土性沙羅の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代のかわいい画像

 

レスリングの土性沙羅さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。無敵の強さでオリンピック金メダルを獲得した土性さんですが、実はレスリングを何度も辞めそうになっています。学生時代のエピソードや情報、当時のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

土性沙羅(どしょう さら)

 

 

19941017日生

身長159㎝ 、体重69kg

 

三重県松阪市出身のレスリング選手

 

以下では土性沙羅さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴/プロフィールの詳細

 

小学校4年生の時から全国少年少女選手権を3連覇。

2010年に世界ジュニアで優勝。 

同年から2011年にかけて全日本レスリング選手権を2連覇。 

2013年に世界選手権の初代表となり、銅メダルを獲得。 

2014年のワールドカップとアジア選手権に優勝するが、世界選手権では準優勝に留まる。 

2016年のリオデジャネイロオリンピックでは、五輪初出場で金メダルを獲得。 

同年11月に紫綬褒章を受章。 

同年の全日本選手権では1ポイントも落とさずに圧勝して6連覇を達成。 

2017年の世界選手権に優勝。

 

土性沙羅の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:至学館大学 健康科学部 偏差値43(容易)

 

 

 

土性沙羅さんは高校卒業後は、至学館大学に進学しています。

 

この大学の系列の高校に通学していたので、大学には内部進学で進んでいます。

 

 

土性さんはこの大学に進学した理由については、インタビューで「ここなら強くなれると思ったから」だと話しています。

 

また憧れの人にこの大学の卒業生である吉田沙保里さんを挙げており、次のように話しています。

 

「あこがれの選手はやはり吉田沙保里さんですが、レスリングに関係なくどんな分野であっても、努力し続けられる人ならみんな尊敬しています。」

 

土性さんは大学時代はこの大学で練習をしていたそうですが、部員同士がとても仲が良くレスリング以外のことでも何でも相談できることで仲間に支えられていると感じていたそうです。

 

当時のことについてインタビューで次のように話しています。

 

「みんながいて一致団結して目標に向かっているからきつい練習も乗り越えられるのであって、ひとりだったら絶対無理(笑)。試合でマットに立つときはひとりだけど、仲間がいて、応援してくれるひとがいて、『ひとりじゃない』と思えることは、とても大きな力になります。」

 

大学でもレスリング部に所属しており、大学1年生の時にはじめて世界選手権の日本代表に選ばれています。

 

 

そして大学4年生の時のリオデジャネイロオリンピックで、五輪初出場で金メダルを獲得する快挙を成し遂げています。

 

 

土性さんは当時についてインタビューで次のように話しています。

 

「会場に入ったときは『これがオリンピックかー』と思いましたが、あまり特別な雰囲気は感じませんでした。このオリンピックでは、なるべくリラックスして試合に臨むように心がけていました。」

 

オリンピックでの活躍により人気も全国区になって、週刊誌のグラビアに登場したこともありました。

 

 

このように大学時代にレスリング選手として大きく進化していますが、大学はキッチリと卒業しています。

 

 

大学卒業後は東新住建に在籍して、競技を続行しています。

 

2020年には大学の1年先輩でリオデジャネイロオリンピック48㎏級金メダリストの登坂絵莉さんとともに、YOUTUBEに公式チャンネル「えりさらちゃんねる」を開設しています。

 

 

東京オリンピックへの出場も内定しているので、活躍が期待されます。 

 

スポンサードリンク

 

土性沙羅の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:愛知県 至学館高校 スポーツサイエンス 偏差値48(やや容易)

 

 

 

土性沙羅さんの出身高校は、私立の共学校の至学館高校です。

 

同校は前身の中京女子大学附属高校時代から部活動が盛んで、特に女子レスリング部は全国的な強豪として知られています。

 

伊調馨さんや川井梨紗子さん、登坂絵莉さんらの金メダリストも同校の卒業生です。

 

土性さんはこの高校にはレスリングでさらに上を目指すために進学をしており、レスリング部に在籍しています。

 

しかし当初は朝5時半から至学館大学内のレスリング場で朝練をして1時間かけて高校に登校し、授業が終わるとまた練習という生活に疲れてしまったそうです。

 

そして練習が嫌になりレスリング場に向かう際に電車を目の前で見送って、練習をサボったこともありました。

 

しかし天皇杯などの大きな大会で優勝を勝ち取るととても嬉しかったそうで、この喜びがあったからこそレスリングを続けられたのかもしれないと話しています。

 

高校生の間では負けなしで、高校選手権では1年生の時から3連覇を記録しています。

 

高校2年生の時には早くも全日本選抜や世界ジュニアで優勝を遂げています。

 

高校3年生のときに試合で勝てない時期が続いたそうで、この時にはレスリングを辞めたくなるほどだったと言います。

 

また土性さんは漫画が好きで少女漫画のようなイラストをよく描いていたそうで、インタビューで次のように話しています。

 

「学生の頃は授業中、ノートの端っことかによく絵を描いていましたね。」

 

スポンサードリンク

 

土性沙羅の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:三重県 松阪市立鎌田中学校 偏差値なし

 

 

 

土性沙羅さんの出身中学校は、地元三重県松阪市内の公立校の鎌田中学校です。

 

中学時代もレスリングに打ち込んでおり、全国中学生選手権で2連覇を達成しています。

 

後述するように土性さんはずっとレスリングを辞めたいと思っていたそうですが、中学3年生のときに初めて海外遠征をして国際大会で優勝をしたことをきっかけにレスリングが楽しくなってきたそうです。

 

この大会で優勝したことで周囲から認められた感じがして、「自分も世界で通用するんだ」と自信が持てるようになったそうです。

 

土性沙羅の学歴~出身小学校の詳細

 



 

出身小学校:三重県 松阪市立第四小学校

 

 

 

土性沙羅さんの出身小学校は、地元松阪市内の公立校の第四小学校です。

 

家族構成は両親と姉、弟の5人家族です(3人きょうだいの真ん中)。

 

土性さんは7歳の時に、吉田沙保里さんの父親が主宰するレスリング道場「一志ジュニア」に入門しています。

 

 

レスリングをはじめたきっかけについてインタビューで次のように話しています。

 

「私の父が高校時代レスリング部で、吉田栄勝先生(吉田沙保里さんの父)に教わっていました。そのつながりで弟と一緒に吉田先生の『一志ジュニアレスリング教室』に入りました。」

 

 

両親はレスリングをさせたかったのではなく、食欲旺盛でだんだん太りはじめた土性さんを見かねて教室に入れたそうです。

 

この時に他にも柔道や空手、合気道の教室にも足を運んだそうですがレスリングが一番楽しそうに見えたと話しています。

 

土性さんは運動が苦手だったことから、教えられたことが上手くできずに毎日怒られてばかりだったため辞めたかったそうです。

 

子供の頃は毎日タックルの練習をしており休みもなかったことから、母親に「辞めたい」と泣きついたこともありましたが「辞めてもいいけど自分で先生に言ってね」と言われたそうで、言えないまま続けていました。

 

 

以上が土性沙羅さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

大学時代にオリンピックで金メダルを獲得するなど、レスリング選手として大きく進化しています。

 

また「かわいい」と評判で、ファンからは相性の「どしょたん」と親しまれています。

 

年齢的にも実力的にも東京オリンピックでは金メダルの有力候補になるはずですから、今後の大きな活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ