片山美紀気象予報士の学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代のエピソード

 

気象予報士の片山美紀さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。「首都圏ネットワーク」などでお馴染みの片山さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

片山美紀(かたやま みき)

 

 

1991年3月7日生

身長150㎝

血液型は非公表

 

大阪府岸和田市出身の気象予報士、タレント

ウェザーマップ所属

本名同じ、愛称は「みきティー」

 

以下では片山美紀気象予報士の出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

片山美紀の学歴~出身大学(早稲田大学)の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:早稲田大学 文化構想学部 偏差値68(難関)

 

 

 

片山美紀さんは高校卒業後は、名門私立大の早稲田大学に進学しています。

 

在籍したのは文化構想学部です。

 

大学入学を機に上京しています。

 

当初は学生寮に住んでいましたが、後に寮を出て下宿生活をしています。

 

後述するように通っていた高校から東京の大学に進学をする友人がいなかったため、当初は知り合いも全くいませんでした。

 

片山さんはそこから何か築いていかなければ頑張った意味がないと思っていました。

 

大学時代にはアナウンサースクールのテレビ朝日アスクに通学しています。

 

ここではアナウンス科のほか、気象予報士養成講座にも通学していました。

 

アナウンス科では以下の人物たちが同期でした。

 

弘中綾香(テレビ朝日)

中島芽生(日本テレビ)

後藤晴菜(日本テレビ)

国山ハセン(TBS)

鷲見玲奈(テレビ東京)

赤木野々花(NHK)

 

そして片山さんは在学中に気象予報士試験を受けていますが、学科試験は合格するも実技試験では不合格となっています。

 

しかし当時はそれほど真剣に勉強をして臨んでおらず、自身のブログでは次のように振り返っています。

 

「大学生の時に、何となくマスコミの就活に有利そう~♪という感じで、ふわふわ~っと軽い気持ちで受験していました。もちろん勉強はしましたが、サークルにバイトにと、普通に学生生活も謳歌しながら、片手間の受験だったので、天才でもなんでもない自分はまあ当然、受かりませんでした(笑)」

 

ちなみに片山さんは大学時代は親からけっこうな金銭的援助を受けていたそうです。

 

大学の学費や生活費だけではなく、アナウンサーを志した時にもいろんな地方のテレビ局を受けたことから移動費用がかさんでいました。

 

片山さんのアルバイト代だけでは賄うことができなかったため、親に足りない分を出してもらっていたとのことです。

 

なお片山さんは大学を卒業した2013年に、契約キャスターとしてNHK富山放送局に入局をしました。

 

 

NHKに入局した理由についてはインタビューで次のように話していました。

 

「テレビの仕事に中学生の頃から憧れがありました。私は田舎暮らしでテレビがエンタメの主力だったので、テレビをよく見ていたんです。」

 

そして自然とこの画面の向こうに行きたいという気持ちが芽生えていました。

 

24歳だった2015年3月に、気象予報士の国家試験に合格しています。

 

ちなみにこの試験は毎年合格率が5%程度のかなりの狭き門です。

 

片山さんは2016年3月にNHKを退局してウェザーマップに転職して、気象予報士としての活動を開始しています。

 

 

2020年3月からはNHK専属となって、「首都圏ネットワーク」などのテレビ番組に出演しています。

 

 

すると知名度も大幅に上昇して、人気気象予報士になっています。

 

今後の活動にも注目ですね。

 

スポンサードリンク

 

片山美紀の学歴~出身高校(羽衣学園高校)の詳細

 

出身高校:大阪府 羽衣学園高校 偏差値49~58(コース不明のため)

 

 

 

片山美紀さんの出身高校は、私立の共学校の羽衣学園高校です。

 

この高校は1923年開校の私立高校で、部活動が盛んなことで知られています。

 

特にホッケー部は全国大会の常連です。

 

また同校は以下の3つのコースを設置していますが、片山さんがどのコースに在籍したかは不明です。

 

文理特進Ⅰ類:偏差値58

文理特進Ⅱ類:偏差値54

進学:偏差値49

 

ただし前記のように難関私大の早稲田大学に進学しており、最上位の文理特進Ⅰ類に在籍した可能性が高そうです。

 

この高校の系列の中学校に通っていたことから内部進学で進んでいます。

 

片山さんは中学1年生のときから高校3年生まで、同じ電車に乗り学校に通っていました。

 

後述するように片山さんは以前からメディア業界に進みたいと思っていましたが、高校時代にアナウンサーを志しています。

 

国語の授業で友人から本読みを褒められたことがきっかけでアナウンサーになりたいと思ったそうです。

 

またキャスターにも憧れを抱いており、インタビューでは次のように語っていました。

 

「昔から見ていたニュース番組で、テレビで落ち着いたトーンで情報をしっかり伝えてくれるキャスターに憧れを持っていて。私も自分の言葉でしっかり伝えられるキャスターになりたいなと思い、志望しました。」

 

片山さんは高校生の頃に紫式部の書いた「源氏物語」を漫画化した「あさきゆめみし」に夢中になったことを明かしています。

 

当時のことについてはインタビューで次のように語っていました。

 

「私が学生の頃、『NANA』という漫画が流行りましたが、NANAよりも、あさきゆめみしの方がずっとドロドロで、人間関係が複雑過ぎる恋愛漫画です。ちょっと過激ですが、古典の勉強に興味を持つきっかけになります」

 

また片山さんが通っていた高校は進学校ではなかったため、東京の大学に進学する人は非常に少なかったとのことです。

 

【主な卒業生】

コシノヒロコ(ファッションデザイナー)

久川綾(声優)

森ほさち(元宝塚歌劇団)

 

スポンサードリンク

 

片山美紀の学歴~出身中学校(羽衣学園中学校)の詳細

 

出身中学校:大阪府 羽衣学園中学校 偏差値47(やや容易)

 

 

 

片山美紀さんの出身中学校は、私立の共学校の羽衣学園中学校です。

 

この中学校には中学受験で入学しています。

 

ただし片山さんの中学時代の情報は現時点ではほとんど見当たりません。

 

片山美紀の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:不明

 

片山美紀さんの出身小学校は、地元大阪府岸和田市内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

家族構成やきょうだいの有無についても現時点では情報がなく不明です。

 

片山さんは地方で育っており、現在ではインターネットがありますが子供の頃は自分の知らない世界を教えてくれたのはテレビだったといいます。

 

そのためインタビューでは昔からメディア業界を志望していたことを明かしています。

 

以上が片山美紀気象予報士の学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

当初はNHKの契約キャスターを務めていましたが、在職中に気象予報士の試験に合格しています。

 

2020年から「首都圏ネットワーク」に出演すると、「かわいい」と話題になっています。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ