加藤諒の学歴と経歴|出身中学校高校や大学の偏差値

加藤諒

 

%e5%8a%a0%e8%97%a4

 

1990213日生

身長160cm

 

静岡県出身の俳優、タレント

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

5歳の時からダンスを習い、10歳の時に「あっぱれさんま大先生」で

芸能界デビュー。

 

 

2000年に映画「金髪の草原」で子役として初出演。

 

その後も「ガッコの先生」やNHKの朝ドラ「こころ」などの

テレビドラマに子役として出演。

 

2008年に出演した映画「デトロイト・メタルシティ」の演技で注目され、

その後も「すべてがFになる」や「怪盗山猫」などの話題作に出演。

 

その他にも舞台やバラエティー番組などでも活躍。

 

またダンスが得意で、小学校6年時には紅白歌合戦で、

ミニモニ。のバックダンサーを務める。

 

ナオト・インティライミのバックダンサーを務めたり、

いきものがかりのPVに出演経験もある。

 

2016年にはストリートダンスの舞台「GoodbyeSnow White」に出演した。

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:静岡県 常葉学園橘高校 音楽科 偏差値44(容易)

※音楽科は現総合芸術コース

 

加藤諒さんの出身校は静岡県の私学の常葉学園橘高校。

 

出身中学校は不明ですが、系列の常葉学園橘中学校が有力です。

 

部活動が盛んで、野球部やサッカー部は全国大会に出場経験があります。

 

高校時代は普通科ではなく音楽科に在籍し、現在は女優として

活動している仁科あいさんとは同級生でした。

 

加藤さんはボディータッチが好きなようで、在学中はそれが問題視され

職員室に呼び出されたこともあったそうです。

 

また同校に通う傍らでダンスにも励んでおり、高校時代にダンスで

ニューヨークにも行っています。

 

%e5%8a%a0%e8%97%a4%e3%80%80%e5%ad%90%e4%be%9b%e6%99%82%e4%bb%a3

(子役時代)

 

【主な卒業生】

庄司隼人(プロ野球選手)

栗林みな実(シンガーソングライター)

 

学歴~出身大学

 

出身大学:多摩美術大学 造形表現学部映像演劇学科 偏差値38(当時)

 

加藤諒さんは大学は「多摩美」で知られる多摩美術大学に進学します。

 

在籍した造形表現学部は美大としては珍しい夜間部で、平日は午後6時から、

土曜日は午後2時から授業をおこなっています。

 

残念ながら2014年をもって同学部の生徒募集は停止となりました。

 

大学時代には同大の教授を務めていた野田秀樹さんの授業を受け、

その舞台に出演した経験もあります。

 

加藤さんはその男らしい見かけとは裏腹に、高校、大学は芸術系を

専攻してきました。

 

かなりの芸術肌のようですが、そのセンスなども存分に演技に活かす

こともできそうです。

 

現在は注目の若手俳優にその名が挙がることもあり、

ダンスの腕前もかなりのものですから今後の活躍にも注目です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ