ショックアイの学歴|出身高校大学や中学校の偏差値|進学校だった

 

歩くパワースポットとして知られる「湘南乃風」のSHOCK EYE(ショックアイ)さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実はショックアイさんはかなりの進学校に在籍していました。学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

SHOCK EYE(ショックアイ)

 

 

1976年12月14日生

身長非公表

血液型はA型

 

神奈川県鎌倉市出身のミュージシャン

「湘南乃風」のメンバー

本名は植村家浩

 

以下では「湘南乃風」のショックアイさんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

ショックアイの学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:東京都 芝高校(中退) 偏差値70(超難関)

 

 

「湘南の風」ショックアイさんが入学したのは、私立の男子校の芝高校です。

 

この高校は1906年開校の私立の伝統校で、都内でも有数の進学校としても知られています。

 

ショックアイさんは出身高校を明らかにしていませんが、インタビューで「東京タワーの真下にある高校に通学していた」ことを明らかにしています。

 

東京タワーの下にはこの高校と私立の正則高校(偏差値51)がありますが、ショックアイさんは通学していた高校を進学校としていますのでこちらの高校で間違いないはずです。

 

厳しい家庭環境だったせいかショックアイさんは家が好きになれず、高校時代は少し不良のようになりました。

 

たびたび家に帰らないこともありました。

 

大好きな音楽や仲間との出会いがあり、このまま音楽の道に進んでいきたいと志すようになります。

 

しかし当然親は賛成してくれませんでした。

 

家は本来自分にとって大事な居場所なはずなのに、自分の好きな音楽を親が応援してくれないことを知り、だんだん家を避けるようになっていきます。

 

そして高校2年生の時に傷害事件に巻き込まれて、高校を自主退学になったことをインタビューで明らかにしています。

 

「ちょっとやんちゃがすぎて、ある傷害事件に関わることになりました。16歳、高校2年生のときのことです。それが警察沙汰になり、学校に連絡が入り、親が呼び出される事態になりました。そこで突然「自主退学」を突きつけられました」

 

また当時は人生の終わりと思ったことを続けています。

 

「人生の終わりだと思いましたね(笑)。これまで進んで来たレールから、いきなり外されてしまったからです。そのときの僕は、親が示していた「勉強していい学校に行き、いい会社に入る」というレールの上を走る以外の選択肢を持ち合わせていませんでしたから」

 

以降も高校に入学し直したりせずに、大学などにも進学していません。

 

ただし後に大検(現在の高卒程度認定試験)に合格しており、高校卒業の資格を取得しています。

 

【主な卒業生】

鈴木ヒロミツ(歌手)

北方謙三(作家)

矢柴俊博(俳優)

 

ショックアイさんは高校中退後は、仲間と音楽の道に進みます。

 

短期間ジャマイカに行っていたこともありました。

 

22歳だった1998年に新人を集めてミックステープを録音した際に、HAN-KUNと出会ってしばらく2人で活動しています。

 

その後は若旦那さんやRED RICEさんも合流して、2001年に「湘南乃風」を結成しています。

 

 

グループは2004年にメジャーデビューを飾ると、「カラス」や「純恋歌」、「睡蓮花」などのヒットを連発して一躍人気グループになっています。

 

 

 

以降も精力的な活動を展開しています。

 

スポンサードリンク

 

ショックアイの学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:東京都 芝中学校 偏差値63(やや難関)

 

 

「湘南乃風」ショックアイさんの出身中学校は、私立の男子校の芝中学校です。

 

この中学校は出身高校に併設している系列校で、高校には内部進学で進んでいます。

 

またこの中学校には中学受験で進学しており高い学力を有していました。

 

ショックアイさんはこの中学校に進学するために、小学校4年生の頃から猛勉強をしています。

 

しかし中学に合格しても親に祝ってもらえませんでした。

 

実は前の年に成績が良かった兄が中学受験をして不合格だったのです。

 

そのためご両親としては、兄は落ちたのだから祝うのは辞めましょうという考えだったのです。

 

それはわかる気がしますが、お祝いをしないだけでなく、ショックアイさんが合格した話もするのは辞めようとお母さんが言うのです。

 

かなりお兄さんに気を使っていた印象です。

 

ショックアイさんとしては、必死で勉強してやっと合格できたのに、それを家族の前で素直に喜べないなんて…と、納得いきませんでした。

 

ショックアイさんは大人になってから中学受験で受かった時のことを思い出すと、とても

寂しい気持ちになると答えていました。

 

子供なのですから、合格したことを喜んでほしいに決まっていますよね。

 

その他にも家が厳しかったので、中学くらいから少しグレはじめています。

 

ちなみに中学・高校時代は鎌倉の自宅から東京都港区のこの高校まで電車通学をしていました。

 

加えて後にともに「湘南乃風」を結成することになる若旦那さんとは、中学時代から地元の知り合いでした。

 

スポンサードリンク

 

ショックアイの学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:不明

 

「湘南乃風」ショックアイさんの出身小学校は、地元鎌倉市内の公立校のようですが校名などは不明です。

 

家族構成は両親と兄、弟の5人家族です(3人兄弟の真ん中)。

 

母親は大変厳しい方だったようで、なぜかショックアイさんは一番厳しくしつけられていました。

 

武士の家系だったことからもしつけが厳しく、自分のことを理解して可愛がってくれるような親ではなかったとのことです。

 

そのためショックアイさんは幼い時から親との関係に苦しみ、あまりのびのびとした家庭環境ではありませんでした。

 

驚いたのは、その厳しさが普通の厳しさとは違うところです。

 

幼稚園の時は「お父様」「お母様」と呼ばなければならかなったというエピソードを明らかにしています。

 

ご飯を食べている時、テーブルに肘をつくのもいけません。

 

ショックアイさんが肘をついて食事をとってしまった時は、お父さんがショックアイさんの顔をテーブルに打ち付けて顔に傷がついてしまいます…。

 

その時の傷はいまだに残ってるのです。

 

今聞いたら幼児虐待では!?と感じてしまいますが、それがご両親の教育方針だったのでしょう。

 

そのためかショックアイさんは、家族の思い出はあまりないと話しています。

 

ただ唯一、ショックアイさんはお父さんとの思い出を大事にしています。

 

小学生の時お父さんと上野動物園に行った帰りに、吉野家に連れて行ってくれたことです。

 

「お母さんには内緒だぞ。」といって食べさせてくれた牛丼が、あまりにおいしくて「日本一おいしい!」と感激したのです。

 

以上が「湘南乃風」ショックアイさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

自身の意思とは裏腹に高校は退学となっていますが、その後はミュージシャンとして大輪の花を咲かせています。

 

在籍する「湘南乃風」は現在でも国内でも有数の人気グループとして知られています。

 

 

さらにショックアイさんはゲッターズ飯田さんに稀に見る運気の良さと診断されたことから、「歩くパワースポット」と呼ばれており、その画像を携帯の待ち受けに設定すると幸運が舞い込んでくるという伝説さえもあります。

 

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ