入江聖奈の学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値|高校時代からカエル好き

 

ボクシング選手の入江聖奈さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。東京オリンピックでは見事に金メダルを獲得した入江さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、当時のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

入江聖奈(いりえ せな)

 

 

2000年10月9日生

身長164㎝

血液型は非公表

 

鳥取県米子市出身のボクシング選手

本名同じ

 

以下では入江聖奈さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

入江聖奈の学歴~出身大学(日本体育大学)の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:日本体育大学 体育学部 偏差値38~45(学科不明のため)

 

 

 

入江聖奈さんは高校卒業後は、私立大の日本体育大学に進学しています。

 

在籍したのは体育学部ですが、専攻した学科は不明です。

 

ちなみにこの大学の体育学部には、以下の2つの学科が設置されています。

 

体育学科:偏差値45

健康学科:偏差値38

 

 

この大学では柔道女子の阿部詩さんと同級生ですが、「自分が話しかけるのは恐れ多い」と話しています。

 

また女子板飛び込み代表の三上紗也可さんも同級生です。

 

入江さんはこの大学で心理学のゼミに所属しており、「浮気の境界線」について研究をしています。

 

入江さんは大学入学後は実力がついてオリンピックで金メダルを目指すようになっており、このことについては次のように話しています。

 

「大学1年生の時に出場した世界選手権でベスト8。正直なところ、まだシニアで通用する自信はなかったのですが、メダルまであと一歩のところまでいけたことで、『メダルも全然夢じゃない』と感じることができて。」

 

 

それからは東京オリンピックで金メダルを取りたいと願うようになりました。

 

そして2021年に東京オリンピックで女子フェザー級で、日本女子ボクシング史上初となる金メダルを獲得しています。

 

 

大学卒業後はボクシングを辞めて就職をするとのことでインタビューでは次のように話しています。

 

「日本体育大学出身でオリンピック金メダリストといったら、企業の方々からは『スポーツしかできない』と思われてしまいそうです(笑)。人事の方がオリンピックで金メダルをとったことをどう評価してくださるのかわかりませんが、面接などを通してスポーツしかできないイメージを払拭できるようにしたいです。」

 

 

大学3年生の時にはすでに同級生は就職活動に励んでいることから、入江さんは出遅れているとのことですがこれから差を埋められるように頑張ると話していました。

 

またオリンピックで金メダルをとったことでバラエティ番組などに引っ張りだこになり、「さんま御殿」や「セブンルール」、「サンデージャポン」などのテレビ番組に出演しています。

 

 

 

その際にはカエル好きが話題になっています。

 

明治生命保険のCMにも起用されています。

 

今後の活動にも注目ですね。

 

スポンサードリンク

 

入江聖奈の学歴~出身高校(鳥取県立米子西高校)の詳細

 

出身高校:鳥取県 米子西高校 偏差値56(中の上)

 

 

 

入江聖奈さんの出身高校は、県立の共学校の米子西高校です。

 

この高校は1906年開校の県立校で、部活動が盛んなことで知られています。

 

入江さんはこの高校に一般受験で入学しており、勉強も苦手ではないはずです。

 

またこの高校にはボクシング部はなく、米子市内のシュガーナックルジムでボクシングに励んでいました。

 

 

ちなみにこのジムには高校3年生まで13年間通っていました。

 

入江さんは中学時代まで負けなしでしたが高校1年生の時にはじめての挫折を味わっており、インターハイに優勝候補として出場した際に当時高校2年生だった並木月海さんに負けてしまいます。

 

しかし高校2・3年生の時の同じ大会では優勝を勝ち取っています。

 

高校3年生の時の全日本選手権の大人も出場するシニアの部で優勝をしてからは、オリンピックに出場するという夢が現実味を帯びてきたといいます。

 

 

また入江さんは「カエル探しの旅をしたい」と発言するほどカエル好きですが、カエルにハマったきっかけについては次のように話しています。

 

「高校時代の友人が魅力を教えてくれたのですが、そのつぶらな瞳と、手や体型など、人間味あふれる表情が私の心を捉えました(笑)。」

 

【主な卒業生】

イモトアヤコ(お笑い芸人)

 

スポンサードリンク

 

入江聖奈の学歴~出身中学校(米子市立後藤ヶ丘中学校)の詳細

 

出身中学校:鳥取県 米子市立後藤ヶ丘中学校 偏差値なし

 

 

 

入江聖奈さんの出身中学校は、地元米子市内の公立校・米子市立後藤ヶ丘中学校です。

 

大学で同級生になる三上紗也可さんとは、小学校・中学校時代も同級生でした。

 

中学時代は陸上部に在籍をしており、800mを専門種目としていました。

 

 

中学1年生の時には全国中学駅伝に出場しています。

 

ただし走る、飛ぶ、蹴るなどの動きは得意ですが逆上がりができないとのことです。

 

入江さんはスポーツの中でも複雑な動きが入ってくると苦手のようです。

 

なお中学時代も3年間前記のジムに通って、ボクシングにも打ち込んでいました。

 

 

【主な卒業生】

藤原聡(Official髭男dism)

中田浩二(サッカー元日本代表)

九里亜蓮(プロ野球・広島カープ)

 

入江聖奈の学歴~出身小学校(米子市立義方小学校)の詳細

 

 

出身小学校:鳥取県 米子市立義方小学校

 

 

 

入江聖奈さんの出身小学校は公立の米子市立義方(ぎほう)小学校です。

 

家族構成は両親と3人家族です(ひとりっ子)。

 

父親は大工として働いています。

 

小学2年生の時に暇つぶしで読んだ漫画「がんばれ元気」でボクシングのチャンピオンに憧れて、見よう見まねでパンチの練習をしていました。

 

 

そこで両親にボクシングの練習をしたいと打ち明けたところ、母親は入江さんの顔に傷がついてしまうことを心配していましたが父親は賛成してくれました。

 

そして入江さんは「シュガーナックルジム」に入門しており、当時のことについてインタビューでは次のように話しています。

 

「パンチを覚えるところとか全然面白くなくて、やめちゃおうかと思ったんですけど、週1ぐらいで練習していたら伊田武志会長に“スパーリングする?”と言ってもらって。そこから楽しくなった」

 

 

入江さんは小学校時代から運動神経がよく、市のマラソン大会で優勝したこともありました。

 

以上が入江聖奈さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

東京オリンピックでの活躍はめざましく、見事に金メダルを獲得しました。

 

 

またユニークなキャラクターがウケて、数多くのバラエティ番組に出演しています。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ