田澤廉の学歴と経歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代のエピソード

 

陸上選手の田澤廉さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。このところは陸上選手として驚異的な進化を遂げている田澤さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、当時の画像なども併せてご紹介いたします

 

田澤廉(たざわ れん)

 

 

2000年11月11日生

身長180㎝

血液型はO型

 

青森県八戸市出身の陸上選手

本名同じ

 

以下では田澤廉さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

田澤廉の学歴~出身大学(駒沢大学)の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:駒沢大学 経済学部 偏差値53(普通)

 

 

 

田澤廉さんは高校卒業後は、私立大の駒沢大学に進学しています。

 

高校時代から陸上競技で活躍しているので、恐らくは一般受験ではなくスポーツ推薦での入学でしょう。

 

また田澤さんは中学時代から駒沢大学に憧れを抱いていたことから、この大学に入学をしています。

 

 

この大学では陸上競技部に在籍をしています。

 

この大学に入学後は寮生活をしており、インタビューでは次のように話しています。

 

「先輩たちが優しくしてくれますし。1年生はいろいろ寮で仕事があるんですけど、それはどこの大学でもあることだし、強い先輩たちもやってきてることなんで、しっかりやろうと思ってます。つらさとかは感じたことはないです」

 

また高校時代はどちらかというと弱気でしたが、大学入学後は気持ちが変わったそうでインタビューでは次のように話しています。

 

「大学に入って、強気でいた方が多分モチベーションも上がって、結果もしっかり出せるかもしれないと無意識で思ってるかもしれないです。自分に言い聞かせてるところも……。あと、監督の期待度が大きくて、わかる範囲でもプレッシャーかけてくるので、期待に応えようという気持ちが大きいです。それで変わったのかもしれないです」

 

大学1年生だった2019年11月の全日本大学駅伝では2番目に長い7区で区間賞を獲得しており、次のようにコメントを残しています。

 

「それまでは10kmまでしかレース経験がありませんでしたが、全国規模の大会で初めての区間賞を獲得できてうれしかったですね」

 

 

田澤さんは大学2年生の時に主将を任されており、次のようにコメントを残しました。

 

「チームへの意識が変わりました。今までより強くなったというか、『自分だけ』という感情はほぼないですね」

 

また田澤さんはほかのインタビューで次のように話していました。

 

「1年時はどんな大会でもただガムシャラにやっている感じがあったんですけど、2年生になり、『駒澤のエース』『学生長距離界のトップ』という自覚があるので、負けないようにするにはどうしたらいいのかを考えるようになりました」

 

大学2年生だった2021年1月の箱根駅伝では2年生ながらエース区間の2区を任され、7人抜きをしてチームの優勝に大きく貢献しています。

 

 

大学3年生の2021年12月に開催された第293回日本体育大学長距離競技会で男子10000mでは、日本歴代2位で日本人学生最高となる記録を叩き出しました。

 

 

この際には2013年に大迫傑さん(当時早稲田大学)が記録した日本人学生最高記録を14秒87も更新しています。

 

この結果に対して田澤さんは「今年最大の目標だった世界選手権参加標準記録突破ができて満足しています」と喜びを見せました。

 

このような大学生離れした走りから、既に将来の日本長距離エースの声も上がるほどです。

 

 

今後の出場大会にも注目が集まりそうです。

 

スポンサードリンク

 

田澤廉の学歴~出身高校(青森山田高校)の詳細

 

出身高校:青森県 青森山田高校 普通科スポーツコース 偏差値39(かなり容易)

 

 

 

田澤廉さんの出身高校は、私立の共学校の青森山田高校です。

 

この高校は1918年開校の私立高校で、部活動が非常に盛んなことで知られています。

 

特にサッカー部や硬式野球部、卓球部は全国的な強豪です。

 

また同校は以下の9つのコースを設置していますが、田澤さんはスポーツコースに在籍していました。

 

特進:偏差値56

演劇:偏差値42

吹奏楽:偏差値42

美術:偏差値42

キャリアアップ:偏差値39

スポーツ:偏差値39

自動車:偏差値37

情報処理:偏差値37

調理:偏差値37

 

田澤さんは高校時代も陸上部に在籍して、競技に打ち込んでいました。

 

 

高校時代は3年間連続で全国高等学校駅伝の1区を走っています。

 

高校3年生の時に5000mで第8回アジアジュニア陸上競技選手権大会に出場して、銀メダルを獲得しました。

 

 

この時のことを自身のツイッターに次のように投稿しています。

 

「今回アジアジュニア選手権大会の5000mに出場させて頂きました!結果は2番という悔しい結果で終わってしまいました。次回海外選手と戦う時があれば、次こそは負けないようにこれからも頑張っていきたいです!」

 

このように田澤さんは高校時代に陸上選手として頭角を現しています。

 

またジュニアの世界大会で良績を挙げたため大学進学の際には陸上競技の強豪の複数の大学からスカウトされていますが、中学時代から憧れていた駒沢大学へ進学しています。

 

【主な卒業生】

柴崎岳(サッカー日本代表)

福原愛(卓球選手)

水谷隼(卓球選手)

錦織圭(プロテニス選手)

本田真凛(フィギュアスケート選手)

本田望結(フィギュアスケート選手)

彩香(りんご娘)

 

スポンサードリンク

 

田澤廉の学歴~出身中学校(八戸市立是川中学校)の詳細

 

出身中学校:青森県 八戸市立是川中学校 偏差値なし

 

 

 

田澤廉さんの出身中学校は、地元青森県八戸市内の公立校の八戸市立是川中学校です。

 

田澤さんは中学時代から本格的に競技をはじめており、中学3年生の時には全国中学校体育大会に出場し、決勝に進出しました。

 

ただし当時は傑出した選手ではなく、決勝では最下位の18位に終わっています。

 

また中学時代から駒沢大学陸上部のファンでした。

 

そのため駒沢大学陸上部の大八木監督に直々にサインを貰いに行ったことがありました。

 

田澤廉の学歴~出身小学校(八戸市立是川小学校)の詳細

 

 

出身小学校:青森県 八戸市立是川小学校

 

 

 

田澤廉さんの出身小学校は、地元八戸市内の公立校の八戸市立是川小学校です。

 

家族構成は両親と弟の4人家族です。

 

弟は同じく陸上選手の田澤駿さんです。

 

小学校時代の将来の夢はサッカー選手になることでした。

 

小学校の頃から地元のちびっこマラソン大会に出場しており、小学校4年生と5年生の時に優勝をしています。

 

以上が田澤廉さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

高校時代に陸上選手として頭角を現しましたが、大学時代に大きな進化を遂げています。

 

故障などなくこのまま成長すれば、日本男子長距離界のエースにもなりそうです。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ