藤原紀香の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と学生時代

藤原紀香(ふじわら のりか)

 

%e8%97%a4%e5%8e%9f%e7%b4%80%e9%a6%99

 

1971628日生

身長171cm

 

兵庫県出身の女優、タレント

 

以下では藤原紀香さんの学歴や経歴、出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます




 

経歴・プロフィールの詳細

 
1992年にミス日本でグランプリを受賞し芸能界入り。 

1993年には東レの水着キャンペンガールに起用され、クイズ番組「クイズ!紳助くん」のアシスタントとしてテレビ初出演。 

同年の映画「ビッグタウンふたりの朝」で女優デビュー。 

1994年にアサヒビールのイメージガールとなる。 

1995年「毎度おじゃまします」でドラマ初出演。 

1998年のJPHONECMでブレイクし、翌年の「ナオミ」でドラマ初主演。 

その後は「昔の男」や「スタアの恋」、「愛と青春の宝塚」などキー局の連続ドラマで主演。 

20072月にお笑い芸人の陣内智則と結婚するも、20093月に離婚。

20163月に歌舞伎俳優の片岡愛之助と再婚した。

 

学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身大学:神戸親和女子大学 文学部英米文学科(中退) 偏差値42(容易)

 

 

藤原紀香さんは高校卒業後は、神戸親和女子大学に進学します。

 

この大学は神戸市北区にある私立大学で、文学部と発達教育学部のみを設置しています。

 

また後述するように藤原さんはこの大学の系列校に通っていたことから、大学には一般受験ではなく内部進学で進んでいます。

 

藤原さんは大学では英米文学を専攻しており、大学時代に英検の2級を取得しています。

 

また大学には実家から通学していたことから、門限が夜の10時でした。

 

在学中だった20歳の時に両親が応募したミス日本のグランプリを受賞しますが、応募したのは母親でした。

 

 

藤原さんの母親もミス日本に応募したことがあり最終選考まで進んでいますが、父親(藤原さんの祖父)に反対されて辞退した経緯があり、夢を娘に託したことをインタビューで明らかにしています。

 

ただしこのことがきっかけで藤原さんは芸能事務所にスカウトされていますが、両親は芸能界入りを最後まで反対したそうです。

 

そのため藤原さんも当初は芸能界入りをかなり迷っています。

 

「当時は神戸の大学に在学中で、夢をかなえるために両親の反対を押し切って上京しようか、するまいか迷っていた」

 

そのためデビューしてから4年間は、神戸の実家から新幹線で東京に通って仕事をしていました。

 

当初は主にグラビアアイドルとして活動していましたが、神戸と東京を往復して仕事をしていたこともあって、大学は中退してしまっています。

 

22歳の時に「東レ」のキャンペーンガールに起用されて、グラビアアイドルとして注目を集めています。

 

(東レキャンペーンガール時代の着物姿)

 

そして27歳だった1998年に出演した「J-PHONE」のCMでブレイクして、以降は多数のCMにも起用されたことから「CMの女王」の異名もとっていました。

 

 

また本格的に女優業をはじめると、「ナオミ」や「金曜日の恋人たちへ」などの連続ドラマにも主演として起用されています。

 

 

その後の活躍は周知の通りで、女優やタレントとして数多くのテレビ番組にも出演しています。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:兵庫県 親和女子高校 偏差値60(やや難関)

 

 

藤原紀香さんの母校は、私立の女子校の親和女子高校です。

 

同校は神戸市の伝統ある女子校(1887年開校)として知られ、難関大学に進学する卒業生も少なくありません。

 

また地元では古くからの「お嬢様学校」として知られています。

 

藤原さんは意外にも高校時代は落語研究会に在籍しており、「親和亭かつお」の高座名で落語を披露したこともありました。

 

 

また高校1年生の時には片想いの男子生徒がおり、バレンタインデーのチョコレートを渡すために後をつけたことがありました。

 

「高校1年だったかな。電車の中で会う片思いの男子校の生徒さんに、何日か後をつけると言うと変なんですが、おうちまでこっそりとついていって(場所を)確かめたんです」

 

ただしバレンタインデー当日は手作りのチョコレートを持参したものの、勇気がなくてピンポンを押すことができませんでした。

 

藤原さんはこのことについては今でも非常に後悔しており、それ以降は「思いはちゃんと伝えなければ」と思うようになったそうです。

 

そして高校3年生の時には選抜高校野球の「セブンティーンレポーター」に選ばれています。

 

%e8%97%a4%e5%8e%9f%e3%80%80%e9%ab%98%e6%a0%a1

 

(高校時代)

 

ただしこの際にはスカウトなどはされておらず、高校時代は芸能活動をおこなっていません。

 

また当時は芸能界に興味はなく、世界史が好きだったことから歴史考古学者の助手になることが夢でした。

 

【主な卒業生】

平松愛理(歌手)

小原正子(クワバタオハラ)

 

スポンサードリンク

 

学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:兵庫県 親和中学校 偏差値61(やや難関)

 

 

藤原紀香さんの出身中学校は、私立の女子校の親和中学校です。

 

この中学校は出身高校に併設している系列校のため、高校には内部進学で進んでいます。

 

また後述するように藤原さんは公立小学校の出身のため、この中学へは中学受験で入学しています。

 

中学時代はバスケットボール部に所属しており、スポーツも得意だったとのこと。

 

また当時の藤原さんは子供の頃からのピアノの先生が開いたミュージカルアカデミーにも通っていました。

 

本人は「遊び感覚だった」と述べていますが、中学1年生の時には「白雪姫」に出演して王子役を演じています。

 

 

また「サウンド・オブ・ミュージック」の舞台にも出演したと公式ブログに綴っています。 

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校の詳細

 


 

出身小学校:兵庫県 西宮市立生瀬小学校

 

 

藤原紀香さんの出身小学校は、地元西宮市内の公立校の生瀬(なまぜ)小学校です。

 

家族構成は両親と3歳年下の弟の4人家族です。

 

 

父親は設計事務所を経営しており、裕福な家庭に育っています。

 

藤原さんは子供の頃から活発な少女で、木登りや虫取りなどもしています。

 

また運動神経もよく、小学校時代は少年野球チームに入って3番打者として活躍しています。

 

さらに当時は健康優良児にも選ばれたほどです。

 

加えて藤原さんは小学校時代はピンクレディーに憧れており、当時の夢はイルカショーのお姉さんでした。

 

 

以上が藤原紀香さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

全盛期は数々の連続ドラマに主演して、絶大な人気を誇っていました。

 

 

現在でもSPドラマや舞台では主演を務めるほどの人気ぶりです。

 

現在でも年齢を感じさせない若々しさと大人の色気を兼備した美貌は、同年代の女優の中でも際立っています。

 

未だに高い人気を誇る人物だけに、今後の活躍も楽しみですね。

 

スポンサードリンク





 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ