川村優希(医師)の学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値と若い頃のかわいい画像

 

医師でタレントの川村優希さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。情報番組のコメンテーターとしてお馴染みの川村さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、若い頃のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

川村優希(かわむら ゆうき)

 

 

1985年11月18日生

身長162㎝

血液型はO型

 

神奈川県横浜市出身の医師、タレント

本名同じ

 

以下では川村優希さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします

 

目次

川村優希の学歴まとめ

 

出身大学院:東京大学大学院 医学系研究科

出身大学:横浜市立大学 医学部医学科

出身高校:横浜雙葉高校

出身中学校:横浜雙葉中学校

出身小学校:横浜雙葉小学校

 

川村優希の学歴~出身大学(横浜市立大学)の詳細

 

出身大学:横浜市立大学 医学部医学科 偏差値68(超難関)

 

 

 

川村優希さんは高校卒業後は、公立大の横浜市立大学に進学しています。

 

この大学には現役で合格しており、かなりの学力を有していました。

 

在籍したのは医学部医学科です。

 

大学時代は手話サークルに在籍をしていました。

 

川村さんは大学1年生の時に悪性リンパ腫の診断を受けており、当時のことについては次のように振り返っていました。

 

「12年間育った学校を卒業し、大学生になり外の世界へ飛び出してすぐに悪性リンパ腫ステージⅣBとの診断があり、思い描いていた希望だらけの未来と辛い闘病生活の落差に心が追いつけなかったことを思い出しました。」

 

医学部の授業はスケジュールがかなりハードな上に試験も多く、実習も休むことができないため体力面が不安で、闘病中には大学に戻れるのかと考えていたといいます。

 

「無理をして再発してしまったら」と考えると不安で、大学を辞めようとも思いましたが、仮に辞めてしまうと「これからの人生どうなるのだろう」と先の見えない不安に追い詰められていました。」

 

最終的には、色んな先生の助けもあり大学には2年遅れで復学をしています。

 

 

復学後にはストレートで進級をすることもでき、大学6年生の時には学年で成績上位1名が選出される特待生に選ばれて学費が免除されています。

 

また大学時代にはミス横浜市立大学医学部にも選ばれました。

 

大学はトータルで8年間在籍していますが無事に卒業して、医師免許も取得しています。

 

スポンサードリンク

 

なお川村さんは大学卒業後は、クリニックで勤務をしながら東京大学大学院医学系研究科に進んでいます。

 

 

 

また仕事の傍らで学業も頑張っており、東京大学大学院の修士過程を修了しています。

 

 

30歳だった2015年から情報番組「スッキリ!!」のコメンテーターを務めています。

 

するとその美貌でタレントとして注目を集めています。

 

以降は「さんま御殿」などのバラエティ番組や「ネプリーグ」、「ミラクル9」といったクイズ番組にも出演しています。

 

 

今後の活動にも注目ですね。

 

スポンサードリンク

 

川村優希の学歴~出身高校(横浜雙葉高校)の詳細

 

出身高校: 神奈川県 横浜雙葉高校 偏差値67(難関・推定)

 

 

 

川村優希さんの出身高校は、私立の共学校の横浜雙葉高校です。

 

この高校は1900年開校のキリスト教系のミッションスクールで、地元では古くから「お嬢様学校」として知られています。

 

また同校は高校からの募集のない完全中高一貫校で、偏差値は推定になります。

 

川村さんもこの高校の系列の中学校に通っていたことから、内部進学で進んでいます。

 

高校時代は帰宅部で、部活動などはおこなわなかったようです。

 

 

川村さんは中学生の頃から将来医師になりたいと思っていましたが、本格的に医師を志すようになったのは高校生の頃からでした。

 

その一方で高校3年生の秋にはすでに体調が悪く、この頃から悪性リンパ腫の症状はありました。

 

また川村さんにとって受験勉強はかなり苦痛で、当時のことについて自身のブログで次のように振り返っています。

 

「医者になりたいと思うのなら高校生のうちに努力するしかないんだな、今全力で頑張らないとあとできっと後悔する!と自分に言い聞かせて勉強していました。勉強している時間は私にとって苦痛で時々泣きながら歯を食いしばって勉強していたなー」

 

川村さんは受験勉強の中で英語が一番好きな科目でしたが、文法や単語はできてもリスニングが苦手でした。

 

しかし川村さんが大学受験をした際にはリスニングはなかったとのことで、次のように振り返っています。

 

「実は私が高校生のときからセンターでのリスニング試験導入が現実的に議論されていて、私がセンターを受ける2年後からの導入が決定。『私の代は逃げ切った!!』とほっとしたものですヽ(´o`;)」

 

【主な卒業生】

牧島かれん(政治家)

八木亜希子(アナウンサー)

渡辺真理(アナウンサー)

日比麻音子(アナウンサー)

佐々木舞音(アナウンサー)

篠原かおり(タレント)

 

スポンサードリンク

 

川村優希の学歴~出身中学校(横浜雙葉中学校)の詳細

 

出身中学校:神奈川県 横浜雙葉中学校 偏差値63(やや難関)

 

 

 

川村優希さんの出身中学校は、私立の女子校の横浜雙葉中学校です。

 

この中学校の系列の小学校に通っていたことから内部進学で進んでいます。

 

中学時代は演劇部に在籍をしていました。

 

川村優希の学歴~出身小学校(横浜雙葉小学校)の詳細

 

出身小学校:神奈川県 横浜雙葉小学校

 

 

 

川村優希さんの出身小学校は、私立の女子校の横浜雙葉小学校です。

 

家族構成は両親がいることは分かっていますが、きょうだいの有無については現時点では情報がなく不明です。

 

川村さんは小学生の頃から歌手だった安室奈美恵さんの大ファンで、「安室ちゃんが生きがいで心を支えてくれる存在」だと明かしていました。

 

また小学生の頃の夏休みの宿題は毎年ギリギリで、始業式が9月4日と少し遅めだったことから、8月31日から焦りだし宿題が終わらないことに絶望的な気持ちになって毎日泣いていたとのことです。

 

そんな時に父親は助け舟を出してくれましたが、それとは逆に母親は怒り出していたといいます。

 

また川村さんは幼少期からダニアレルギーで高校生くらいまでは、生活に支障を来すほどで悩んでいました。

 

以上が川村優希さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

医師として活動する傍らで、情報番組にコメンテーターとして出演しています。

 

またタレントとしても数多くのテレビ番組に出演しています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次