馬瓜エブリンの学歴と経歴|出身高校大学や中学校の偏差値と学生時代のエピソード

 

バスケットボール選手の馬瓜エブリンさんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。タレントとしても数々のテレビ番組に出演している馬瓜さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、当時のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

馬瓜エブリン(まうり えぶりん)

 

 

1995年6月2日生

身長180㎝

血液型はB型

 

愛知県東郷町出身のバスケットボール選手、タレント、実業家

本名同じ

 

以下では馬瓜エブリンさんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします

 

スポンサードリンク

 

目次

馬瓜エブリンの学歴~出身高校(桜花学園高校)・大学の詳細

 

出身高校:愛知県 桜花学園高校 偏差値49~58(コース不明のため)

 

 

 

馬瓜エブリンさんの出身高校は、私立の女子校の桜花学園高校です。

 

この高校は1923年開校の私立高校で、バスケットボール部が全国的な強豪として知られています。

 

また同校は以下の3つのコースを設置していますが、馬瓜さんがどのコースに在籍したかは不明です。

 

特進:偏差値58

国際キャリア:偏差値55

進学:偏差値49

 

なお妹の馬瓜ステファニーさんもこの高校の出身者ですが、3歳年下のため在校期間は重なっていません。

 

小学5年生の時にたまたまミニバスケットボールの大会を観に来ていたこの高校の井上監督に「桜花学園遊びに来る?」と声をかけられており、馬瓜さんは二つ返事で遊びに行っています。

 

当時はバスケットボールの強豪校とは知らなかったことから井上監督に対して、「このおじいちゃん誰だろう」という感じだったとのことです。

 

この頃に全国大会があるということを知って、この高校がバスケットボールで日本一だということも知りました。

 

馬瓜さんはこの高校に入学後にバスケットボールを本格的にはじめており、当時のことについてはインタビューで次のように話しています。

 

「いざ高校の練習に入ってみると一瞬にして『こんなところでバスケ続けられるのかな』って思いました。今まで楽しむバスケだったのに勝ちにこだわるバスケになったので、あまりにも厳しすぎて、嫌になってしまい逃げだしたくなる時も何度かありました(笑)。」

 

 

この時には一瞬ですが、バスケットボールを辞めたいとまで思ったことを明かしています。

 

しかしやはりバスケットボールが好きで、井上監督と話をしたり、練習を重ねて上手くなると楽しいという思いもあったことから辞めずに粘ったと振り返っています。

 

馬瓜さんはこの高校のバスケットボール部でエースとして活躍しており、インターハイ、国体、ウインターカップをすべて優勝して高校三冠を達成しています。

 

 

またU-17の日本代表に選出をされており、世界選手権でベスト4に進出しました。

 

【主な卒業生】

髙田真希(女子バスケットボール日本代表)

石川ひとみ(歌手)

久松史奈(歌手)

 

なお馬瓜さんは高校卒業後は大学には進学せずに、アイシン・エィ・ダブリュ・ウィングス(現在はアイシン)に加入をしています。

 

22歳だった2017年にはトヨタ自動車アンテロープスに移籍しています。

 

 

また日本代表でも主力選手として活躍しており、2021年の東京オリンピックでも銀メダルに貢献しています。

 

 

加えて馬瓜さんは2022年にワタナベエンターテインメントに所属して、タレントとしても活動を開始しています。

 

 

 

さらにスポーツ事業などに関連する会社を立ち上げて、実業家としても活動しています。

 

今後の活動にも注目ですね。

 

スポンサードリンク

 

馬瓜エブリンの学歴~出身中学校(東郷町立東郷中学校)の詳細

 

出身中学校:愛知県 東郷町立東郷中学校 偏差値なし

 

 

 

馬瓜エブリンさんの出身中学校は、地元愛知県東郷町内の公立校・東郷町立東郷中学校です。

 

中学校時代もバスケットボール部に在籍して、競技に打ち込んでいました。

 

 

ただし小学校、中学校時代のバスケットボールはほとんど遊び感覚だったといいます。

 

14歳の時に日本代表として大会に出場するために家族揃って日本国籍を取得しています。

 

両親に対しては「私の夢をかなえるため、ふるさとの国籍を捨てる決断をしてくれた」と感謝の気持ちを明かしていました。

 

そしてU-16の日本代表として選出をされました。

 

馬瓜さんはガーナ出身の両親のもとに生まれたことから、周囲とは性格や身体的特徴が違うことをからかわれることもあって高校入学までは落ち込むこともありました。

 

このことについては次のように話しています。

 

「たしかにみんなと違うところがたくさんあると思っていたけど、それについてパっと嫌なことを言われてしまうのは、結構あったと思います。自分も子どもなので、今みたいに笑顔でいられれば良かったけど、やっぱりそうもいかなかったし。」

 

しかしバスケットボールによって救われたとのことで、「この体に生まれてきてよかったし、能力を使わなければもったいない」と語っていました。

 

 

【主な卒業生】

佐藤二朗(俳優)

 

スポンサードリンク

 

馬瓜エブリンの学歴~出身小学校(東郷町立高嶺小学校)の詳細

 

出身小学校:愛知県 東郷町立高嶺小学校

 

 

 

馬瓜エブリンさんの出身小学校は、地元東郷町内の公立校・東郷町立高嶺小学校です。

 

家族構成は両親と妹の4人家族です。

 

両親はガーナ人ですが、愛知県で生まれ育ちました。

 

3歳年下の妹のステファニーさんもバスケットボール選手として活躍しています。

 

馬瓜さんは小学生の頃には水泳とピアノを習っており、当時のことについてはインタビューで次のように話しています。

 

「水泳は育成強化クラスまでやっていて、内容としては厳しかったです。水泳をやってからピアノのレッスンに行ったので眠くなってしまい、全然集中もしてなくてピアノの先生にめちゃくちゃ怒られた記憶があります。」

 

 

怒られることが嫌で辞めたいと思っていた小学4年生の時に地元のミニバスケットボールクラブに入団しましたが、結果的にバスケットボールが一番きつかったといいます。

 

以上が馬瓜エブリンさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

高校時代からバスケットボール選手として頭角を現しており、現在は日本代表でも中心選手として活躍しています。

 

またその明るいキャラクターが注目されて、タレントとしても数々のバラエティ番組に出演しています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次