吉岡里帆の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値と高校時代や経歴

吉岡里帆(よしおか りほ)

 

%e5%90%89%e5%b2%a1

 

1993115日生

身長158

 

京都府出身の女優、グラビアアイドル

 

経歴・プロフィールの詳細

 

スポンサードリンク



 

2013年に女優としてデビューし、「ザ・ラストオーダー」などの舞台に立つ。

 

 

当初はドラマや映画のオーディションに落ち続けるも、2014年ごろからグラビアアイドルとして人気が出始める。

 

 

同年に出演したチャットモンチーの「いたちごっこ」のPVで注目を集め、翌年2月の「マンゴーと赤い車椅子」で映画デビュー。

 

 

また5月の映画「明烏」ではヒロインに抜擢される。

 

 

同年の「警視庁捜査一課9係」で全国キー局放映のテレビドラマ初出演

 

 

2016年のNHKの朝ドラ「あさが来た」で、ヒロインの娘の友人役を演じてブレイク。

 

 

その後「ゆとりですがなにか」で、民放の連続ドラマで初レギュラー。

 

またゼクシイの9代目CMガールに起用されるなど、CMの出演も多くなっている。

 

 

20181月の「きみが心に棲みついた」で連続ドラマ初主演。

 

 

学歴~出身小学校・中学校

 

出身小学校:京都市立太秦小学校

 

出身中学校:京都市立太秦中学校

 

吉岡里帆さんの出身小学校・中学校は、いずれも京都市内の公立校です。

 

子供の頃からあまり体が強くなく、おとなしい少女でした。

 

 

小学校2年生の時から書道をはじめており、当時の夢はプロの書道家になることでした。

 

映画「スイングガールズ」を見たことがきっかけで吹奏楽部に憧れて、中学校時代は吹奏楽部に入部してアルトサックスを担当していました。

 

学歴~出身高校の詳細

 

スポンサードリンク



 

出身高校:京都府 嵯峨野高校 偏差値65(難関)

 

吉岡里帆さんの出身校は、府立の共学校の嵯峨野高校です。

 

同校は府内では有数の進学校として知られ、難関大学に進学する卒業生も少なくありません。

 

このような進学校に一般受験で進んだ吉岡さんも、相当な学力を有していたはずです。

 

高校時代は友達に誘われて軽音楽部に入部して、「さくらん」というガールズバンドを組んでいます(吉岡さんはアルトサックスを担当)。

 

ところがバンドを組んだものの何をどうしていいのかわからずに、結局なにもしないまま解散しています。

 

その後はなぜかソフトボール部のマネージャーになっています。

 

また映画の撮影で知られる太秦に実家があり、高校時代に見た舞台で女優という職業に興味が生じたことから、高校3年生の時には俳優養成所に通い出すなどしています。

 

養成所では自主制作の映画に主演するなど、演技の経験を積んでいきました。

 

(高校時代)

 

【主な卒業生】

松原千明(女優)

 

学歴~出身大学の詳細

 



 

出身大学:京都橘大学 文学部書道コース 偏差値48(やや容易)

 

吉岡里帆さんは高校卒業後は、京都橘大学に進学します。

 

出身高校のレベルからは意外な選択のように思えますが、彼女は書道八段の腕前で、古くから書道の指導で定評のある同大に進学し子供の頃からの夢である書道家を目指します。

 

(大学時代)

 

同大の書道コースは1学年20人程度の少数精鋭制で、関西の書道界の大家などが指導にあたります。

 

ところが吉岡大学に進学した後も演劇への想いを断つことができずに、大学1年生の時に友人に誘われて小劇場の舞台に立ち、自主映画の制作にも参加しています。

 

その一方で東京の養成所でレッスンも受けはじめ、当時は京都と東京を往復する日々でした。

 

そして大学を卒業したものの、進路としては書道家ではなく女優を目指して上京します。

 

当初は女優としてよりも、グラビアアイドルとしての人気が高かったのですが、大抜擢された朝ドラの「あさが来た」のコミカルな演技でブレイクしました。

 

以降は続々とドラマや映画に起用されており、連続ドラマに主演するほどの人気女優となりました。

 

演技に定評がある吉岡さんですが、さらに演技力を磨けば将来的には「大女優」になるかもしれません。

 

今後の大きな飛躍にも期待が高まります。

 

スポンサードリンク



 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ