千葉真一の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|体操が凄かった!

 

俳優の千葉真一さんの出身高校や大学の偏差値などの学歴情報をお送りいたします。実は千葉さんは学生時代は器械体操をおこなっており、全国大会でも優勝して東京オリンピックの出場を目指していました。学生時代のエピソードや情報、若い頃のかっこいい画像なども併せてご紹介いたします

 

千葉真一(ちば しんいち)

 

 

1939122日生-2021年8月19日

身長176

血液型はO型

 

福岡県福岡市出身(千葉県育ち)の俳優、映画監督

本名は前田禎穂(さだほ)、別名義はサニー千葉

 

以下では千葉真一さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします




 

経歴/プロフィールの詳細

 

1959年に東映に入社。 

1960年のテレビドラマ「新 七色仮面」で主演デビュー。 

1961年の「警視庁物語 不在証明」で映画デビュー。 

同年の「風来坊探偵」で映画初主演。 

1963年に「男一匹生きるなら」で歌手デビュー。 

1973年に出演した「仁義なき戦い 広島死闘編」の演技は各方面で高く評価された。

以降も「戦国自衛隊」や「魔界転生」、「里見八犬伝」などの主演映画が大ヒット。

海外の作品への出演も多く、「キルビル」や「ワイルドスピード」などのハリウッド映画にも出演。 

元妻は女優の野際陽子で、俳優の新田真剣佑は2番目の妻の子。

 

千葉真一の学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク

 

出身大学:日本体育大学 体育学部(中退) 偏差値50(現在)

 

 

 

千葉真一さんは高校卒業後は、日本体育大学に進学しています。

 

高校時代は器械体操に打ち込んでいたので、体操部が名門のこの大学に進学しています。

 

大学時代も体操部に在籍して、東京オリンピックの日本代表入りを目指しています。

 

その際にはアルバイトをしながら学費を工面していました。

 

しかし大学2年生の時に跳馬の着地の際に大けがを負って、医師から1年間の運動禁止を宣告されています。

 

そのため東京オリンピックの代表入りも絶望的になったことから、体操選手を断念して大学も中退しています。

 

当初は休学も考えていましたが、アルバイトもできなくなって学費を工面する目途がつかなかったことから悩んだ末の中退でした。

 

ただし2013年にこれまでの功績から日本体育大学は、千葉さんに特別卒業認定書を授与しています。

 

 

20歳だった1959年に偶然見かけた東映のニューフェイスのポスターを見て応募すると、およそ26000人の中からトップ合格を果たします。

 

 

ちなみに同じ東映に所属していた先輩俳優の高倉健さんには大きな影響を受けています。

 

 

「あの人はいつでも人生に感謝している人なんだと思います。だから絶対に偉ぶらない。どんなペエペエの俳優が来ても、立ちあがって『高倉です』と挨拶をされる。僕も、あの人のおかげで人間を変えられました。僕は今でも健さんの足元にも及びませんが、あの人みたいになりたいと今でも願っています」

 

実は千葉さんは芸能界入り後に一度やめようと思ったことがありましたが、高倉さんに相談して思いとどまったことをインタビューで話しています。

 

「一番言われたのは『人に迷惑をかけるな』ということです。それから『何かあったら、俺に言ってこい』って。僕は芸能界をやめようと思ったことがありました。その時に健さんに相談したら、『やめてやることがあるのか。なかったら喰えないだろう』って一言だけ」

 

そして翌年の1960年に、テレビドラマ「新七色仮面」で俳優デビューしています。

 

 

俳優デビュー後も出演作が軒並みヒットして、スターへの道を上り詰めることになります。

 

 

1963年には、「男一匹生きるなら」で歌手デビューも飾っています。

 

 

この年には代表作となった映画「仁義なき戦い」にも出演しています。

 

 

また1968年から出演した連続ドラマ「キイハンター」はテレビドラマの代表作になっています。

 

 

 

私生活では人気女優の野際陽子さんと結婚して話題になりました(その後に離婚)。

 

 

その後も日本を代表するアクション俳優として活躍しています。

 

 

また海外へ進出した日本人俳優の先駆け的な存在で、「キルビル」や「ワイルドスピード3」などのハリウッド映画にも出演しています。

 

 

そのため後進の俳優たちにも多大な影響を与えました。

 

※追記

2021年8月19日に千葉さんは新型コロナウィルスの肺炎で亡くなりました。

 

 

謹んでお悔やみ申し上げます。 

 

新田真剣佑の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値|レスリングや空手が凄かった

 

眞栄田郷敦の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|サックスで全国大会へ

 

真瀬樹里の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値

 

スポンサードリンク

 

千葉真一の学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:千葉県 木更津第一高校 偏差値6670(現在)

※現在は木更津高校

 

 

 

千葉真一さんの出身高校は、県立の共学校の木更津第一高校です。

 

同校は1900年開校の伝統校で、古くから進学校として知られています。

 

千葉さんはこの高校に一般入試で合格しており、勉強も得意でした。

 

高校時代は器械体操部に在籍して、部活動に打ち込んでいました。

 

高校3年生の時には全国大会で優勝している、当時はかなり有望な体操選手でした。

 

そのため前記のように東京オリンピックを目指しています。

 

また当時からかなりモテており、体育館で練習をしていた際には多くの女子生徒が見学に来たほどです。

 

【主な卒業生】

中尾彬(俳優)

浜田幸一(政治家)

 

新田真剣佑の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値|レスリングや空手が凄かった

 

眞栄田郷敦の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|サックスで全国大会へ

 

真瀬樹里の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値

 

スポンサードリンク

 

千葉真一の学歴~出身中学校の詳細

 

出身中学校:千葉県 君津市立君津中学校 偏差値なし

 

 

 

千葉真一さんの出身中学校は、地元千葉県君津市内の公立校の君津中学校です。

 

中学入学後に器械体操部に入部しています。

 

中学時代にオリンピックを見て、日本体育大学に入学したいと思ったことをインタビューで話しています。

 

「ところがオリンピックを見て、僕は非常に感動したんです。日本人選手がメダルを手にし、日章旗を仰ぎながら君が代を歌っている姿を見て、涙が溢れた!俺もオリンピックに出たい、そのために日本体育大学に入りたい、と思ったのが中学生の頃ですね」

 

また千葉さんは運動神経万能で、当時は野球部やバレー部、陸上部の助っ人として大会にも出場していました。

 

加えて当時からアメリカの映画が好きで、かなりの数の映画を見ていました。

 

千葉真一の学歴~出身小学校の詳細

 



 

出身小学校:千葉県 君津市立貞元小学校

 

 

 

千葉真一さんの出身小学校は、地元君津市内の貞元小学校です。

 

家族構成は両親と二男三女の7人家族です(千葉さんは次男)。

 

父親は元軍人だったことから、幼少期から厳しく育てられています。

 

生まれたのは福岡市ですが、4歳の時に千葉県君津市に引っ越しています。

 

千葉さんは子供の頃からスポーツが得意な活発な少年でした。

 

以上が千葉真一さんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。

 

若い頃はアクションスターとして鳴らし、高い人気を誇っていました。

 

 

その後はハリウッド映画にも出演するなど、ワールドワイドに活躍しています。

 

現在でも精力的に活動していますので、末永い活躍を期待したいところです。

 

新田真剣佑の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値|レスリングや空手が凄かった

 

眞栄田郷敦の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|サックスで全国大会へ

 

真瀬樹里の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ