水野真紀の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と若い頃のかわいい画像

 

女優の水野真紀さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。「きれいなおねえさん」のCMでブレイクした水野さんはどのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、若い頃のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

水野真紀(みずの まき)

 

 

1970328日生

身長162

血液型はA型

 

東京都出身の女優

本名は江野脇由紀(えのわき ゆき・結婚前)

 

以下では水野真紀さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介します




 

経歴/プロフィールの詳細

 

1987年に東宝「シンデレラコンテスト」で審査員特別賞を受賞して芸能界入り(グランプリは小高恵美) 

1989年のヒロインに起用された映画「冬物語」で女優デビュー。 

1990年のNHKの朝ドラ「凛々と」でテレビドラマ初出演。

1992年のパナソニックのCM「きれいなおねえさん」で知名度が上昇。 

1996年の映画「わが心の銀河鉄道」で日本アカデミー賞新人賞を受賞。 

1997年のSPドラマ「黒い樹海」でドラマ初主演。

以降は数多くの作品に出演し、テレビドラマの代表作は「スチュワーデス刑事」や「こちら本池上署」、「白い巨塔」など。

20043月に自民党の代議士の後藤田正純と結婚し、翌年に長男を出産している。

 

水野真紀の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:東洋英和女学院短期大学 英文科 偏差値45程度(当時)

※現在は閉校

 

出身大学:聖心女子大学 文学部教育学科 偏差値50(普通)

※卒業時は現代教養学部教育学科

 

水野真紀さんは高校卒業後は、東洋英和女学院短期大学に進学しています。

 

同大は1999年に廃止されており、現在はありません。

 

水野さんは高校時代の成績が優秀だったことから、推薦入学で進学しています。

 

短期大学に進学したのはデビューが決まっていたので、事務所から「学業は2年で終わらせましょう」と言われていたからです。

 

また仕事があったので、サークルなどにも在籍していませんでした。

 

ちなみに水野さんは短大時代に付き合っている彼氏がいました。

 

水野さんは短大時代を振り返ってモテていたことをインタビューで話しています。

 

「今思えば 短大時代はワタクシの、最初で最期のモテ期でした。バブルでしたね〜」

 

また後に結婚することになる政治家の後藤田正純さんは、短大時代からの友人です。

 

高校時代に芸能界入りしており、短期大学進学後に本格的に芸能活動を開始しています。

 

短大2年生だった1989年に、映画「冬物語」で女優デビューしています。

 

 

この映画では水野さんは宮崎萬純さんとともに、いきなりヒロインに起用されています。

 

またテレビドラマのロケで試験が受けられないこともありましたが、先生の後押しもあって追試を受けさせてもらっています。

 

このような恩師の助けもあって、短期大学は無事に卒業しています。

 

そして1992年に出演したパナソニックのCM「きれいなおねえさん」でブレイクしています。

 

 

 

ちなみに水野さんが「きれいなおねえさん」でブレイクしたことからこのCMはシリーズ化されて、以下の人気女優達も出演していました。

 

2代目松嶋菜々子

3代目片瀬那奈

4代目中谷美紀

5代目仲間由紀恵

 

 

最盛期はSPドラマで主演するなど、かなり多くのテレビドラマに出演していました。

 

 

そして水野さんは2018年に聖心女子大学文学部教育学科(偏差値50)の2年次に編入しています。

 

 

 

水野さんは進学した大学名こそ明かさなかったものの、有名女子大学で文学部教育学科に在籍したことを明らかにしています。

 

都内の大学で文学部教育学科を設置しているのはこの大学のみですから、入学先の大学が判明しています。

 

また短大時代の単位が一部認められ、2年次に編入しています。

 

大学に進学した際には、インタビューで次のように述べていました。

 

「今、動かないと後悔すると思って。どこまで頑張れるのか。自分の限界への挑戦でしかないですね。平日は、ほとんど大学に通います」

 

ちなみに水野さんは48歳で大学に入学しています。

 

 

この大学では教職課程も履修しており、幼稚園1種免許も取得しています。

 

そのため週6日も登校したこともありました。

 

2021年4月に、公式ブログでこの大学の卒業を発表しています。

 

その際には次のように綴っています。

 

「これからの社会に対して何ができるのかと深く考えたことは私の財産となりました。これらを糧に、俳優として、一社会人として、人生後半戦を充実したものにしたいと思います」

 

芸能活動をおこないながら、51歳で大学を卒業したのは立派ですね。 

 

スポンサードリンク

 

水野真紀の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:東京都 東京大学教育学部附属高校 偏差値60

※現在は東京大学教育学部附属中等学校

 

 

 

水野真紀さんの出身校は、国立の共学校の東京大学教育学部附属高校です。

 

この高校は1948年開校の国立高校で、2000年に中高一貫校の東京大学中等教育学校に移行しています。

 

同校は双生児の研究が有名で、全国的にも珍しい入学の際の双子枠があることで知られています。

 

ちなみに水野さんは双子ではありません。

 

高校時代は帰宅部で、部活動などはおこなっていませんでした。

 

また高校時代は学校の成績が良く、優等生タイプの生徒でした。

 

ただし高校時代に同級生の男子にフラれています。

 

高校3年生だった1987年に、沢口靖子さんらを輩出した東宝シンデレラで審査員特別賞を受賞して芸能界入りを果たしています。

 

 

ちなみにこの年のグランプリは元女優の小高恵美さんでした。

 

水野さんがこのオーディションに出場したのは、お姉さんが新聞の切り抜きを持っていたことがきっかけでした。

 

それを見た水野さんが自分をフッた同級生を見返すために、オーディションに応募したことをインタビューで明らかにしています。

 

ところが受賞後も学校ではなにもなかったそうです。

 

また受賞後の水着の撮影では泣いてしまったとのこと。

 

「受賞後にグランプリの子と一緒に私も水着で写真をいっぱい撮られたのですが、グランプリにはケープがかけられていたけど、私は水着姿をさらけ出したままで、当時女子高生が水着で写真を撮られるなんて恥ずかしいこと極まりなかったので、撮影が終わったら即効控え室に戻って泣きました」

 

すると泣いていた姿を見ていた東宝芸能のスタッフが、「あの子は悔しくて泣いているんだ。根性がある」と勘違いして、グランプリではないのにも関わらず芸能事務所に所属することになりました。

 

ただし水野さんは高校時代は学業優先のスタンスだったようで、芸能活動はおこなっていませんでした。

 

【主な卒業生】

大竹まこと(タレント)

 

スポンサードリンク

 

水野真紀の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:東京都 東京大学教育学部附属中学校 偏差値60(やや難関)

※現在は東京大学教育学部附属中等教育学校

 

 

 

水野真紀さんの出身中学校は、国立の共学校の東京大学教育学部附属中学校です。

 

この中学校は出身高校に併設している系列校のため、高校には内部進学しています。

 

水野さんは中学時代はバレーボール部に所属して、部活動に励んでいました。

 

バレーボール部では区大会で優勝したことがありました。

 

水野真紀の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:東京都 世田谷区立塚戸小学校

 

 

 

水野真紀さんの出身小学校は、地元世田谷区内の公立校の塚戸小学校です。

 

家族構成は両親と姉、弟の5人家族です。

 

実家は木梨憲武さんの親が経営していた木梨サイクルの近所で、自転車を購入したことがありました。

 

子供の頃はピアノと水泳を習っていました。

 

ただし水野さんの幼少期や小学校時代のエピソードや情報はさほど多くありませんでした。

 

以上が水野真紀さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

「きれいなおねえさん」のCMでブレイク後は、数々のテレビドラマに出演してきました。

 

また2004年に政治家の後藤田正純さんと結婚した際には、大きな話題になっています。

 

 

今後のさらなる活躍を期待したいところです。

 

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ