川崎鷹也の学歴|出身高校大学や中学校の偏差値|ヤンキーの先輩と結婚していた!

 

シンガーソングライターの川崎鷹也さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。「魔法の絨毯」でブレイクした川崎さんですが、実は高校時代のヤンキーの先輩の女性と結婚していました。学生時代エピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

川崎鷹也(かわさき たかや)

 

 

1995年5月16日生

身長非公表

血液型はA型

 

栃木県那須塩原市出身のシンガーソングライター

本名同じ

 

以下では川崎鷹也さんの出身校の偏差値や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

川崎鷹也の学歴~出身高校・大学の詳細・ヤンキーの先輩と結婚していた!

 

スポンサードリンク

 

出身高校:福島県 黒磯南高校 偏差値46(やや容易)

 

 

 

川崎鷹也さんの出身高校は、県立の共学校の黒磯南高校です。

 

この高校は1976年開校の県立校で、2013年からは総合学科のみの設置になっています。

 

この高校の同級生にお笑いコンビ「髭兎」の薄井賢也さんがおり、川崎さんとは3年間同じクラスでした。

 

 

川崎さんは高校時代は帰宅部で、部活動などはおこなっていなかったようです。

 

当時はバイクで学校に通学していました。

 

また高校時代は勉強は得意ではなかったようで、インタビューでは次のように話しています。

 

「勉強はあんまりできなくて、体育が好きで。だいたいの先生からめっちゃ嫌われてるけど、ひとりだけめっちゃ仲いい先生がいる、みたいな高校生でした。」

 

川崎さんは自身で真面目ではなかったと話しており、蕎麦屋でアルバイト漬けの日々だったそうです。

 

この高校の2学年上に現在の奥さんが在籍しており、川崎さんが高校1年生の時によく一緒に遊んだそうですが高校時代に思いを伝えることはできなかったそうです。

 

ちなみに奥さんは不真面目でヤンキーだったと話しており、現在はうさぎカフェを経営しているそうです。

 

また当時から川崎さんは片想いをしていましたが、上京後に告白して本格的に交際をはじめています。

 

ちなみに川崎さんはツイッターで奥さんとのツーショットを公開していますが、残念ながら奥さんの顔などはよくわかりません。

 

 

 

川崎さんは高校3年生の時の文化祭で初めて人前で歌を披露し、自分がやりたいことが音楽だったと気づいたそうです。

 

この時のことをインタビューで次のように話しています。

 

「友達に誘われるまま、カラオケするみたいな感じだったんですけど、歌った時の他の友達の反応や会場にいる人たちの反応がすごくよくて。“あ、これはいけてるんだな”って調子に乗ったところがスタートでした(笑)。」

 

そして文化祭の翌日には親に「東京に行く」と話しました。

 

また薄井さんとも高校時代に「俺たち(東京に)行くしかないっしょ」と話していたそうで、インタビューで次のように話しています。

 

「本当に自分がやりたいことや、自分が好きなことはその友達ぐらいにしか言ってなかったんです。だから、背中を押してくれる唯一の友達でした。」

 

卒業文集には「毎日学校へ笑いに行っていました」と書いており、高校生活は充実しており刺激が多い日々だったそうです。

 

卒業式でも号泣していたそうですが、あまり覚えていないようです。

 

また上京するときにはオリジナル曲もないし、ギターも弾けない状態だったことから希望よりも不安が大きく不安9割だったと話しています。

 

上京をすると決めたのは一大決心だったようでインタビューでは次のように話しています。

 

「栃木から東京に出てくるのって一大決心で、傍から見るとただ東京に出てきただけかもしれないけど、当時の僕にとってはすごく覚悟のいることで。」

 

親にも反対された上に啖呵を切っており友人にも「売れてくるわ」と言って上京を決めたことから後戻りはできないと思っていたそうです。

 

なお川崎さんは高校卒業後は、専門学校のミューズ音楽院(偏差値なし)に進学しています。

 

 

 

この専門学校は1984年開校で、「B‘z」の松本孝弘さんやシンガーソングライターのKATSUMIさんらも卒業生です。

 

川崎さんはこの学校のボーカル専攻に在籍していました。

 

専門学校入学後にローンで6万円のギターを購入して、この頃からギターをはじめています。

 

ただしこの専門学校ではすでに曲を書いている人やライブをしている人がたくさんいたため、劣等感があり入学当初は恥ずかしくて悔しい思いをしたそうです。

 

しかし「せめてこの専門学校の中では一番を取らなきゃ」と思い、在学中の2年間はひたすら練習をしていました。

 

専門学校の時に初めて作った曲が「はじまりの詩」だそうで、今でもライブでたまに演奏しているようです。

 

専門学校に在学中は6人組のアコースティックユニット「Bocco.」としても活動していましたが、それぞれにやりたいことがあったことから解散しています。

 

 

 

また専門学校在籍当時にデビューなどの話もなかったことから、卒業後は一般企業に就職して3年間のサラリーマン生活を経験しています。

 

ただし川崎さんはサラリーマン生活をしながらも音楽活動は継続していました。

 

 

また会社も音楽活動に理解を示してくれたそうです。

 

そして25歳だった2020年にTik Tokに投稿した楽曲「魔法の絨毯」が話題になって、総再生回数2億回超えとなっています。

 

 

川崎さんはこれをきっかけに勤務していた会社をやめて、音楽活動に専念しています。

 

以降は「ミュージックステーション」や「CDTV」などの音楽番組にも出演しています。

 

 

さらにYOUTUBEの公式チャンネルも好評です。

 

 

今後の活動が楽しみなアーティストのひとりです。

 

スポンサードリンク

 

川崎鷹也の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:栃木県 那須塩原市立西那須野中学校 偏差値なし

 

 

 

川崎鷹也さんの出身中学校は、地元那須塩原市内の公立校の西那須野中学校です。

 

川崎さんは出身中学校を明らかにしていませんが、2021年2月にこの中学校の「3年生を送る会」にサプライズゲストとして登場したことから出身者であることが判明しています。

 

 

その際には楽曲を披露したほか、中学時代の恩師とも再会しています。

 

ただし川崎さんの中学時代のエピソードや情報などはほとんど見当たりませんでした。

 

スポンサードリンク

 

川崎鷹也の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:栃木県 那須塩原市立南小学校

 

 

 

川崎鷹也さんの出身小学校は、地元那須塩原市内の公立校の南小学校が有力です。

 

この小学校については読者の方から情報提供をいただきました(情報を提供していただいた方には感謝申し上げます)

 

家族構成は両親と兄の4人家族です。

 

父親が地元の栃木県でライブバーを経営していることから、幼少期から音楽は身近にあったそうです。

 

兄は4歳年上で子供の頃からバンドを組んで父親のバーで演奏するなど、音楽に親しんでいたそうです。

 

川崎さんも兄の影響で音楽を聴いており、中でも清水翔太さんの歌詞の世界観やメロディラインにとても惹かれるものがあったそうです。

 

また川崎さんは目立ちたがり屋でお調子者だったそうで、小学生くらいから漠然と将来は「ビッグになりたい」という気持ちがあったことをインタビューで話しています。

 

以上が川崎鷹也さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

2020年に動画が大ブレイクして、突如注目を集めています。

 

 

そのため一時は音楽番組などにも引っ張りだこになって「時の人」となっています。

 

今後のさらなる活躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ