。

 

また学生時代には本をよく読んでいましたが、バンドに加入して以降は読む時間があまりなくなったようです。

 

 

なおアンジェリーナ1/3さんは高校卒業後は大学には進学せずに、芸能活動に専念しています。

 

以降も「Gacharic Spin」のメンバーとして活動しています。

 

 

その傍らでタレントとしても活動しており、「サンデージャポン」や「踊る!さんま御殿!!」などのテレビ番組に出演しています。

 

 

またラジオ番組のパーソナリティも務めています。

 

今後の活動にも注目ですね。

 

 

スポンサードリンク

 

アンジェリーナ1/3の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:不明

 

アンジェリーナ1/3さんの出身小学校は、都内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

インタビューで東京の下町育ちと述べていますが、現時点で出身地は不明で手がかりは掴めませんでした。

 

中学1年生の頃までは子役として活動していました。

 

子役時代は主にCMに出演していました。

 

アンジェリーナ1/3さんは中学1年生の時に父親が他界をしました。

 

後述するようにアンジェリーナ1/3さんは、父親の期待に応えて子役として活動をしていましたが父親が亡くなって落ち込むあまり「一番見てほしかったお父さんがいないのに、やっていても意味がない」と子役を辞めました。

 

父親が亡くなった時のことについてインタビューでは次のように話していました。

 

「親族もみんな泣いている中で、なぜか自分は『強くいなくちゃいけない』と思ってしまって。すごく強がっていたし、そのせいで周りの人と上手く話すことが難しくなったんです。」

 

このような状況でアンジェリーナ1/3さんがすがったのが音楽だったといいます。

 

また友人はあまりいませんでしたが、3歳の頃からずっと支えてくれる親友がいました。

 

中学時代には不登校になった時期もありましたが、親友が支えてくれました。

 

このことについてはインタビューで次のように話しています。

 

「そんなときもずっとそばにいてくれて、ぜんぜん言葉がまとまらない状態のときでも、『うんうん』と聞いてくれたんです。その後、ちゃんと学校に通えるようになって、高校に進学できたのもその子のおかげだと思います。

 

当時のアンジェリーナ1/3さんは、意外にも根暗で周囲の目を気にするタイプでした。

 

スポンサードリンク

 

アンジェリーナ1/3の学歴~出身小学校の詳細

 

出身小学校:不明

 

アンジェリーナ1/3さんの出身小学校は、都内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

家族構成やきょうだいの有無について詳細は不明です。

 

 

父親は日本人で、母親はスペインとフィリピンのハーフです。

 

そのためアンジェリーナ1/3さんはクオーターにあたります。

 

小学生の頃から男みたいな声だとからかわれたこともあって、自身の声が好きではありませんでした。

 

しかし当時から歌う人になりたいという思いがあったとのことです。

 

アンジェリーナ1/3さんは小学3年生の頃から子役として活動をしていました。

 

 

演技の仕事をしていた時期がある父親から「お父さんの夢を叶えてくれたら嬉しい」と言われて、CMなどに出演をしていました。

 

小学6年生の頃にはバンドサウンドが好きだったことから、恋愛の曲やソロの女性ボーカリストの曲はあまり聴いたことがありませんでした。

 

しかし友人がカラオケでaikoさんの「Kiss Hug」を歌っているのを聴いて、素敵な曲だと思い歌詞やメロディーまで意識するようになったといいます。

 

以上がアンジェリーナ1/3さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

ミュージシャンとして活動する傍らで、タレントやラジオ番組のパーソナリティなどマルチな活動を展開しています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ