小泉孝太郎の学歴|大学高校や中学校の偏差値と高校時代や経歴

小泉孝太郎(こいずみ こうたろう)

 

%e5%b0%8f%e6%b3%89

 

1978710日生

身長177

血液型はAB型

 

神奈川県出身の俳優

本名同じ

 

以下では小泉孝太郎さんの学歴や経歴、出身高校・大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介していきます。




 

経歴/プロフィールの詳細

 
2000年に「21世紀の石原裕次郎を探せ」のオーディションに応募するも落選する。

しかし小泉純一郎の息子ということで複数の芸能事務所が獲得に動き、芸能界入りを果たす。 

2002年の連続ドラマ「初体験」で俳優デビュー。 

同年のSPドラマ「狂った果実」で初主演。 

2003年の「踊る大捜査線THE MOVIE2」で映画初出演。 

その後、「ナースマン」や大河ドラマ「義経」などの人気ドラマに多数出演し、2009年の「コールセンターの恋人」で連続ドラマ初主演。 

最近でも「下町ロケット」や「Chef」といった話題の連ドラに出演。 

またスポーツ系の番組のMCを務めることも多く、リオオリンピックではテレビ東京のMCを務めた。

 

学歴~出身大学の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身大学:日本大学 経済学部夜間部(中退) 偏差値45(容易)

※現在は廃止

 

 

小泉孝太郎さんは高校卒業後は、日本大学経済学部Ⅱ部(夜間部)に進学しました。

 

日大の経済学部の夜間部は2009年に廃止され、現在はありません。

 

小泉さんは同大に2浪の末に入学していますが、その後中退しています(時期は不明)

 

小泉家の先祖がとび職人だったことから学生時代はとび職などに憧れて、ニッカポッカをはいて解体現場でアルバイトをしたこともあります

 

他にも大学時代の友人に誘われて、一日中パンにバナナを乗せる仕事もしたとのこと。

 

また大学時代のデートの際に、電信柱に純一郎さんのポスターが貼られているのを見ると「正気に戻った」と語っています。

 

当時は父親の存在を邪魔に思ったり、合コンの際には苗字を名乗りたくなかったなどとも話しています。

 

「横須賀の小泉」だけで素性がバレてしまうこともあり、合コンでは「僕は関係ないです。違う小泉です」と言ったこともあるとのこと。

 

しかし後に大河ドラマ「八重の桜」で将軍の徳川慶喜を演じた際には、内閣総理大臣まで上り詰めた父親がそばにいたことで、「生い立ちが無駄になることはない」と感じたそうです。

 

なお俳優の上地雄輔とは子供の頃から寝泊まりする仲で、俳優になるにあたっては上地さんに相談しています。

 

 

大学4年生の時に本格的に俳優を志して「21世紀の石原裕次郎を探せ」のオーディションに応募していますが、身長が180㎝に満たなかったことから二次審査で落選しています。

 

しかし幸運なことにその翌年に父親の小泉純一郎さんが内閣総理大臣に就任すると、話題性もあったことで複数の芸能事務所の争奪戦となって芸能界入りしています。

 

そして24歳の時にテレビドラマ「初体験」で俳優としてデビューしています。

 

 

以降は数々のテレビドラマや映画に起用されています。

 

学歴~出身高校の詳細

 

出身高校:神奈川県 関東学院六浦高校 偏差値54(推定・普通)

 

 

小泉孝太郎さんの出身校は、私立の共学校の関東学院六浦(むつうら)高校です。

 

小泉さんが在学中は同校は完全中高一貫校だったことから、偏差値は推定になります。

 

高校時代は硬式野球部に所属して甲子園を目指しましたが、当時の同校の野球部は練習が非常に厳しく高校3年間は野球漬けでした。

 

また高校3年生の時に地方予選で腰を痛めてベンチ入りできず、最終学年時にはスタンドで応援団長を務めて声援を送っていました。

 

加えて高校時代は弟の進次郎さんも同じ敷地内の系列中学校に在籍していたことから、先輩に目をつけられた時などは孝太郎さんの友人がなだめたというエピソードもあります。

 

なお詳細は後述しますが、小泉さんは父親の純一郎さんが幼少期に離婚したため、進次郎さんとともに純一郎さんの姉の道子さんに育てられています。

 

兄弟ともに道子さんを実の母親と思っていましたが、孝太郎さんが高校2年生の時に、純一郎さんから道子さんは実の母親ではないことを告げられています。

 

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身中学校

 

出身中学校:関東学院六浦中学校(偏差値51)

 

 

小泉孝太郎さんの出身中学校は、私立の共学校の関東学院六浦高校です。

 

この学校は高校の系列校のため、高校へは内部進学で進んでいます。

 

中学時代も野球部に在籍してレギュラーとして活躍しています。

 

また小泉兄弟は兄弟仲が非常にいいことで知られていますが、中学時代からは兄弟の結束が強まったとのこと。

 

父親の純一郎さんが多忙だったこともあり、「親に話せないことは兄弟同士で相談するように」と言われており、この時期から兄弟でよく話し込むようになったようですね。

 

ただし友人からは「君らの兄弟仲は異常」と冷やかされたこともありました。

 

スポンサードリンク



 

学歴~出身小学校

 



 

出身小学校:関東学院六浦小学校

 

 

小泉孝太郎さんの出身小学校は横浜市金沢区にある私立の共学校の関東学院六浦(むつうら)小学校です。

 

小泉さんは4歳の時に両親が離婚して父親の純一郎さんに引き取られます。

 

 

実の母親はエスエス製薬創業者・泰道照山氏の娘の宮本佳代子さんで、わずか5年ほどで純一郎さんと離婚しています。

 

 

また離婚時には宮本さんは妊娠しており、後に孝太郎さんや進次郎さんの弟にあたる佳長さんを出産していますが、親権は宮本さんが持ち育てています。

 

そのため小泉兄弟は三兄弟ということになります。

 

また離婚後は同居していた純一郎さんの姉の道子さん(故人)が孝太郎さんと進次郎さんの母親代わりとなっています。

 

(道子さん)

 

また純一郎さんの子育ては厳しくお年玉はわずか500円で、来客からの小遣いなどもすべて断っていました。

 

 

純一郎さんが野球好きだったこともあり、小学校4年生から少年野球チームに入って野球に打ち込んでおり、ピッチャーを務めていました。

 

弟の進次郎さんも同じチームに所属しており、兄弟でバッテリーを組んだこともありました。

 

少年野球の練習の際にはよく兄弟げんかをしたこともあり、その際にはコーチになだめられています。

 

また父親の純一郎さんも時折、キャッチボールをしてくれました。

 

その他にも水泳を習っており、スポーツは得意なようです。

 

また小学時代に見た映画「E.T.」の影響で、俳優になることを夢見ています。

 

(小学校時代・写真左から純子さん(純一郎さんの妹)、孝太郎さん、純一郎さん、進次郎さん、純子さんの息子)

 

以上が小泉孝太郎さんの学歴や学生時代のエピソードのまとめです。

 

幸いにも父親のネームバリューで芸能界入りしましたが、その後は演技を磨き多くのドラマに出演する中堅俳優の地位も築きました。

 

またキャスターとしての適性も高く、バラエティ番組などでも人気を博しています。

 

加えて2019年5月には女優の芦名星さんとの熱愛も報道されて大きな話題になっています。

 

マルチな活躍をする小泉さんの今後に期待です。

 

小泉進次郎の学歴|大学高校や中学校の偏差値|学歴詐称は?

 

スポンサードリンク



 

ここまでお読みいただきありがとうございました。ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ