清水依与吏(back number)の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値|陸上が凄かった!

 

back number」の清水依与吏さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。清水さんは学生時代は陸上競技に打ち込んでおり、中学時代には全国大会にも出場したほどでした。学生時代のエピソードや情報、若い頃のカッコイイ画像なども併せてご紹介いたします

 

清水依与吏(しみず いより)

 

 

198479日生

身長167

血液型はAB型

 

群馬県太田市出身のミュージシャン

ロックバンド「back number」のボーカル、ギター

本名同じ

 

以下では清水依与吏さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴/プロフィールの詳細

 

2004年に地元の群馬県でback numberを結成。 

2009年にミニアルバム「逃した魚」をインディーズからリリースしてCDデビュー。 

2011年のシングル「はなびら」でメジャーデビューを果たす。 

20139月に日本武道館で初のワンマンライブを開催。 

2014年に9thシングル「fish」が初のオリコンTOP10入り(4位) 

同年4月からラジオ番組「オールナイトニッポン」のパーソナリティを務める(20173月まで)

2015年に5thアルバム「シャンデリア」が初のオリコン1位を獲得する。

 

清水依与吏の学歴~出身高校(群馬県立伊勢崎商業高校)・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:群馬県 伊勢崎商業高校 偏差値47(やや容易)

 

 

 

清水依与吏さんの出身高校は、県立の共学校の伊勢崎商業高校です。

 

この高校は1917年開校の県立校で、部活動が盛んなことで知られています。

 

清水さんは高校時代は陸上部に在籍をしており、走り幅跳びを担当種目としていました。

 

後述するように中学時代から引き続き、高校時代も部活動に熱中をしておりインタビューでは次のように話していました。

 

「短距離走のほかにも走り幅跳びをやったり、最後のほうは槍投げをやったり、いろいろ手を出して、全体的にイマイチ伸び悩んだという(笑)。走り幅跳びなんて、最後の大会で3本全部ファールしちゃいましたし。僕、大事なところでコケるヤツなんですよ。うーん、ツライ。高校時代はツラかった!」

 

走り幅跳びは県大会に出場するほどの実力でした。

 

高校3年生の後半には当時交際していた彼女をバンドマンに取られており、清水さんはそのバンドマンよりもかっこいいバンドを作ったら戻ってきてくれるのではないかと考えました。

 

このことについてインタビューでは次のように話しています。

 

「当時、すごく好きな子がいたんですけど、その子がお笑いが好きで、僕もお笑いを頑張って勉強してたんですね。それである日突然、その子がバンドをやってる他の男を好きになってしまって、結局、その男に取られてしまったんですよ。だったら僕もバンドをやって、そいつを見返してやろうと。それでバンドを始めたんです。」

 

そしてバンド名を「back number」と名付けていますが、その理由についてもインタビューでは次のように話していました。

 

「彼女にフラれた自分は『back number(型遅れ)』でしかなかったんですよね。だから、彼女の気持ちを取り戻したかったという思いが強かったんだと思うんです。」

 

清水さんにとってこの失恋の経験は辛かったそうですが、高校時代は清水さんにとって重要な時期だったと語っています。

 

また清水さんは自分は恋愛に関してウジウジとしてしまうことがあることを明かしています。

 

ちなみに清水さんから彼女を略奪した男性はback numberのメンバーの栗原寿さんが以前組んでいたバンドのボーカルでした。

 

【主な卒業生】

あらゐけいいち(漫画家)

 

なお高校卒業後は大学などには進学しておらず、左官屋に就職をしています。

 

清水さんはバンドのメンバーを集めて20歳だった2004年からバンド活動を開始していますが、当時のメンバーの中で現在も活動をしているのは清水さんだけです。

 

当時のことについてはインタビューで次のように話しています。

 

「そこから一生懸命曲作って、ギターも練習して、メンバー探して、2年くらいかかってようやくバンドとして形になった矢先、音楽最優先だった僕と、仕事最優先だったメンバーとで意見が食い違ったんですよ。」

 

そしてメンバーは入れ替わりながら、バンドを結成して3年後には現在のメンバーとなっています。

 

 

清水さんはシンガーソングライターとして活動をするよりもバンドとして活動していくことを決めています。

 

このことについてはインタビューで次のように話していました。

 

「バンド始めた頃に自分がカッコいいなと思うバンドに沢山出会ったんですよ。いわゆるJ-POPシーンで活躍している人たちではなく、フィールドはインディーズでも、ちゃんと歌詞とメロディを際立たせてるバンド、そういうバンドを目指したかったっていうのがあって。」

 

 

バンドは2011年にメジャーデビューを飾っていますが、じわじわと人気が上昇して2013年には武道館ライブを開催しています。

 

 

以降もコンスタントにヒット曲をリリースしており、国内でも有数の人気バンドになっています。

 

 

今後の活動にも期待ですね。

 

スポンサードリンク

 

清水依与吏の学歴~出身中学校(太田市立城西中学校)の詳細

 

出身中学校:群馬県 太田市立城西中学校 偏差値なし

 

 

 

清水依与吏さんの出身中学校は、地元群馬県太田市内の公立校・太田市立城西(じょうさい)中学校です。

 

中学時代も陸上部に在籍をしていました。

 

当時はリレーで全国大会に出場して、8位になったこともありました。

 

清水さんは当時のことについてインタビューで次のように話しています。

 

「中学生の頃、リレーで全国大会に出たんですよ。まわりの選手が速かっただけなんですけど、才能があるんじゃないかと勘違いされまして(笑)。基本的には短距離走で、『オリンピックに出たい!』なんて夢を持ちながら、毎日部活ばっかりでしたね。」

 

スポンサードリンク

 

清水依与吏の学歴~出身小学校(太田市立宝泉東小学校)の詳細

 

出身小学校:群馬県 太田市立宝泉東小学校

 

 

 

清水依与吏さんの出身小学校は、地元太田市内の公立校の宝泉東小学校です。

 

家族構成は両親と姉の4人家族です。

 

父親は陶芸家で「依与吏」という名前もひらめきで命名されたそうです。

 

清水さんは子供の頃から運動神経がよく、スポーツは全般的に得意でした。

 

また当時から足も速かったとのこと。

 

以上が清水依与吏さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

バンド結成から7年後にメジャーデビューを果たすと、その2年後には武道館ライブも開催するなど、着実に人気を広げていきます。

 

清水さんはここまですべての曲の作詞・作曲を担当し、ボーカルを務めるなどまさにグループをけん引する存在です。

 

 

バンドは初の単独3大ドームツアーを敢行するなど、かなりの勢いもありますので、今後の動向にも注目が集まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ