新田真剣佑の学歴|出身中学校高校や大学の偏差値

新田真剣佑(あらた まっけんゆう)

 

真剣佑

 

19961116日生

身長176

 

アメリカ・ロサンゼルス出身の俳優

本名は前田真剣佑

 

経歴/プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

父は俳優の千葉真一で異母姉は女優の真瀬樹里、弟がいる。

 

 

アメリカのサンタモニカで誕生し、ハリウッドで育つ。

 

名前の父親の千葉真一の「真実の剣を持って、人の右に出てほしい」との願望が由来。

 

2012年からアメリカで俳優活動をはじめ、「SPACE MAN」やTake A Chance」といった映画やショートフィルムに主演。

 

2014年からは日本でも活動を開始して、ドラマ「世にも奇妙な物語」で俳優デビュー。

 

 

以降も「初森ベマーズ」や「仰げば尊し」などのドラマに出演。

 

 

映画では「にがくてあまい」や「ピーチガール」、「ジョジョの奇妙な冒険」などに出演。

 

2016年の「花より男子」で舞台初出演。

 

同年に出演した映画「ちはやふる」の演技が評価されて、日本アカデミー賞新人賞を受賞。

 

 

2017年5月に所属事務所の移籍とともに芸名を「真剣佑」から変更。

 

学歴~出身小学校・中学校

 

出身小学校:不明

 

出身中学校:不明

 

新田真剣佑さんの出身小学校や中学校は、いずれも不明です。

 

当時は既にロサンゼルス・ハリウッドに在住していたので、同地の学校に通学していたと思われます。

 

新田さんは子供の頃から運動神経が万能で、小学校の頃は極真空手や水泳、器械体操などをやっていました。

 

また当時はピアノも習っていました。

 

小学校3年生の時に日本のテレビドラマ「アストロ球団」に出演しています。

 

 

また小学校5年生の時には父親の千葉真一さんが主演した映画「親父」にも出演していますが、当時はあくまでも学業優先のスタンスで本格的な芸能活動をおこなわずにスポット的な出演に留まっています。

 

中学校時代は空手のロサンゼルス大会で優勝を飾っています。

 

 

学歴~出身高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:ビバリーヒルズ・ハイスクール 難易度等なし

 

 

※追記

現在学歴詐称疑惑などもあるようですが、真偽不明のことから公になっている学歴に沿って記載しています

 

真剣佑さんの出身校は、カリフォルニア州の公立の共学校のビバリーヒルズ・ハイスクールです。

 

同校をはじめとするアメリカの公立高校には、日本の偏差値にあたるものや進学校やそうでない高校の区別などはありません。

 

基本的に同じ地区に住んでいる人は同じ高校に行くことになるので、難易度なども比較することはできません(私立高校は別)

 

その上で優秀な生徒は飛び級をして、次々と上位の学年や学校に進んでいきます。

 

真剣佑さんも同校を飛び級で卒業していますから、勉強は苦手ではないように思えます。

 

また同校は富裕層の子息が多く、地区の公立校内のレイティングも高いことから、通いやすい学校であることは確かなようです。

 

新田さんは高校時代は部活でレスリングと水球をやっており、当時はかなり部活に打ち込んでいたと語っています。

 

特にレスリングでは減量をしたほどです。

 

水球に関しては当初は極真空手のために足腰を鍛えたり、肩幅を大きくするためにおこなっていますが、だんだん面白くなってハマってしまったとのこと。

 

新田さんは子供の時からテレビや映画への出演経験がありましたが、15歳の時に観た映画の影響で、将来は俳優になることを志しています。

 

そのため高校時代からアメリカの短編映画などに出演をしはじめています。

 

なおハリウッドスターのアンジェリーナ・ジョリーさんやリチャード・ドレイファスさん、ジェイミー・リー・カーティスさんも同校の卒業生です。

 

またネット上には、レオナルド・ディカプリオさんも同校の卒業生とする情報もありますが、これは明らかな誤りです。

 

彼はジョン・マーシャル高校を中退しており、ビバリーヒルズ・ハイスクールとは無関係です。

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:進学せず

 

真剣佑さんは高校卒業後は大学などに進学せずに、芸能活動に専念します。

 

飛び級によって18歳で高校を卒業したため、来日して日本を拠点にして俳優として活動をはじめました。

 

その理由はこの年齢でハリウッド映画に出演することは難しく、日本のほうが出演のチャンスが多かったからです。

 

比較的早くから連続ドラマや映画に起用されており、高い期待の表れでしょう。

 

また演技の評価も良好で、20歳の時の出演作で日本アカデミー賞新人賞を受賞するなどしています。

 

流暢な英語を話すこともできますから、将来的にはハリウッド映画に出演したり、本場のアカデミー賞を受賞する快挙なども期待したいです。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ