小田和正の学歴と経歴|出身小中学校高校や大学の偏差値

 

小田和正(おだ かずまさ)

 

 

1947920日生

身長172

 

神奈川県出身のシンガーソングライター

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

2人兄弟の弟。

 

1970年にオフコースは「群衆の中で」でメジャーデビュー。

 

 

1979年に17thシングル「さよなら」が大ヒット。

 

 

以降も「I LOVE YOU」や「君が、嘘を、ついた」がヒットするが、1989年にグループは解散。

 

同年からソロ活動を本格化させて、1991年の「ラブ・ストーリーは突然に」がオリコン1位となる大ヒットを記録。

 

 

その後も「伝えたいことがあるんだ」や「キラキラ」などの楽曲がヒット。

 

テレビ番組にあまり出演しないことで知られ、1984年に「笑っていいとも!」でバラエティー番組初出演。

 

 

1988年から89年にかけて「ネスカフェゴールドブレンド」のCMに出演した。

 

 

私生活では1982年に一般人女性と結婚している。

 

学歴~出身小中学校・高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:神奈川県 聖光学院高校 偏差値71(超難関・現在)

 

小田和正さんの出身校は、私立の男子校の聖光学院高校です。

 

同校は古くからの進学校で、現在では神奈川県でもトップレベルの難易度を誇ります。

 

福島県にある高校野球で有名な同名の聖光学院高校とは無関係です。

 

小田さんは横浜市立八景小学校から系列の聖光学院中学校(偏差値70・現在)を経て同校に内部進学しています。

 

中学受験の際には栄光学園中学校が第一志望でしたが、不合格となっています。

 

中学から高校時代は野球部に所属しており、スポーツも得意だったようです。

 

また後に同じくオフコースのメンバーとなる鈴木康博さんとは中学生からの同級生でした。

 

高校時代からギターをはじめて、高校3年生の学園祭の時に結成したバンドが、後のオフコースの原型となっています。

 

【主な卒業生】

角澤照治(アナウンサー)

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:東北大学 工学部建築学科 偏差値60(やや難関・現在)

 

小田和正さんは高校卒業後は、国立の東北大学工学部に進学します。

 

当初は医者になるために千葉大学の医学部の受験も検討しましたが、大学見学の際に消毒液の臭いとカーテンの汚さに嫌気がさして東北大学を選んでいます。

 

大学時代にオフコースを結成して、ヤマハのコンテストで東北1位になって全国大会にも出場しています。

 

大学卒業後は早稲田大学大学院理工学研究科に進学するとともに、オフコースはメジャーデビューを果たします。

 

当初は建築の道に進むか、音楽の道に進むか迷っていましたが、大学院修了後に音楽の道を選択します。

 

以降の活躍は目覚ましく、オフコースとしてもソロアーティストとしても一世を風靡しました。

 

特にソロとしてはオリコン1位獲得の最年長記録やアルバム出荷枚数300万枚最年長記録などを持っており、人気アーティストの地位も確立。

 

既に70歳を超えていますが未だに幅広い層のファンから絶大な支持を得ており、さらなる活躍にも期待が膨らみます。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ