竹下景子の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と若い頃のかわいい画像

 

女優の竹下景子さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。大学時代に「クイズダービー」でブレイクした竹下さんですが、どのような学生生活を送っていたのでしょうか? 学生時代のエピソードや情報、若い頃のかわいい画像なども併せてご紹介いたします

 

 竹下景子(たけした けいこ)

 

 

1953915日生

身長157

血液型はA型

 

愛知県名古屋市出身の女優、タレント

本名同じ(旧姓)

 

以下では竹下景子さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介します




 

経歴/プロフィールの詳細

 

1969年にラジオ番組のイベントに出席したことがきっかけで、テレビドラマ「中学生群像」でデビュー。 

1973年から本格的に女優として活動を開始し、「波の塔」や「銀座わが町」などのドラマに出演。 

1976年から「クイズダービー」のレギュラーを務めて人気が急上昇し、「お嫁さんにしたい女優NO.1」にもなった。

 1978年に「結婚してもいいですか」で歌手デビュー。 

以降も数多くの作品に出演し、テレビドラマの代表作は「黄金の日々」や「独眼竜政宗」、「純情きらり」など。 

司会者としても活動しており、過去に24時間テレビや日本レコード大賞などの司会を務めた。 

私生活では1984年に15歳年上の写真家の関口照生と結婚し、二男がいる。 

次男は俳優の関口アナム。

 

竹下景子の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:東京女子大学 文理学部社会学科 偏差値55(普通・現在)

※現在は現代教養学部

 

 

 

竹下景子さんは高校卒業後は東京女子大学に進学します。

 

現在は女子大離れのため同大は偏差値もかなり落ちていますが、竹下さんの在籍時には日本女子大学と並び、難関女子大として知られていました。

 

竹下さんは大学に進学したことをきっかけに、地元愛知県名古屋市から上京をして一人暮らしをはじめています。

 

両親は上京をすることを反対していましたが、親の反対を押し切っています。

 

竹下さんは高校時代に女優としてデビューをしていましたが、学業を優先していたためあまり芸能活動はしておらず大学2年生の時に本格的に活動をはじめています。

 

 

この際には「太陽にほえろ」などのテレビドラマに出演していました。

 

ただし当時は女優という意識も薄く、プロデューサーからは「景子ちゃん、もう少しお化粧してきなさい」と言われたことがあったそうです

 

テレビ番組「素晴らしき仲間」に出演した際に政治家の荒船清十郎さんが「竹下君はうちの息子の嫁にしたいようなお嬢さんだね。」と言ったことがきっかけで「お嫁さんにしたい女性ナンバー1」に選ばれるようになったそうです。

 

 

大学時代は仕事が多忙だったことから大学4年生の時に留年しており、卒業までに5年かかっています。

 

留年したことから父親から仕送りを打ち切られたため、残りの1年間は自身が稼いだお金で生活しました。

 

 

当時は厳しすぎると思ったそうで、一時的に父親との関係は悪化しました。

 

しかし経済的な自立を促してくれたのだと、今では感謝していることをインタビューで話しています。

 

大学5年生だった1976年には「クイズダービー」のレギュラーに起用されたことでブレイクしており、女優業だけでなく人気タレントとしても活躍しています。

 

 

それでも大学は5年かけて卒業しています。

 

以降はインテリタレントの代表格になって、日本レコード大賞の司会なども務めました。

 

また女優としても1983年から出演した「男はつらいよシリーズ」は代表作になっています。

 

 

以降も人気女優として数々の作品に出演しています。

 

スポンサードリンク

 

竹下景子の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:愛知県 南山高校女子部 偏差値69(難関・現在)

 

 

 

竹下景子さんの出身高校は、私立の女子高の南山高校女子部です。

 

この高校は1932年開校のカトリック系の私立高校で、南山大学の系列校です。

 

同校は完全中高一貫校で高校からの募集はないために、偏差値は推定となります。

 

竹下さんが在籍した当時の偏差値は不明ですが、当時から進学校として知られていたので相応の難易度を誇っていたはずです。

 

竹下さんは高校時代は演劇部に在籍していました。

 

 

高校1年生の時にラジオ番組のイベントに行った際にパーソナリティーを務めていた俳優の天野鎮雄さんに勧められて、高校3年生だった1969年に「中学生群像」でドラマデビューをしています。

 

 

ちなみにこのテレビドラマには生徒役として出演していましたが、女優の戸田恵子さんも同じく生徒役として出演していました。

 

また竹下さんはこのテレビドラマに出演した際に、俳優の夏木陽介さんにスカウトされて芸能事務所に所属しています。

 

ただし当時は学業優先のスタンスで、高校時代は目立った芸能活動はおこなっていません。

 

竹下さんが女優デビューをするきっかけとなったのは、部活動でたまたまNHKに見学に行ったことだったそうでインタビューで次のように話しています。

 

「ドラマ用に設定された中学校の生徒役は、他校の生徒とも交流できる楽しい場所で本当に楽しい経験でした。それまで、自分が好きなことをして、それでお金がいただけるとは想像もしていないことでした。」

 

竹下さんはドラマデビューをしたのちに自身の預金通帳を確認すると8,000円ほど振り込まれており、本当に驚いたそうで今でも鮮明に覚えているそうです。

 

また高校時代はラジオ番組の深夜放送を聞くことが大好きだったそうです。

 

【主な卒業生】

後藤楽々(元SKE48)

大野南香(タレント)

 

スポンサードリンク

 

竹下景子の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:愛知県 南山中学校女子部 偏差値69(難関)

 

 

 

竹下景子さんの出身中学校は私立の女子校の南山中学校女子部です。

 

この中学校は出身高校に併設している系列校なので、高校へは内部進学で進んでいます。

 

また竹下さんはこの中学校には受験をして進学しており、高い学力を有していました。

 

中学時代は演劇部に在籍していました。

 

竹下さんは子供の頃から小児喘息を患っており、中学2年生の時に重い発作のため入院をしています。

 

思うように動けないことから体育の授業はとても苦手でした。

 

また意外にもあまり手先が器用でなかったことから、図工の授業もあまり得意ではなかったようです。

 

竹下景子の学歴~出身小学校の詳細

 

 

出身小学校:東京都 東村山市立南台小学校

※後に転校

 

 

 

竹下景子さんが入学したのは、東京都東村山市内の公立校の南台小学校です。

 

家族構成は両親と弟の4人家族です。

 

竹下さんは名古屋で生まれましたが、父親の仕事の都合で10歳まで東京で過ごしています。

 

父親は財務官僚で、当時は国税庁に勤務していました。

 

竹下さんは3歳の頃から小児喘息を患っていたことから、母親から「かけっこはだめ」や「暗くなる前に帰ってきなさい」と言われることがストレスだったそうです。

 

10歳の時に父親が国税庁を退職して地元の名古屋市に戻り、弁護士を目指しています。

 

そのためこの頃に竹下さんも名古屋市立鳴子小学校に転校しています。

 

 

 

ちなみに父親はその後に司法試験に合格して、弁護士になっています。

 

以上が竹下景子さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

大学時代にタレントとしてブレイクして、数々のテレビ番組に出演しています。

 

また女優としても映画「男はつらいよシリーズ」などへの出演で知られており、かなりの数の作品に起用されています。

 

 

 

未だに第一線で活躍していますので、末永い活動にも期待です。

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

関連記事一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ