西川貴教(TMレボリューション)の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と若い頃のかっこいい画像

 

人気ミュージシャンの西川貴教さんの出身高校の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。タレントして数々のバラエティ番組に出演している西川さんはどのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報なども併せてご紹介いたします

 

西川貴教(にしかわ たかのり)

 

西川

 

1970919日生

身長161

 

滋賀県出身のミュージシャン、タレント




 

経歴・プロフィールの詳細

 

1989年にロックバンド「LuisMary」を結成し、ボーカルを担当。 

1991年に「LuisMary」はメジャーデビューを果たすが、シングル3枚とアルバム3枚を残して1993年に解散。 

1996年からT.M.Revolution名義で活動を開始。 

1997年に6thシングル「WHITE BREATH」が初のオリコン1位となるヒットとなり、NHKの紅白歌合戦にも初出場。

その後も「HOT LIMIT」や「イグナイテッド」、「ヴェスティージ」などのヒット曲を量産。 

2000年に「ビューティフルライフ」でドラマ初出演し、2011年の「おくさまは18歳」では主役を演じた。 

その他にも「あっぱれ!!さんま新教授」などのバラエティ番組にも多数出演。 

私生活では1999年にパフィーの吉村由美と結婚したが、2002年に離婚した。

 

西川貴教の学歴~出身高校・大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身高校:滋賀県 野洲高校(中退) 偏差値39(かなり容易)

 

 

 

西川貴教さんの出身校は、県立の共学校の野洲(やす)高校です。

 

同校は部活動が盛んで、特にサッカー部は2006年の全国高校サッカー選手権で優勝するなど、全国的な強豪として知られています。

 

西川さんは高校時代は部活動などをおこなっておらず帰宅部でした。

 

また中学時代からバンドを組んで音楽活動を開始していますが、高校時代は「エルフ」というバンドでひたすらバンドに熱中したとインタビューで話しています。

 

高校時代に組んでいたバンドは地元ではかなり評判で、学園祭などのステージでは他校からファンが来場するほどの人気でした。

 

ただし西川さんはバンド活動にハマり過ぎて遅刻や早退を繰り返したあげく、最終的には同校を中退してしまっています。

 

(高校時代)

 

また高校時代を振り返って、地元にいてはなにも始まらないと思ったことをインタビューで話しています。

 

「最寄りのJR野洲駅は車両基地があって、兵庫の姫路や網干から出て大阪や京都を通ってきた電車の終着駅でもあります。深夜に終電が着くと、ホームに酔っ払ったサラリーマンが何人もいるような場所で。バンドを組んで音楽を始めた10代のころの自分は「ここにいたら何も始まらない」と思っていたし、だからこそ地元を離れたときは、もう二度とこの場所には帰ってこないつもりでした」

 

【主な卒業生】

乾貴士(サッカー選手)

間宮くるみ(声優)

 

西川さんは高校中退後に、大阪スクールオブミュージック専門学校高等課程(偏差値なし)に入学します。

 

 

 

この専門学校は1987年開校の音楽系の学校で、プロのミュージシャンの輩出に定評があり以下の人物たちが卒業生です。

 

松岡充(ソフィア)

植村花菜(シンガーソングライター)

ナヲ(マキシマムザホルモン)

岡本真夜(シンガーソングライター)

 

西川さんは音楽を学びながら高校卒業の資格も取得できる高等課程に入学しています。

 

また大阪に行った経緯については次のようにインタビューで話しています。

 

「バンドをやるなら大阪だなって思っていたので。特に僕が学生のころは、関西出身のアーティストがシーンの中でも台頭していたんです。当時の音楽雑誌でいうと『ロッキンf』や『FOOL’S MATE』に出ているようなバンドは、多くが関西出身だったんですよ。バンドのメンバー募集のページを見ても大阪や京都が多かったし」

 

そこで知り合ったメンバーと後にメジャーデビューすることになるバンドLuisMary」を結成し、本格的な音楽活動を開始することになります。

 

 

しかしバンドの人気が出るにしたがって授業には出席できなくなっています。

 

またバンドのメジャーデビューが決まり上京することになったので、最終的には同校も中退してしまっています。

 

そして20歳だった1991年7月に、LuisMary」はファーストシングル「Lainy Blue」でメジャーデビューを果たしています。

 

 

ただしその後もセールスが伸び悩み、バンドは1993年に解散しています。

 

とは言え1996年からT.M.Revolutionとしてのソロ活動を展開すると、瞬く間に人気に火がつき、ヒット曲も連発します。

 

 

 

 

さらに1999年に「PUFFY」の吉村由美さんと結婚した際には大きな話題になっています。

 

 

以降はミュージシャンのほか、タレントとしても数々のバラエティ番組に出演してます。

 

スポンサードリンク

 

西川貴教の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:滋賀県 野洲市立野洲中学校 偏差値なし

 

 

 

西川貴教さんの出身中学校は、地元野洲市内の公立校の野洲中学校です。

 

中学時代はハンドボール部に在籍して、部活動に打ち込んでいます。

 

また当時の西川さんは絵を描くのが大好きで、将来の夢は美術の先生でした。

 

中学時代からロックにハマってバンドを結成して音楽活動を開始しています。

 

当時は洋楽のアーティストのコピーバンドを結成して、文化祭のステージなどで演奏を披露していました。

 

【主な卒業生】

蔵間竜也(タレント・元大相撲力士)

 

スポンサードリンク

 

西川貴教の学歴~出身小学校の詳細

 



 

出身小学校:滋賀県 野洲市立三上小学校

 

 

 

西川貴教さんの出身小学校は、地元野洲市内の公立校の三上小学校です。

 

家族構成は両親と2人の妹の5人家族です(3人きょうだいの長男)。

 

 

両親が共働きだったことから、西川さんは幼い頃は妹ともに祖父母の家にいることが多かったそうです。

 

意外にも子供の頃は人見知りでした。

 

しかし小学校入学後は活発になっています。

 

 

また西川さんはスポーツが好きで、小学校時代は剣道をおこなっていました。

 

小学校時代にFMを聴きはじめて音楽に興味を持っています。

 

 

以上が「T.M.Revolution」西川貴教さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

現在でも楽曲がオリコンTOP10にチャートインするほどの根強い人気を誇り、ミュージシャンとしても第一線で活躍しています。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

「何いちびっとんねん」と激しく叩かれそうなくらい変なスター感出しまくりの西川ちゃん at モンマルトルの丘

西川貴教(@takanori9nishikawa)がシェアした投稿 –

 

また2020年に一般人女性と再婚した際には大きな話題になっています。

 

プロデューサーや実業家としての顔を持ち、多方面でマルチな活動も展開しており、今後の動向にも注目が集まります。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。

 

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ