伊調馨の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と経歴

伊調馨(いちょう かおり)

 

10

 

1984613日生

身長166

血液型はB型

 

青森県八戸市出身のレスリング選手




 

経歴/プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

3人きょうだいの末っ子で、兄の寿行と姉の千春も元レスリング選手。

 

3歳からレスリングをはじめ、ジュニア時代から注目を集める。

 

当初は56キロ級の選手だったが、2歳年上の吉田沙保里に勝てなかったことから、2002年に63キロ級に転向。

 

同年の世界選手権で初優勝。

 

2004年のアテネオリンピックでは、金メダルを獲得。

 

 

2008年の北京オリンピックで金メダルを獲得して引退を表明したが、後に撤回した。

 

 

 

2012年のロンドンオリンピックでも金メダルを獲得し、日本人女子選手では初となる同一競技のオリンピック3連覇を達成。

 

 

2016年のリオオリンピックで、史上初の4連覇を達成。

 

 

同年に国民栄誉賞を受賞。

 

 

2018年に恩師だった栄和人監督によるパワハラ問題が浮上した。

 

学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身大学:中京女子大学 健康科学部 偏差値48(やや容易)

※現在は至学館大学

 

 

伊調馨さんは高校卒業後は、高校の系列の中京女子大学に内部進学します。

 

この大学は2007年から「女子大」の名称のまま共学化されて、2010年に至学館大学に校名が変わっています。

 

この大学もレスリングの名門として知られ、高校時代からのライバルの2歳年上の吉田沙保里選手も同大に進学していました。

 

’†‹ž—Ž(大学時代)

 

伊調さんの大学進学のタイミングで恩師である栄和人さんもこの大学に招聘されて、レスリング部の監督に就任しています。

 

 

また3歳年上の姉の伊調千春さんもこの大学のレスリング部に在籍していました。

 

後述するように高校3年生の時に吉田選手と競合しない63㎏級に階級を上げたことから、大学入学後は無敵の存在となっています。

 

吉田選手らと切磋琢磨した結果、大学1年生だった2003年の5月から、2014年の世界選手権まで172連勝という偉業も達成します。

 

そして20歳ではじめて出場したアテネオリンピックで金メダルを獲得。

 

 

姉の千春さんは惜しくも銀メダルに終わりましたが、支えてくれた姉をたたえて「2人でとった金メダル」と語っています。

 

 

以降もオリンピックでは女子選手としては史上初の4連覇を達成するなど、常識外の強さを発揮して、歴史に残る名選手となりました。

 

学歴~出身高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:中京女子大学附属高校 偏差値48(やや容易)

※現在は至学館高校

 

 

伊調馨さんの出身校は、私立の女子校(当時)の中京女子大学附属高校です。

 

同校はレスリングの名門校として知られ、登坂絵莉選手や土性沙羅選手、川井梨紗子選手などの金メダリストもOGです。

 

またこの高校は2005年に共学化されて、校名も至学館高校に変更されています。

 

後述しますが伊調さんは中学生の頃にこの高校の監督を務めていた栄さんにスカウトされて、スポーツ推薦で入学しています。

 

そして栄監督の指導の元、高校時代に伊調さんはその才能を開花させて世界的なレスリング選手に成長しています。

 

中学までは練習が週2回でしたが高校では毎日きつい練習や寮生活の寂しさから、入学3日目で泣いたことを告白しています。

 

高校時代はまさにレスリング漬けの毎日で、高校1年生の時から全国女子高校選手権で優勝するなど実力を発揮(但し、63キロ級)。

 

しかし56キロ級で出場した全日本女子選手権では、吉田沙保里選手に2年連続で敗北を喫して、高校3年生の時から本格的に階級を変更することになります。

 

後に63㎏級では無敵となる伊調選手ですが、実は階級を変更した直後のアジア大会で中国の許海燕選手に敗戦を喫しています。

 

この試合の敗戦で「63㎏級をなめんなよ」と言われた気がして、気持ちに火がついたことを後にテレビ番組に出演した際に語っており、伊調さんにとっては忘れられない試合になりました。

 

 

ちなみに対戦相手の許選手には、4年後のアジア大会でリベンジを果たしています。

 

—

そして高校3年生の時にはじめて出場した世界選手権で、早くも優勝を飾っています。

 

 

伊調さんは高校生活を振り返って、「精神的にかなり鍛えられた」と語っており、高校時代がその後の大きな糧になったようです。

 

また当時大学生だった姉の千春さんは当時から伊調さんを精神的に支えており、高校時代は千春さんと文通をしていました。

 

その際のエピソードを伊調さんは次のように話しています。

 

「毎日の生活を姉に話すことによって、また姉から返事が来る。そんな繋がりが当時の自分の支えになっていました。姉は私にとって子どもの頃からの目標であり、一番の理解者でもあります。だから、そんな姉の存在があったことで、辛くても頑張れたんだと思います」

 

学歴~出身中学校

 

スポンサードリンク



 

出身中学校:八戸市立長者中学校

 

 

伊調馨さんの出身中学校は、地元八戸市の公立校・長者中学校です。

 

中学時代は1年生の頃から全国大会で活躍して、全国女子中学選手権では3連覇を達成し「スーパー中学生」の異名をとるほどでした。

 

(中学時代・後列右)

 

しかし伊調さんは中学時代に人生ではじめて負けを喫して、レスリングを辞めようと思ったことがあります。

 

 

この時はあまりにショックだったことから伊調さんは練習を1か月も休んでいますが、練習に戻った際に絶対に怒られると思っていた監督から意外にも普通に迎えられたことから、気を取り直して復帰しています。

 

 

そして中学3年生の時に後に恩師となる栄和人さんが八戸市の実家に訪れてスカウトしたのが、2人の師弟関係のはじまりでした。

 

なおリオデジャネイロオリンピックで前人未到の4連覇を達成した際には、伊調さんは母校の小学校と中学校を訪問し、後輩たちから温かい祝福を受けています。

 



 

学歴~出身小学校

 



 

出身小学校:八戸市立長者小学校

 

 

伊調馨さんの出身小学校は、地元の八戸市内の公立校の長者小学校です。

 

家族構成は両親と兄、姉の5人家族です。

 

父親は寿司職人で、兄と姉はともにレスリング選手です。

 

ちなみに父親の伊調春行さんは、後に「キリンビール」のCMで伊調さんと姉の千春さんと共演しています。

 

 

また母親のトシさんは常に伊調さんを励ましてきましたが、2014年11月に自宅で倒れた際に頭を打って、急逝しています。

 

 

リオデジャネイロオリンピックで4連覇を達成した際には、伊調さんは「最後はお母さんが金メダルをとらせてくれた」とインタビューで語っています。

 

2歳の時から「八戸クラブ」に入って週2回のレスリングのトレーニングをはじめています。

 

レスリングをはじめた頃のことを伊調さんはインタビューで次のように語っています。

 

土曜と日曜に、家の近くの「八戸クラブ」に通っていたのですが、2時間のうち、基礎体力練習が1時間で、レスリングをするのは45分くらい。友達と一緒に厳しい練習に挑んで、コーチにあおられるのが楽しかったですね。週に2回しかないのがさびしくて、もっとやりたいと思っていました。

 

また幼稚園の頃から試合に出場していましたが、小学校1年生の時にはじめて男子と対戦した際には、相手の顔が怖くて泣いて棄権したエピソードもあります。(ただし対戦相手には小学校2年生の時にリベンジしている)

 

小学生時代には3歳年上の姉の千春さんには敵いませんでしたが、同世代では敵なしで、既に全国大会などでも活躍しています。

 

以上が伊調馨さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめになります。

 

前人未到のオリンピック4連覇を達成し、国民栄誉賞を受賞するなど、日本のスポーツ史上においても稀有なスポーツ選手です。

 

また恩師である栄和人監督のパワハラ問題などでも大きな注目を集めました。

 

2020年の東京オリンピックについては多くを語っていませんが、その動向も注目されます。

 

スポンサードリンク






 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ