泉健太の学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値と若い頃のかっこいい画像

 

政治家の泉健太さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。立憲民主党の代表を務める泉さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、若い頃のかっこいい画像なども併せてご紹介いたします

 

泉健太(いずみ けんた)

 

 

1974年7月29日生

身長176㎝

血液型はO型

 

北海道石狩市出身(札幌市生まれ)の政治家

立憲民主党所属

本名同じ

 

以下では泉健太さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

泉健太の学歴~出身大学(立命館大学)の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:立命館大学 法学部 偏差値55(中の上)

 

 

 

泉健太さんは高校卒業後は、私立大の立命館大学に進学しています。

 

在籍したのは法学部です。

 

泉さんは大学時代には弁論部に在籍をする傍ら、関西学生弁論討論交流会の会長や全日本学生弁論討論交流会の会長なども務めていました。

 

 

それに加えて、ボランティア活動や政治啓発運動に力を入れて取り組んでいます。

 

泉さんは大学3年生だった1995年に阪神大震災が発生した際には、現地に行ってボランティア活動をおこなっています。

 

この活動を通してボランティアの大切さを知っており、以降は様々な活動をおこなうようになりました。

 

ちなみに大学卒業後の1997年にはナホトカ号重油流出事故が起こった際に、バス2台を貸し切って学生たちを乗せて重油回収のボランティアをおこなっています。

 

後述するように泉さんは小学生の頃から政治家を志していましたが、この大学に入学後は政治海外でも世の中を良くするような仕事はたくさんあると感じています。

 

とは言え、泉さんは大学時代に政治家に「なりたい」や「目指す」ではなく、「僕は政治家になります」と公言していました。

 

また泉さんは市長選の公開討論会を実現する運動に関わっており、投票率を上げるための活動もおこなっていました。

 

そこでNPO活動やNGO活動のようなことをすることができないのか悩みましたが、仕事にすることは難しいと思ったようです。

 

泉さんは大学時代の成績が優秀で、卒業の際には立命館大学法学部長賞を受賞しました。

 

大学卒業後には、当時参議院議員だった福山哲郎さんの秘書を務めています。

 

29歳だった2003年の衆議院議員選挙で、民主党から出馬して初当選を果たしています。

 

 

その後は希望の党や国民民主党を経て、立憲民主党に合流しています。

 

2021年11月からは辞任した枝野幸男さんの後を引き継いで、立憲民主党の代表に就任しています。

 

 

今後の政治的手腕にも注目ですね。

 

スポンサードリンク

 

泉健太の学歴~出身高校(札幌開成高校)の詳細

 

出身高校:北海道 札幌開成高校 偏差値63~66(学科不明のため)

※現在は市立札幌開成中等教育学校

 

 

 

泉健太さんの出身高校は、市立の共学校の札幌開成高校です。

 

この高校は1962年開校の公立校で、地元では古くから進学校として知られていました。

 

2017年に中高一貫校の市立札幌開成中等教育学校になっています。

 

また同校は以下の2つの学科を設置していますが、泉さんがどちらの学科に在籍したかは不明です。

 

コスモサイエンス:偏差値66

普通:偏差値63

 

ただし大学は文系の学部に在籍したので、普通科に在籍した可能性が高そうです。

 

泉さんは高校時代は野球部に在籍をして、部活動に打ち込んでいました。

 

また生徒会の活動にも積極的に参加しており、生徒会長も務めていました。

 

高校時代までは政治への憧れから、政治家になりたいという強い思いを持っていました。

 

しかし泉さんが正しいと思う勢力は、なかなか勝たずに総選挙でも負け続けており、「なぜこの国は自民党以外の政党が育たないのか」という疑問があったことをインタビューで話しています。

 

【主な卒業生】

山田雅樹(ミュージシャン・元ラウドネス)

松山育恵(女優)

 

スポンサードリンク

 

泉健太の学歴~出身中学校(石狩市立花川北中学校)の詳細

 

出身中学校:北海道 石狩市立花川北中学校 偏差値なし

 

 

 

泉健太さんの出身中学校は、地元北海道石狩市内の公立校・石狩市立花川北中学校です。

 

中学時代も野球部に在籍をして、野球に熱中していました。

 

【主な卒業生】

金子大地(俳優)

 

泉健太の学歴~出身小学校の詳細

 

出身小学校:不明

 

泉健太さんの出身小学校は、地元石狩市内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

ただし出身中学校の校区からすれば、以下の3校のいずれかの可能性が高そうです。

 

石狩市立双葉小学校

石狩市立花川小学校

石狩市立紅南小学校

 

泉さんは4人兄弟の末っ子です。

 

父親の訓雄さんは、「ザ・保守」というような政治風土の中で地域の町内会長のようなことをしていたため、自宅の居間にはよく地域の人が集まって雑談をしていました。

 

その後は石狩市の市議会議員を務めており、地域の相談に応じることには熱心でしたが政策力はほとんどなかったため、泉さんは父親を反面教師的に見ていたといいます。

 

泉さんは勝ち気でわんぱくなタイプの子供でした。

 

小学生の頃には兄の影響で野球をはじめています。

 

 

泉さんは小学生の頃に政治家になりたいと思うようになりました。

 

このきっかけとなった原体験についてはインタビューで次のように話しています。

 

「隣の家に足の悪いおばあちゃんがいて、僕はその家の雪かきをしていました。そうすると自家製のヨーグルトをくれた。誰かが喜んでくれることの喜びが原体験になっているような気がします。」

 

また小学生の頃に北海道で今までの既得権益によらない「勝手連」ブームが起きたとのことで、横路孝弘さんが知事となっています。

 

この時に市民の力で政治が変わり、権力がひっくり返ることを子供ながらに感じていたといいます。

 

以上が泉健太さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

20代後半で国会議員になりましたが、その後も順調に政治家としてキャリアを重ねています。

 

47歳だった2021年には、立憲民主党の代表に就任しています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ