竹内アンナの学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代のエピソード

 

シンガーソングライターの竹内アンナさんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。ギターの弾き語りスタイルで知られる竹内さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

竹内アンナ(たけうち あんな)

 

 

1998年4月25日生

身長157.3㎝

血液型は非公表

 

京都府宇治市出身(アメリカ・ロサンゼルス生まれ)のシンガーソングライター

本名同じ、別名義は「ANNA」

 

以下では竹内アンナさんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

竹内アンナの学歴~出身大学(立命館大学)の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:立命館大学 国際関係学部 偏差値58(中の上)

 

 

 

竹内アンナさんは高校卒業後は、私立大の立命館大学に進学をしています。

 

在籍したのは国際関係学部です。

 

またこの大学の系列の高校に通っていたことから、内部進学で進んでいます。

 

竹内さんは高校時代にアジアに訪れて貧富の差を目の当たりにしたことがきっかけとなり、大学では国際系の学部に入りました。

 

大学の授業を通じてミュージシャンのMIYAVIさんがUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の親善大使として活動をしていることを知り、各国の難民キャンプを訪問している姿に素敵だと思ったことを明かしています。

 

竹内さんはいつか自分も音楽を通して支援活動に関わっていきたいと思いました。

 

 

大学生活についてはインタビューで次のように話しています。

 

「今やっている仕事とはまったく別の世界ですし、しかもどっちもやりたくてやっていることなのでとても楽しいです。仕事と別の刺激があることは自分の中で大きいなと思っていて。」

 

友人からも刺激を受けているとのことで、仕事を頑張れる糧になっているとインタビューで語っていました。

 

仕事面では大学2年生だった2018年に、ファーストシングル「at ONE」でメジャーデビューを飾っています。

 

 

その後は竹内さんは週末を利用して東京に行き、仕事をおこなっていました。

 

また新型コロナウイルスの影響で卒業旅行には行くことができなかったとのことです。

 

このように大学時代も音楽活動をおこなっていましたが、学業もしっかりとおこなっており大学はキッチリと卒業しています。

 

 

大学卒業後はメディアへの出演も増えています。

 

またYOUTUBEの公式チャンネルも好評です。

 

 

今後の活動にも注目ですね。

 

スポンサードリンク

 

竹内アンナの学歴~出身高校(立命館宇治高校)の詳細

 

出身高校:京都府 立命館宇治高校 偏差値67(難関)

 

 

 

竹内アンナさんの出身高校は、私立の共学校の立命館宇治高校です。

 

この高校は1965年開校の立命館大学の系列の私立高校で、自由な校風で知られています。

 

またスポーツも盛んで、女子駅伝部やアメリカンフットボール部は全国大会の常連です。

 

加えて同校は以下の3つのコースを設置していますが、竹内さんがどのコースに在籍したかは不明です。

 

IB:偏差値67

IG:偏差値67

IM:偏差値67

 

この高校の系列の中学校に通っていたことから、内部進学で進んでいます。

 

後述するように中学生の頃からシンガーソングライターを志しており、高校に進んだ後は本格的にライブハウスに出演したり、ストリートライブを行いながら曲作りをしていました。

 

また高校生の頃には学校内の芝を利用して、いかにインスタ映えをする写真を撮れるか競い合っていました。

 

高校2年生の時に音楽理論の勉強をはじめたことを明かしています。

 

同時期にアメリカのシンガーソングライターのジョン・メイヤーに出会っており、コードの使い方や指の動きに衝撃を受けたと言います。

 

竹内さんにとってこれまでのシンガーソングライター像の概念を壊してくれた存在だったそうです。

 

【主な卒業生】

中西学(プロレスラー)

倉木麻衣(歌手)

久保裕也(サッカー元日本代表)

 

スポンサードリンク

 

竹内アンナの学歴~出身中学校(立命館宇治中学校)の詳細

 

出身中学校:京都府 立命館宇治中学校 偏差値59(中の上)

 

 

 

竹内アンナさんの出身中学校は、私立の共学校の立命館宇治中学校です。

 

この中学校には中学受験で入学しており、勉強も得意でした。

 

中学・高校を通じて部活動などはおこなっていませんでした。

 

竹内さんは中学1年生の頃からギターを本格的に習いはじめており、プロのギタリストであり音楽教室も展開している中村大輔さんのレッスンを受けていました。

 

そのため中村さんを師匠と呼んでおり、プロになるために必要なことの他、礼儀なども教えてもらったといいます。

 

また竹内さんは中学1年生の時から日記みたいなものを書いていたため、それにメロディをつけるようになりました。

 

しかし当時はギターが好きで、興味本位で曲作りをしていたため、自分で歌おうとは思っていませんでした。

 

中学3年生の時にライブハウスに出たときにオリジナル曲を披露したところ、非常に楽しくその時にはじめてプロのシンガーソングライターになりたいと思いました。

 

竹内さんは楽曲「Ordinary days」を中学3年生の時に書いており、当時の心境につい杖インタビューで次のように話していました。

 

「私が通っていた学校は中学と高校が一緒だったんですけど、高校に上がるときに別のコースを選ぶ仲良しの友達もいて、“離れ離れになっちゃうな”と寂しい気持ちになって。クリスマスや誕生日みたいな特別な記念日よりも、友達と普通にしゃべっている日常のほうが好きだなと思って書いたのが、〈Ordinary days〉です。」

 

竹内アンナの学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:不明

 

竹内アンナさんの出身小学校は、地元京都府宇治市内の公立校のようですが校名などの詳細は不明です。

 

家族構成は母親がいることは分かっていますが、きょうだいの有無については現時点では不明です。

 

アメリカのロサンゼルスで生まれて5歳まで過ごしており、その後は京都府に移住をしています。

 

ロサンゼルスで過ごしたことはあまり覚えていないようです。

 

幼少期からサッカーや水泳、乗馬など様々な習い事をおこなっていましたが、どの習い事も続かずに1年程度で辞めてしまいました。

 

母親が音楽好きだったこともあり、邦楽や洋楽、新旧ジャンルなど問わず何でも聴いていました。

 

小学6年生のときにBUMP OF CHICKENの「カルマ」を聴いて、鳥肌が立ったそうでその時に竹内さんも音楽をやる側の人になりたいと思いました。

 

そしてとにかく楽器を練習しようと思い、ギターを購入してもらい好きな曲のカバーをしていました。

 

また宇治小倉ギター教室に通って、ギターを習っていました。

 

以上が竹内アンナさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

このところは人気も上昇して、メディア出演も増えています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ