片岡愛之助の学歴と経歴|出身高校や大学の偏差値

 

片岡愛之助(かたおか あいのすけ)

 

03

 

197234日生

身長172

 

大阪府出身の歌舞伎俳優

 

経歴

 

スポンサードリンク



 

2人きょうだいの兄で妹がおり、歌舞伎とは無縁の家庭に育つ。

 

5歳だった1977年に松竹芸能の子役オーディションに合格して、

子役として活動を開始。

 

1979年の「欲しがりません勝つまでは」でドラマ初出演。

 

1981年に片岡仁左衛門に見出され、歌舞伎の世界に入る。

 

1993年に片岡秀太郎の養子となって、六代目片岡愛之助を襲名。

 

以降は多くの舞台に出演して、上方歌舞伎の人気役者になる。

 

2003年の「夜桜お染」に出演以降、再びテレビドラマに

出演しはじめる。

 

2005年の「シベリア超特急5」で映画初出演。

 

2013年に出演したドラマ「半沢直樹」で注目を集める。

 

2014年の「マザー」で映画初主演。

 

05

 

2016年に女優の藤原紀香と結婚した。

 

07

 

学歴~出身高校

 

スポンサードリンク



 

出身高校:大阪府 信太高校 偏差値40(容易)

 

片岡愛之助さんの出身校は、府立の共学校の信太(しのだ)高校です。

 

堺市立浜寺中学校から同校に進学しています。

 

片岡さんは9歳の時に十三代片岡仁左衛門さんに見出され

歌舞伎の世界に入り、当初は歌舞伎に専念するために

高校へは進学しないつもりでした。

 

しかし両親が高校くらいは出ておくように説得し、

同校に進学しています。

 

高校時代の情報はまったくなく、高校生活の詳細なども

不明ですが、歌舞伎の修業が中心の高校生活だったはずです。

 

学歴~出身大学

 

出身大学:進学せず

 

片岡愛之助さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、

歌舞伎に専念しています。

 

その後は21歳の時に片岡愛之助を襲名して、22歳の時に

名題に昇進して、以降は人気歌舞伎役者に成長していきます。

 

上方歌舞伎の人気役者となってからも、テレビドラマや映画に

再び出演しはじめます。

 

現在では人気の連続ドラマの主要キャストや映画の主演に

起用されるほどの人気を誇っています。

 

またCMやバラエティー番組にも出演するなど、

多方面での活動を展開しており、今後の動向にも注目です。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ